ポイント稼ぎが目的でウォーキングを続けるというのも悪くない

ランニング・トレーニング

いわゆる歩いて稼ぐスマホアプリがここ1〜2年で普及しています。

一時期はドラクエウォークが大ブームになりましたね。

初期の頃はポイントを貯めるとクーポンに交換できるものが主流でしたが、2022年にSTEPNが色々な意味で注目されてから、仮想通貨を貯めるアプリが増えてきました。

STEPNはM2E(Move to Earn)と言われる種類の歩いて稼ぐアプリの1つで、TKOの木本武宏が投資トラブルを起こす前に積極的にアピールしていたことでも有名になりました。

(そのせいで、木本の投資トラブルの原因がSTEPNではないかという噂も出たくらいです。)

 

STEPNの名前を見聞きすることが増えた時期に、どんなものなのだろうと調べてみました。

基本的には歩いて仮想通貨を貯めるのですが、アプリ内の仮想世界にあるスニーカーを購入することで大きく稼ぐことができる仕組みです。

いわゆるスマホゲームの課金と同じようなものと考えればと良いでしょう。

そんなことをしてまで別に仮想通貨を貯めようとも思わなかったので、STEPNに対する興味はその時点でなくなりました。

 

その後、何のきっかけが忘れたのですが、別のM2Eアプリがあるというのを知りました。

Sweatcoinというアプリで、STEPNと違い余計なアイテムを購入する必要などなく、とにかく歩くことで仮想通貨を貯めることができます。

物は試しと、2022年9月初旬にアプリを入れました。

歩くだけ(+ちょっとしたイベント)ではあるものの、少しずつポイントが貯まるようになりました。

結果が目に見えると楽しくなるもので、アプリを入れてからは歩く距離と時間が増えました。

 

その後、Sweatcoinと同じようなM2Eアプリを探し、いくつかインストールしました。

(それが上部の画像、サツドラは以前から入れてました)

その結果、ますますウォーキングに拍車がかかり、歩けるときは1日1万歩を目標にしています。

 

一見、仮想通貨稼ぎという不純な目的でウォーキングをしていると思われるかもしれませんが、やってみると意外とメリットは多いです。

  • 歩くことで運動量が増えるので健康に良い
  • いつも乗っていた地下鉄も数駅分は歩くようになり交通費節約になる
  • 貯まる額はそれほどでもないがコストはかかっていないのでマイナスにはならない

年齢的にも運動不足になりがちですので、このような形でも体を動かす習慣ができるのは悪くないかなと思ってます。

あえてデメリットを挙げるとすれば、時間管理をしっかりしないといけない(歩く時間が増えたため)ことと、膝などを痛めないようケアに気をつけることでしょうか。

 

歩いて稼ぐアプリ(M2E)がきっかけで、まさかこんなにウォーキングにハマると思いませんでしたが、しばらくは続けていくつもりです。

ただし、北海道に住んでいるがゆえ、冬の雪道はどうしようかが悩みどころです。