和もあり洋もあり中華もある不思議な街!【長崎旅行記】

スポンサードリンク
雑記

 

先日、個人的に注目しているエバンジェリストの西脇資哲さんのtwitterをチェックしていたら、長崎を訪れているというツイートがありました。

 

そういえば、長崎は8月9日に原爆の日を迎え、いろいろな式典が開かれていました。

その一方で、周りの迷惑を顧みず、静寂さをかき消す、誰にも共感を得られないであろうデモが行われたり、北朝鮮がグアムにミサイルを打ち込むと息巻くなど、真の平和が訪れる日が来るのだろうかと嘆きたくなるようなニュースが流れたりします。

 

そんなことを思いながら、2年ほど前に九州に出張した時、空き時間に長崎を旅したことを思い出しました。

以前、このブログで軍艦島を訪問したことにを取り上げたことがありますが、今回はその前に旅した長崎のことを振り返りたいと思います。

 

和洋中なんでも揃った街、長崎

かつて長崎には、高校の修学旅行で訪れたことがあるのですが、随分昔のことでほとんど記憶がありません。

今回、十何年ぶりに長崎を訪れました。

 

長崎に行きたかった理由は、いろいろな国の文化が入り混じった異国情緒を感じられるところに惹かれたからです。

 

  • 長崎くんちの龍踊りやちゃんぽんなどの中華文化
  • カステラや大浦天主堂などの西洋文化
  • 古来からの日本文化

 

これらが全て含まれ、歩いているだけでも楽しくなる街です。

原爆で一度は壊滅的被害に遭いましたが、今では復興し、観光地としての魅力を増しております。

 

訪問した場所はこちら

長崎の滞在時間は半日ほどと、それほどなかったのですが、市電を使ってなるだけ多く回りました。

主な訪問地は次の通りです。

 

長崎駅からスタート。

 

かの有名な出島です。

現在は復元され、観光スポットになっております。

 

かつての花街、丸山地区。

坂本龍馬像です。

 

ここも有名、眼鏡橋です。

最初見たときは、その規模にがっかりするかもしれませんが、川の周りをゆっくり散策できるので、結構楽しめますよ。

 

この建物は、偶然通りかかったのですが、旧香港上海銀行長崎支店の建物です。

明治時代に建てられた、貴重な石造りの洋館です。

 

本当は大浦天主堂にも寄りたかったのですが、時間がなく断念しました。

 

長崎は何度も足を運んでみたい街

上記であげた場所は限られているのですが、それ以外にも観光スポットは沢山あります。

やはり歴史ある街ですので、史跡は沢山あり、そういうのを巡るのが好きな方には魅力的ですね。

(出島にはぜひ行っていただきたい!)

 

そして、食も目が離せませんね。

ちゃんぽんや皿うどん、トルコライス、角煮まんもいいですね。

そしてカステラやミルクセーキなどスイーツ系も豊富です。

 

現地では食べられなかったのですが、お土産に買った福砂屋さんのカステラは美味しかった〜。

一口で食べられるキューブカステラがいいですよ〜

 

まだまだ長崎で見ていないものが沢山ありますので、機会があればまた旅で訪れたいですね。

今度は宿泊込みで!

 

稲佐山から見る夜景も一度は見たいですね、

 

軍艦島を観にツアーへ参加してきた【長崎旅行記】
今回はいつもと趣向を変えて、長崎にある軍艦島の話題を。 昨年(2015年)、長崎へ寄った際、軍艦島を訪問したことをふと思い出しました。 そのときに、写真などもたくさん撮り、せっかくだからブログに記録に残しておこう...

 

コメント