持ち物のコンパクト化|まずはハサミとカッターを小型サイズに買い替え

持ち物

最近読み始めた四角大輔氏の著書「超ミニマル主義」に触発され、持ち物の小型化・軽量化に目を向けることにしました。

今までは物を減らすことに目を向けていましたが、手元にある物についてもっと小さくすることができないか検討することにしました。

ミニマリストは登山家(アルピニスト)・トレイルランナー・バックパッカーのようにできるだけ持ち物を減らし、さらに移動時の負担にならないよう持ち物の小型化・軽量化も重要視されます。

特にアウトドアグッズは軽量であり、持ち運びしやすいよう小型化でき、さらに丈夫で壊れにくいことが求められておりますので、まさにミニマリストとの相性は良い。

私自身、今まで持ち物をコンパクトにすることは重視していなかったのですが、持ち物をさらに小さくすることで、余白をさらに広げ、負荷を減らせれば良いなと思うようになりました。

そこで、現在利用している持ち物を順番に見直し、小型化できるものは入れ替えることにしました。

まずは手始めに、ハサミとカッターを小型化しました。

スポンサーリンク

持ち物のミニマム化|ハサミとカッターを100均のグッズに買い替え

まず手をつけたのはハサミです。

なぜハサミなのかというと、先日100円ショップ(100均)に寄った時に、コンパクトサイズの物を見つけたからです。

今はこんなタイプのものが100円ショップで買えるのだったら、いっそのこと変えることにしました。

 

現在使っているハサミというのは、どこにでもあるようなタイプで、大きさもペンくらいです。

結構使い込んでいて、少なくとも10年以上経っています。

特に切れ味は悪くなっていないので使い続けていたのですが、もう十分使い込んだだろうと思い、変えることしました。

 

ついでにカッターも。

こちらもよくあるタイプですが、段ボールを開けたり分解するときくらいしか使わなくなりました。

こんな大きくなくても良く、小型のものに変えることにしました。

 

そして買ってきたのがこちらです。

どちらもダイソー(100均)手に入れたものです。

特にハサミがペンのようになっているのが気に入っております。

数年前に、こういうタイプのハサミが出ていたことは知っていたのですが、あまり興味は湧きませんでした。

しかし、100円ショップで売っているのを見つけて、これなら試してみても良いなと思い手に入れました。

 

ペン型のハサミはキャップを外すとバネで自動的に開くようになっております。

持ち手の部分が輪になっていないので、使いにくそうに見えますが、実際に切ってみるとそうでもないです。

ただ、小さいので厚めのものは切りにくいかなと。

色々切ってみて使い慣れれば大丈夫かなと思っています。

 

そしてカッターもコンパクトに!

刃の部分が短いですが、実際に利用するときにはこれくらいあれば十分です。

家庭用ならこれで問題ないでしょう。

セラミックの刃なので切れ味も大丈夫、段ボールもこれで対応できるでしょう。

 

今後も持ち物を見直して、小さくしても大丈夫そうなものは、どんどん差し替えていきたいです。

収納も小さくでき、今後移動しながら生活をしたいときにも身軽になっていいかなと思っております。