最近の100円ショップのラインナップの豊富さと安さにビックリ!

その他雑記

100円ショップは品数も豊富で、結構便利な商品も多く、昔はよく利用していました。

しかし、全部100円だからと油断して何でもかんでも買ってしまうという落とし穴にハマってしまいます。

知らないうちに物が増え、しかも使わなくなることが多く無駄遣いになるケースて結構多いです。

そのため、ここ最近は本当に必要なものを買う以外は寄らなくなりました。

 

ちなみに最近の100円ショップは価格が100円以外の商品も増えており、さらにバリエーション豊かになりました。

中には電化製品・ガジェット類が家電量販店やディスカウントストア(ドンキなど)よりも安い価格で売られているようです。

ちょうど寝る時に枕元に置けるミニ加湿器が欲しいなと思い、もしかしたら100円ショップにあるかもしれないと思い探しにいきました。

残念ながら欲しいものはなかったのですが、改めて100円ショップの店内を見回すと、本当にこんなものが売っているのだとビックリしました。

私が知らないうちに100円ショップは進化しているようです。

いくつか写真に収めてきました。

(今回はCanDo)

USB天キーボードが330円!

ワイヤレスマウスが440円!

USB有線の光学式マウスは100円!

amazonとかでもこんな安くは売っていないはずです。

 

USBミニスピーカーは550円です。

音質はどうかわかりませんが、ちょっと試すくらいなら買ってしまいそうです。

 

私は使わないですが、電子メモパッドも440円〜。

 

極めつけはスマホやスマートウォッチなどを置くだけで充電できる(Qi充電)のチャージャーが550円!

普通に買えば2,000円くらいするのはずなのですが、まさか500円台で買えるとは!

この時は買いませんでしたが、Qi充電器はいつか欲しいと思っていたので、身の回りのものをチェックして必要なら百均で買おうかなと思います。

 

これらのガジェットは、おそらく中国などで大量生産したものだとは思いますが、昔のように低品質と言うことはなくなりつつあるので侮れません。

100円ショップも利益を伸ばすために、いろいろとやっているのですね。

100円ではない商品を置いてあるのはダイソー、CanDo。

特に大型店舗で探し回れれば、思わぬ物が見つかるかもしれません。

(ちなみにSeriaは全品100円のポリシーがあるようで、少し高めの商品は置いてありません。)

 

生活雑貨などを探すときは、無印、ニトリ、IKEAなどが人気ですが、それでも少し高いと感じている人は100円ショップに流れているような気がします。

このところ百均の便利商品特集とか増えていますし、特に今のご時世だと節約志向ですので、100円ショップは今後さらに伸びが期待される業界であることは間違いないでしょう。