埼玉県の運転免許証更新キャッシュレスで一番得するのは?

その他雑記

埼玉県の運転免許証更新で、令和6年(2024年)1月よりキャッシュレス決済のみとなり、現金支払ができないことで大騒ぎになっております。

これは、埼玉県で収入証紙が廃止され、今までは運転免許センターで証紙を購入して書類に張り付けるという手続がなくなったためです。

それに代わる方法として、なぜかキャッシュレス決済が採用されました。


埼玉県警察のWebページより引用>

 

今までは現金のみしか受付していなかったものが、急にキャッシュレスのみと急速なデジタル化に戸惑う埼玉県民が多いことでしょう。

ほとんどは何かしらの決済手段を持っている(交通系ICカードが多いと思われる)でしょうが、高齢者排除などと様々なところから声が上がっております。

それよりも、運転免許センターが鴻巣市にあるのが不便すぎるのを何とかしろという意見も出たりしています。

私も埼玉県にいたときは、鴻巣で更新するとなると、行き帰りも含め丸1日がかりでした。

 

以上のように、埼玉県の運転免許証更新料支払のキャッシュレス化で大騒ぎですが、個人的にはある企業が儲けを得るために何か裏があるのではと疑ってしまいました。

 

キャッシュレスでの支払の際、運転免許センターや警察署にはチャージする機械がないので、あらかじめ用意するよう記載されていました。

クレジットカート以外の決済ブランドは何かしらの形でチャージが必要です。

普段から使いこなしている方であれば、スマホ上で銀行口座かクレジットカードでチャージするのでしょうが、不慣れな場合は恐らく現金を直接入金する方法をとるのではと思われます。

現金チャージで活躍するのがATM、それもセブン銀行のもの!

コンビニ(セブンイレブン)はもちろん、最近はあらゆるところに設置されており、比較的便利です。

交通系ICカードのチャージも出来ますので、もし免許証更新で現金チャージをしなければならない場合、セブン銀行ATMに駆け込む人が多いのではと予想されます。

これは、セブン銀行からしたら千載一遇のチャンス!

ATMを利用してもらうことで手数料収入が見込まれるので、運転免許センターの近隣や警察署の近くにあれば定期的に利用されることが期待できます。

もしかすると、キャッシュレス化はセブン&アイグループが裏でかかわっているのではと疑ってしまうくらいです。

もし、ここまで見込んでキャッシュレス化を推進したのであれば、かなりしたたかです。

 

個人的にはもう現金をほとんど持ち歩きませんので、キャッシュレス化の推進は喜ばしい限りなのですが、すべての人々がそうとは限りません。

特に高齢者はオレオレ詐欺などの問題もありますので、キャッシュレスにすることで逆にトラブルになることも考えられます。

本当はその辺も柔軟に対応すべきなのですが、なぜか埼玉県警は極端なキャッシュレス化に走ってしまいました。

これから、いろいろとトラブルが発生し、マスコミが煽りそうな気がしてなりません。

まずは事実のみを確認し、余計な扇動に惑わされないようにしないと。