さっぽろ雪まつり2018で見ておきたかった「AIRジャンプ」

スポンサードリンク
北海道スポット

 

前回の記事で、夜のさっぽろ雪まつりを少し巡ったことについて触れました。

少ない時間の中だったので、見ていない場所もありました。

後日、時間ができたので、前回見ていなかったところに足を運んでみました。

 

一番見たかった、スキー・スノボのジャンプ台での競技だったのですが・・・

今回一番見たかったのが、大通公園に作られて大規模なジャンプ台での競技でした。

「白い恋人PARK AIR ジャンプ台」という巨大なストレートジャンプ台です。

 

ここで、プロおよびアマチュアのプレイヤーが華麗なジャンプを披露するイベントです。

 

綺麗にライトアップされているので、夜も飛んでくれるものと思い、期待して向かったのですが、競技はやっていませんでした。

どうやら、この日(金曜日)はナイトセッションは予定されていませんでした。

これだけ見られればよかったなあと思っていたので、ちょっと残念でした。

今まで一度も生で見たことがないので、次回こそは見逃さないようにしなければ。

 

おそ松さんに競走馬、屋外スケートリンクも!

せっかくなので、もう少しだけ足を伸ばして、他のスポットも見て回りました。

これは、ブームになった「おそ松さん」ですね。

今年はこれがあることで話題になっていたようで、運良く実物を見ることができました。

一部マニアには嬉しいのかな?

 

こちらは光りすぎてわかりずらいのですが、氷像です。

横でエレクトーンの演奏が行われておりました。

 

ちょっと人を避けて撮影したので、わかりにくいのですが、これスケートリンクです。

夜にも関わらず、大勢の人がスケート靴を履いて楽しんでいました。

 

こちらも氷像でできております。

JRAのブースで、競馬の風景を像にしたものです。

光の演出で、とても華やかでした。

 

喫煙所も氷で作っています

最後にメインではないのですが、雪まつりならではの演出なのか、こんなものを氷で作ってしまいました。

 

喫煙所です。

氷のブロックでスペースを作って、なんかちょっとしたオアシスという感じですね。

 

最近は喫煙者は隅に追いやられ、喫煙スペースも申し訳なさげに設置されていれば良い方です。

それが、ここまで喫煙者を歓迎するかのごとく作ってしまうとは(笑)

 

さすが都道府県別喫煙率No.1の北海道!

喫煙者に優しい!

(ちなみに、2016年で24%ほどなので、かなり減った方ですよね。出典はこちら

 

私は吸っていないので、中がどうなっているかまではわからないのですが、ちょっと寒そうなので、長居はできないでしょうね。

期間中に時間があれば、すすきの会場ぐらいは見学できるかな。

 

関連記事:

2018年のさっぽろ雪まつりへ行ってきた!夜に見にいくのもオススメです

 

コメント