貰っても全然嬉しくない!禁断の北海道土産ワースト3を紹介!

北海道小ネタ

北海道は、いうまでもなく観光地として人気があり、特に食べ物は豊富です。

「北海道産」と書かれているだけで、ついつい手に取ってしまいますね。

テレビや雑誌などでは人気の北海道みやげを取り上げたり、ネットなどでも「これだけは買っとけ、北海道の人気みやげ5選」などというタイトルで紹介しているサイトも数多くみられます。

 

しかし、その一方で、なんでこんなものを売っているのかというものもあるのです。

名前を見ただけで、ちょっと躊躇してしまうようなものもあったりします。

特殊な食材を使って「珍味」としてありがたがられるお土産もあったりしますが、今回取り上げるものは、そのレベルをはるかに超越しています!

 

そこで、これ本当に食べられるの、こんなの誰が買うのだろうと言ってしまいそうな、北海道みやげをワースト3を紹介します。

スポンサーリンク

貰っても嬉しくない北海道土産①「ジンギスカンキャラメル」

1つ目は、北海道を代表する料理でもあるジンギスカンです。

しかし、普通のジンギスカンではなく、ジンギスカン味をしたキャラメルです!

これは知る人ぞ知る、謎みやげの1つです。

 

普通、キャラメルといえば、ミルクやチョコなど甘い材料を合わせて作るものですよね。

それを、どう考えても甘いとは言い難いジンギスカン味にするとは、一体誰が考え付いたのでしょう?

実際に食べてみても、なんとも微妙な味・・・。

今までに「うまい」という感想を聞いたことがありません!

 

普通であれば、即販売中止になってもおかしくないのですが、今でもなお販売されている、なんとも不思議なキャラメルです。

話題づくりで試してみるのも良いでしょうが、その後のことは保証できません・・・。

 

他にも豚丼チョコなるものもあったりします(笑)

貰っても嬉しくない北海道土産②「トドカレー」

続いては、これも珍品として紹介されることが多いお土産です。

「トドカレー」のトドって、もしかして?

 

そうです、海獣のトドです!

 

写真では大きさがわかりにくいでしょうが、相当でかいです!

そもそも、トドの肉など食べられるかという疑問が・・・。

 

しかし、実は昔から売られている結構有名な食品なのです。

当然野生のものを使っているので、かなり独特なニオイと味がするようです。

 

好きな人は好きなのでしょうが、最近はこういう食材を食べることもないですから、多分万人受けしないはずです。

これをお土産に買っていくというのは、よほどのチャレンジャーか、渡す相手に何か特別な「お礼」をしたい場合に有効です(笑)

 

また、トド以外にもアザラシの大和煮というのもありますよ。

貰っても嬉しくない北海道土産③「ヒグマの缶詰」

最後は、これこそ究極の珍味かもしれません。

そう、北海道に生息するヒグマの肉です!

 

ヒグマについては、先ほどのトドやアザラシよりは、まだクセがなさそうが気がしますが、それでもちょっと抵抗はあるかもしれません。

 

しかし、昔から食べられてきた食材なのです。

確か、胆嚢は薬の材料として珍重されていたそうです。

 

今は滅多に口にする機会はないでしょうが、旅行の記念にいいかもしれませんね。

味噌煮であれば、臭みはある程度消されているでしょうから、大丈夫でしょう。

でも、肉自体は固いようです。

珍しいものだと熊カレーなるものも!

スポンサーリンク

 

今回は、趣向を変えて、あまりオススメしないお土産を取り上げてみました。

これ以外にも、不思議なものがまだまだあります!

もし旅行に来た際には、探してみてはいかがでしょうか?