【札幌外食レポ】かつて全国的にブームになった「らーめんてつや」!円山にある「円山てつや」へ行ってきた

スポンサードリンク
北海道グルメ

 

先日、円山動物園に行った帰りにご飯を食べて帰りました。

丸々2時間、寒空の中歩き回っていたので、体は冷え切っていましたので、やはりここは暖かいものということでラーメンにしました。

 

かつてのラーメンブームで一躍時代の寵児になった店主の系列店「円山てつや」

入った店は「円山てつや」というお店です。

 

場所は札幌市営地下鉄東西線「円山公園駅」に直結している「マルヤマクラス」という駅ビルにテナントとして入っています。

 

ラーメンが好きな方ならば「てつや」という名前を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

そう、昔ラーメンブームがあったときに、有名店の店主として一躍メディアに注目された「ラーメンてつや」です。

 

もうずいぶん昔のことなので、忘れているかもしれません.

昔はよくテレビ番組のラーメン修行などの企画でよく出ていました。

 

一時期はラーメンの鬼、佐野実と並ぶ知名度があったのではないでしょうか?

正直なところ、店主が目立ちすぎるお店というのはあまり好きではないのですが、円山周辺にはあまり店がないのと、系列店なので本人がいるわけではないのでいいかなと思い、店に入りました。

 

売りは醤油だけどメニューの一番上は味噌だった

店の入口は、テナント内の店なのでこんな感じです。

雰囲気は出ていますね。

 

時間は午後3時ごろに行ったのですが、4〜5人ほど入っていました。

有名店ではありますが、行列ができるというほどでなく、すんなり入れました。

(個人的には並ぶのが嫌なので、ちょうどよかったです)

 

メニューを確認します。

 

確か、てつやの売りは醤油だったような気がしたのですが、一番上はみそラーメンでした。

ここはみそが自信あるのかな?

ちょうど体も冷えていたのと、お腹もかなり空いていたので、こってりしてそうなみそを頼むことにしました。

 

みそラーメンは見た目に反しコクのある味

少し待ち、ラーメンが運ばれてきました。

 

白湯スープがベースなので、白っぽくまろやかそうに見えます。

でも、実際に食べてみると予想に反しコッテリしており、いわゆるパンチの効いた味です。

まろやかさはあまりなく、気持ちざらっとした感じです。

(系統でいうと、すみれや純蓮、白樺山荘の味噌ラーメンに近い味ですね。)

チャーシューはトロッとした柔らかタイプで2枚入っているというのが地味に嬉しいですね。

 

お腹が空いているときは、こういうのがとても美味しく感じるのですよね。

あっという間に食べ切ってしまいました。

 

唯一残念だったのは、麺の茹で方。

ちょっと忙しかったのか、一部麺がくっついていたり、固すぎの部分もありました。

まあ、たまたまなのでしょうが・・・。

 

最初はちょっと名前だけなんじゃないのと思ってタカを括っていたところもありましたが、やはり長年やっているだけあり、味は本物でした。

今度は同じ札幌にある南7条の本店で食べてみようかな?

店主が今はどんな風になっているのか、ちょっと興味あるので(笑)

コメント

  1. 元札幌市民 より:

    円山公園駅界隈は、札幌屈指の高級住宅街で、富裕層の方々も多いところですね。マルヤマクラスも、適宜なテナントが入れ変わっているようで、ラーメンてつやもオープンしたのでしょう。本店で認められてののれん分け、なのでしょうか。
    マルヤマクラス周辺は、裏参道をはじめおしゃれなお店もたくさんあって、散策も楽しいですよ。六花亭円山店もあります。喫茶室もあって、円山マダム御用達のお店です。六花亭で喫茶室があるのは、札幌駅前本店と円山、それに帯広本店のみだったと思います。また訪ねてみてください。