北海道などでマンホールに雪が積もらない謎?その理由は

スポンサードリンク
移住生活

 

この記事を投稿しているのが、まさに年末差し迫っている時!

一人暮らしでも、色々と新年の準備をしなくてはいけません。

 

特に面倒なのが年賀状ですね。

あまり年賀状は書かない方なのですが、それでも十数枚はなんだかんだで作らないと。

 

そういえばここ数日、北海道では天気が荒れ、一時期は雨がふって少なくなった雪も再び元通りに。

 

そんな中、ちょっと外を歩いている時にふと気づいたことがあります。

今回は、そのことについてです。

 

大雪が降っても、唯一雪が積もらない場所は?

北海道では一度雪が降ると、一面真っ白になり、車が行き交う道路でさえ雪が積もります。

本当にありとあらゆるところに着雪し、まさに銀世界です。

 

しかし、そんな北海道でも、雪が積もらない場所、というか一部分と言ったほうが良いでしょうか。

そういうところがあるのです。

 

それは、マンホールです。

 

この写真はちょっと周りの雪もなくなっています。

もっとすごいところは、マンホールのふたの部分がぽっかりと穴が空いたように雪がないのです。

 

歩いていると、雪が積もっていない場所を見かけることが結構あります。

そういうところは例外なくマンホールなのです。

 

マンホールに雪が積もらない理由は?

自分は北海道に移住してきてから、そのことを初めて知りました。

でも、なぜマンホールには雪が積もらないのでしょう?

 

そこで色々と調べた結果、大きく2つの理由があることがわかりました。

 

  1. 金属は熱が伝わりやすく、蓋の下の暖かい空気で温まり、雪が溶けやすくなる。
  2. マンホールの下に流れている上下水道は温度が高く、蓋が温まるため。

 

実際に水道局のページに書いてあった回答なので、間違いはないでしょう。

 

マンホールに雪が積もらないと危険なこともあり

マンホールに雪が積もらない理由はわかりました。

マンホール以外にも、排水路の穴も同様です。

 

実は、マンホールに雪が積もらないのは危険な状態なのです!

 

マンホールが歩道や道路の端にあれば良いのですが、これが道の真ん中にあると、そこだけがポコっと穴が空いた状態になります。

大雪になると、そこだけ大きく段差ができてしまいます。

その場所を車で走行すると、タイヤが取られて事故が起こることもあるのです。

 

実は、これが結構問題になっているようです。

それを防ぐためにマンホールの断熱蓋シートまで販売されているぐらいです。

 

普段はさほど気にするようなことではないのですが、何となく気になってしまった雪国の暮らしでした。

 

おまけ

クリスマスが終わると、スーパーなどにはお正月関連の食品が並ぶようになりますね。

そして、必ずカニも売られています。

 

北海道ではカニが取れるので、みんな食べているのだろうと思われがちですが、この値段じゃあねえ〜。

実家に帰ったらあるかな?

(去年はなかったけど)

 

コメント