定山渓小金湯温泉に日帰りで行ってくつろいできた!

スポンサードリンク
北海道スポット

 

札幌には定山渓という温泉地があります。

私の自宅からも遠くないのですが、実はまだ行ったことがありません。

 

ちょうど、そろそろ温泉にも入りたいなと思っていた頃なので、様子見も兼ねて出かけてみることにしました。

 

日帰りで定山渓の温泉を楽しむ

定山渓といえば道内でも有名な温泉地として有名で、名前は知られていると思います

 

山に囲まれたところにある温泉なので、札幌の中心地から遠いと思われがちなのです。

実際には、市の中心部からでも車で1時間もかからずにいくことができるのです。

ですから、本格的な温泉を日帰りで行って楽しめるのです。

 

交通の便もよく、札幌駅はもちろん、一番近い真駒内駅からもバスがたくさん出ております。

車がなくても、手軽に出かけることができます。

また、施設によっては無料送迎バスも出ておりますから、お財布にも優しいのです。

 

札幌に住んでいるのであれば、やはり行っておきたい場所でしたが、なかなかタイミングが会いませんでした。

移住から1年経って、ようやく行くことができました。

定山渓温泉の観光ナビ「定山渓観光協会公式サイト」札幌の湯の杜 定山渓温泉の湯、食、遊びを目一杯楽しむためのガイド。お得な最新情報からイベント情報が満載!
定山渓温泉の観光ナビ「定山渓観光協会公式サイト」札幌の湯の杜 定山渓温泉の湯、食、遊びを目一杯楽しむためのガイド。お得な最新情報からイベント情報が満載!

 

今回は定山渓の小金湯温泉へ!平日なのに人がたくさん!

定山渓をもう少し細かく分けると、

  • 定山渓温泉
  • 小金湯温泉
  • 豊平峡温泉

の3つに別れており、これらをまとめて定山渓と呼ばれております。

 

今回、私が行ったのは、その中の1つ小金湯温泉です。

 

小金湯を選んだのは、無料送迎バスが比較的多く出ていることと、日帰りの入浴料が比較的安かったからです。

今回は平日に時間ができたので、真駒内駅から出発する無料送迎バスの午後便に乗って出かけました。

 

平日なのでバスもそんなに混まないだろうと思っていました。

しかし、始発の真駒内駅から10人ぐらい乗ってきました。

さらに途中でお客さんも拾うので、最終的に20人ぐらいになりました。

 

バスは、出発から30分ほどで現地に到着しました。

 

さっそく中に入ったら、びっくり!

平日にもかかわらず、結構お客さんがいました。

 

さほど混雑しているわけではありません。

ですが、平日だから静かにくつろげるだろうという目論見は見事に外れました。

やはり年配の方が多いのですが、若い世代の客も結構いました。

 

露天風呂からの眺めは最高です

さて、私も準備をして久しぶりの温泉へ。

当日は曇りがちでしたが、露天風呂は気持ちよく、ゆったりすることができました。

 

今回はタオルと浴衣をレンタルしたのですが、周りを見るとほどんとの客がマイタオルを持参していました。

つまり、観光客ではなくて、ほとんど地元民ということです。

 

中心地からもすぐに行くことができる場所にあるので、近くの銭湯やスパなどよりも、ちょっと足を伸ばして定山渓に来るのでしょうね。

料金も700円〜900円ぐらいですから、コスパは良いです。

 

思っていた以上に、時間もかからず手軽にいくことができる温泉地でした。

施設によっては、送迎があるため交通費も抑えらるのは嬉しいです。

短い時間でも、おトクに温泉に浸かれるので、月1ぐらいで出かけてもいいですね。

ポイントカードも作ったので(笑)。

 

次回はタオル持参で行こう!

 

湯元 小金湯 | 札幌の名湯・温泉
札幌都心部から車で30分の温泉「湯元 小金湯」についてご紹介します。

 

コメント

  1. あれ より:

    ラーメンおいしいですよね! 私もこのごろは、塩味を注文することが多く(というもののあまり外食しないのですが)

    いつもすてきな記事ありがとうございます^^

    • きたかぐら きたかぐら より:

      山頭火は旭川ラーメンにしては珍しく塩なんでよね。
      実のところ、昔から旭川ラーメンい親しんできた身としては、やはり醤油が美味しいのですよね。
      最近、老舗の旭川ラーメンを食べていないので、チョット飢えています(笑)