北海道の家にある蛇口になぜか逆さまのものが?実は驚くべき理由が!

スポンサードリンク
移住生活

 

北海道移住後の生活も無事スタートしました。

いろいろ場所へ買い物へ行ったり、住まいの周辺を散歩したり、徐々に暮らしに慣れていっているところです。

 

さて、今回は新居の設備でどうもよくわからないものがあるのです。

これは一体なんなのだろうと、とても気になります。

 

これは北海道だけ?上向きについている蛇口

それは、お風呂場と風呂場前の脱衣スペース付近にあります。

それが冒頭の写真に載っているものです。

 

ご覧の通り、上の方に水道の蛇口がついております。

でも、どうも変です。

 

まず、そもそも天井に近いところに蛇口があるのが不思議です。

こんなところから水やお湯を出すシーンなど想像もできません。

どう考えても不便です。

 

さらに、もう1つおかしいのが、蛇口が上向きになっているのです!

これをひねって、水やお湯が出てくるはずですが、なせわざわざそんな向きに?

別にこんなところで噴水ごっこをして遊ぶわけでもないですし(笑)

 

当然ながら、今のところ怖くて蛇口は回していません。

一体なんのためにあるのか?

 

蛇口が逆さまになっているのは北海道ならではの理由だった!

自分が住んでいる部屋の場合、給湯器付近以外にも風呂場の蛇口も同じようになっていました。

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ここにも上向きの蛇口があります。

 

しかもこのお風呂場、水道管がむき出しです。

まあ築年数が40年近い住まいなので、リフォームなどを進めているうちにそうなったのかなと思います。

細い管が水やお湯が流れる管、太い管は給湯器の排気管です。

 

いよいよ、本当にこの上向きの蛇口の謎は深まるばかりです。

さすがにこのまま放っておくわけにはいきません。

調べてみたところ、謎が溶けました。

水道を凍結させないためには

(札幌市のページを参照)

 

実は、水抜きをするときに、空気を入れるために開ける「空気入れ蛇口」と言われるものでした。

 

北海道の冬はかなり底冷えし、水道管が凍って水が出ないことがあります。

凍結を防止するために、水落という作業をしなければいけないのです。

(簡単にいうと、水道管に残っている水を抜いて空にすること)

 

でも、実際にどうやっていいのかが実はよくわかっていません。

引っ越して間もなく、周りに知り合いもいないため、聞ける人もいません。

時間があるときに管理事務所で確認してみます。

(2018年9月2日追記)管理事務所に聞いてみたところ、これがあるのは昔の名残で、いまは室内の暖房がしっかりしているので凍結することはなくなったそうです。なので冬でも特に水抜きの必要はないそうです。実際、2シーズン冬を越しましたが、水抜きの必要はありませんでした!

 

ガス給湯器が室内にあるのも北海道ならでは

さらにもう1つ気になることが。

それはガス給湯器が室内にあることです。

 

今まで東京などで暮らしていたときは、このタイプの給湯器が部屋の中は設置されておりません。

大体ベランダや玄関の外に設置されていることが殆どです。

少なくとも、今まで私が住んでいたマンションでは、部屋の中に設置されているのを見たことはありません。

 

でも、これについてはなんとなく理由は想像つきます。

それは冬の北海道で外に置いたら、給湯器自体が凍ってしまいガスがつかないのでしょう。

旭川の両親が住んでいるマンションでも、給湯器は部屋の中にありました。

 

このように、住居の設備1つとっても、北海道は本州とは違っているのですね。

これから先、冬になったらどうなるか心配ではありますが、まあなんとかなるかなと(笑)

 

(おまけ)札幌の待ち合わせスポットにぴったりの「小鳥のひろば」

最後に少しおまけを。

この間、さっぽろテレビ塔付近の地下街を歩いていたら、こんな場所がありました。

移住ブログ061105

その名も「小鳥のひろば」

 

移住ブログ061104

このようにインコさんがたくさんいました。

実際にいたのはインコだけですので「インコの広場」でもよさそうです。

 

移住ブログ061103

ヒュ〜、熱い熱い(笑)

インコって結構こういう風にしているのを見ますね。

癒されたところで、ではまた。

 

移住生活
スポンサードリンク
きたかぐらのTwitter・Instagramはこちら



きたかぐらの北海道移住一人暮らしミニマリストブログ

コメント

  1. モハメッドアリ より:

    ttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/1233099.html

    郷に入りては郷に従え。

  2. 高瀬 より:

    はじめまして。おじゃまいたします。(^_^)
    40年ほど前は家の中でも台所の水桶に朝になると氷が張ったりしましたが、いまどきの住居は凍らないのでしょうか。でも、凍結防止策はあった方が無難です。
    蛇口は吸気口です。
    関東と違って水も温度差がかなりありますよね。外から来る水は非常に冷たく、家の中は温かいです。
    吸気弁(蛇口)をつけることで、なんだか真空っぽくなるのをふせいで水がきちんと流れるようにしているらしいです(物理苦手)。
    ちなみに必ずしも蛇口の形をしているのではなく、うちのように塩ビみたいな素材で下向きのものもありますので、知らない人も多いかもしれません。
    ただ、蛇口タイプの場合は上向きにしておかなければいけません。
    http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000796.html
    ——-
    (^^)うちは曽祖父母の代に富山から旭川に入り、私も関東在住ですが数年以内に北海道移住を考えています。

  3. 高瀬 より:

    それにしても気になるのは、向き。上にしておいて空気を取り込むなら、埃はどうなるのかと。
    埃がたまると、ストローでいえば上の飲み口を指で塞いだ状態になるわけですから、水が落ちなくなり、いわゆるスポイト状になってストロー内(水道管内)に水が残る感じになりますよね。
    水抜きする際にしか使わないものの、それゆえに気になります。

    • きたかぐら きたかぐら より:

      はじめまして、コメント及びアドバイス、ありがとうございます。

      まだ引っ越してきて間もなく、冬を越したこともないのでどうなるのかは不安ですが、こればかりは体験してみないとわからないですからね。とにかく凍結しないよう色々やって見たいと思います。

      今後もおヒマな時にでもブログを覗いてもらえれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました