部屋を手放してカバン1つでホテルを転々をする生活も悪くないけど・・・

ミニマリスト全般

以前からこのブログでも触れているのですが、私はとにかく持ち物を減らしてカバン1つで身軽に暮らしたいタイプのミニマリストです。

そのため、住むところにも特にこだわりはなく、それこそ部屋を持たず、拠点を転々をして生活するのが理想です。

ミニマリストというよりはアドレスホッパーやバックパッカーといった方が近いかもしれません。

今はさまざまな問題(金銭的なもの、住民票など手続的なもの)があり、なかなかそういう生活に踏み出せていないのですが、いずれはそういう暮らしをしたいなという野望があります。

そんな中、少し前に気になるネット記事を見つけ、いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

賃貸生活よりもお得?サブスクを利用しホテルを転々をする生活

気になったのはこちら、実際にホテルのサブスクサービスを利用し、定住しないで生活している人を取り上げた記事です。

 

少し前から住まいを固定せず、転々をするサービスが増えております。

シェアハウスであったり、賃貸のサブスク(ADDress XROSS HOUSE など)もありますが、注目はホテルを住まいとするサブスクのサービスです。

紹介されていた記事では「hotelpass(ホテルパス)」が紹介されていました。


hotelpass(ホテルパス)公式サイトより引用>

ホテルパスは提携しているホテルを選び、長期滞在できるサービスです。

  • 月額69,800円〜から
  • 敷金・礼金・審査なしで引越可能
  • 清掃・浴場などホテル付帯サービスを利用できる
  • 部屋のベッドで快適な眠り

 


hotelpass(ホテルパス)公式サイトより引用>

また、通常の賃貸を比べても費用を抑えることができるなど、メリットも多いようです。

 

一方でデメリットも。

荷物を少なくできる代わりに、自炊は厳しいので外食かコンビニ・スーパーなどの弁当・お惣菜中心になり栄養バランスなどは気をつけなくてはいけません。

また、実際にサイトで施設を検索すると、最安の施設はさほど多くなく、少し費用は高くなる部分もあります。

さらに住民票をホテルの住まいに指定できない場合もあるので、実家や別拠点に設定しなくてはいけないというケースもあるので注意が必要です。

 

デメリットの問題をクリアできれば、ホテルパスは悪くないサービスかもしれません。

2拠点生活をするならHafHを選ぶのもあり

取り上げたネット記事ではhotelpassを利用したものでしたが、こちらは最低でも1ヶ月は連泊しないといけないという制約があります。

特に移動は多くなく、しばらくは定住していても良いという場合は悪くないかもしれません。

 

ただ、私もそうなのですが、いろいろな事情で現在の住まいを手放すことは難しいケースもあります。

その場合、2拠点生活をするという選択もありかもしれません。

1ヶ所は今まで通り残し、それ以外は別拠点を転々をするやり方をしたい場合は、「HafH(ハフ)」のホテルサブスクを利用するのが良いかもしれません。


HafHの公式サイトより引用>

 

HafHはプランが細かく分かれており、月に1泊からのサービスもあります。

例えば月に5〜10日くらいは日本の他の地域へ出かけて、そこのホテルに拠点を構えるという暮らしをしたいなら、うってつけのサービスです。

1日ごとにホテルを変えても良いし、変化を楽しみたい場合は良いかもしれません。

 

私的にはこちらのサービスの方が向いているかなと思ったりしますが、他にもいろいろな住まいのサブスクサービスがありそうなので、いろいろ調べてみようと思います。

住まいにこだわらないのであれば、こういうサービスを利用するのも悪くないですね。