北海道の冬にももひき(タイツ)を履かず過ごすのは変なのか?

スポンサードリンク
移住生活

 

北海道の冬は雪で大変?

でも、東北や長野、新潟などの豪雪地帯に比べたら、北海道は雪の量はそれほどでもないのです。

 

しかし、それ以上に北海道の冬が大変なのは、とにかく寒いことです!

個人的には、北海道の冬は雪よりも寒さにどれだけ耐えられるのかのほうが重要です。

(もちろん、雪かきなども大変ですが)

 

そのため、外出するときは寒さをしのぐため着込むのですが、どうやら自分は少し異質かもしれません。

 

周りの着替えで気づいた、あること

今回は寒さをしのぐための服装についてです。

 

私は週に3度ほど、スポーツジムに通っており、運動時はロッカールームで着替えてます。

着替えているときは、基本的に周りのことなど気にしません。

ただ、どうしても他人が着替えているところが見えてしまいます。

 

冬の着替えでは、防寒のためにヒートテックのような下着を着ている方が多いのです。

(もちろん男性)

そして、例外なく下もモモヒキ(タイツ)を履いています。

 


そう、こういうやつですね。

 

まあ、年配の方だったらわかるのですが、実はそうでない20〜30代の若手も普通に履いているのです。

自分のイメージでは、若い人はそんなものダサくて履かないと思っていました。

でも、やはり北海道では履いていないと寒くてたまらないのでしょうね。

 

実は私、今までモモヒキなどはいたこと無い!

「う〜ん、北海道はやはり寒いね〜」で話が終わりそうなところですが・・・。

そういう着替えのシーンを見ていると、自分はもしかして普通じゃないのかもしれないと思ってしまうのです!

それはなぜか?

実は自分自身、今まで防寒用のタイツやモモヒキなどはいたことがないのです!

 

東京に住んでいたときはもちろん、北海道に移住してからも、1度も履いたことがありません。

ですので、もちろん持っていません!

それでも、昨シーズン、そして今シーズンも普通に過ごしています。

 

私はどちらかというと暑がりで、今までも冬は比較的薄着で過ごしてきて問題ありませんでした。

北海道に来てからもそれは変わらず、外出するときも大して厚着はしません。

上には、さすがにダウンのコートを着ますが、中は薄めのシャツで十分耐えられます。

下は、普通にジーンズなどをそのまま履いているだけです。

裏地にボアやフリースなどもないです。

 

それで外に出ても全然平気です。

もちろん寒いと感じることはありますが、耐えられないというほどではありません!

 

北海道の冬を過ごすには、中にタイツやモモヒキをはいているのが普通のようです。

はかなくても問題がないという私は、やはり異質なのかもしれません(笑)

 

唯一の例外でロングスパッツを履く時

というわけで、今になって自分が普通じゃないかもしれないということに気づいてしまったのです・・・。

まあ、別に見られるものでもないですし、寒すぎて耐えられないということもないので、今シーズンもそのまま過ごすことになるでしょう。

 

ちなみに、スポーツジムでトレーニングする時には、下にスポーツ用のタイツ(スパッツ)を履いています。

 

こういうやつです。

これと同じようにスパッツの上に短パンを履いています。

 

ここではなんで履いているかというと着圧効果を期待してのことです。

それ以外には吸汗効果、そして生足をそのまま晒さないためです。

何も処理していないので、生足のままだとみっともなくて(笑)

 

さて、私はいつまでモモヒキを履かないで冬を越すことができるのでしょうか?

もう4〜5年は大丈夫なような気がします。

 

移住生活
スポンサードリンク
きたかぐらのTwitter・Instagramはこちら



きたかぐらの北海道移住一人暮らしミニマリストブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました