【東京から札幌への移住記録】(その5)電気・ガス・水道も忘れずに

スポンサードリンク
北海道移住

 

気がついたら、引越しまでいよいよ2週間を切りました。

まだまだ先かと思っていたのですが、やはりあっという間です。

いよいよ長年の思いが実現するなとワクワクするかなと思うよりも、なぜか不安と寂しさの方が増してきていますね。

 

なんだかんだでずっと住み慣れた東京や神奈川、そして大学を卒業するまで住んでいた埼玉!

北海道からだど。そう簡単に戻るというわけにもいかなくなります。

もうあまり行く機会もなくなるのかなとと思うと、多少は寂しさも感じます。

それに、新天地の札幌で果たしてうまくやっていけるのかという不安も少なからずあります。

 

でも、ここまできたら今更引き返せないので、気楽に考えるようにします。

 

引越し前と引越し後に行う手続きまとめ

さて、新居の必要経費の支払いなどは終わらせました。

 

あと、やらなければいけない手続きも漏れなくやらなければいけません。

現時点で手続きをしなければいけないことを洗い出したら、ざっとこんな感じでした。

 

【引越し前に連絡が必要】

  • 電気(東京電力→北海道電力)
  • ガス(東京ガス→北海道ガス)
  • 水道(東京都水道局→札幌市水道局)
  • NHK(癪に障るけど住所変更の届け)
  • 携帯電話(住所変更、固定電話は持っていない)
  • プロバイダ
  • 転出届(区役所)
  • 年金
  • 健康保険
  • 郵便の転送依頼
  • 定期購読雑誌の住所変更(2社)

 

【引越し後で良いもの】

  • 新聞(電子版のみなので)
  • 銀行
  • クレジットカード
  • 証券会社

 

今思いつくものはこんなところです。

 

電気・ガス・水道の手続きはお客さま番号が必要なことも

今回は、いわゆるライフライン関係の電気・ガス・水道の手続きについて整理します。

 

最近はほとんどの手続きが、インターネット経由でできるようになったので便利になりました。

ただし、電気、ガス、水道などは、転出時の利用停止手続き時に、お客さま番号の類が必要になる場合があります。

毎月のように使用量を知らせる伝票がポストに入ってきますが、大抵ポイと捨ててしまうことが多いのではないでしょうか。

私も例に漏れずそのタイプです。

ただ、何度か引越しをしているとその辺も把握しているため、直近のものは取っておきました。

 

そのおかげで、電気とガスはお客さま番号がわかり、手続きができました、

特にガズは退去時に立会が必要になることが多いので、早めに申し込みが必要です。

ギリギリになるとスケジュールの調整がつかないことがあるので注意しないといけません。

 

ただ、水道だけがどうしても見つかりませんでした。

東京都水道局の場合、番号がわからないと直接電話しないといけないので、後日連絡する予定です。

 

 

東京から北海道の引越しでは転居先の契約も忘れずに

転出先の連絡ととも、今回は転居先にも電気・ガス・水道の利用開始の申し込みをしなければいけまません。

 

今までは同じ管内の引越しだったため、電気とガスは転出と転居の手続きが同時にできました。

しかし、今度は電気が東京電力から北海道電力、ガスが東京ガスから北海道ガス(札幌の場合)に変わります。

 

会社が変わるため、転居先での利用開始申請を別途行う必要があります。

こちらもすでに連絡を終え手続き済みです。

ガスについては開栓時に立会が必要なので、これも早めに申し込みしておいたほうが良いです。

 

あとは週明けに区役所に行って転出届と年金の手続きをすれば、だいたい転居前の手続きは終わったも同然です。

それと、北海道へ行くフェリーの予約もまだしていなかったのでこれも早めにやっておかないと。

まあオフシーズンなので大丈夫だとは思いますが。

 

続く

 

【東京から札幌への移住記録】(その6)役所の手続きや粗大ゴミの処分申込
さて、引っ越しまでいよいよ1週間となりました。 スケジュールが確定したら、さあ忙しくなるぞと思っていました。 でも実際は、バタバタしないようにゆったりしたものにしたので、慌てることもありませんでした。 ...

 

コメント