20年前に買ったONKYOのコンポをMacBookにつなげて再生させてみた

雑記

 

数年ほど前から自宅で音楽やラジオを聴く機会が増えました。

しかし、現在はCDプレーヤーなどのステレオ機器を持っておりません。

そのため、もっぱらノートパソコンやスマホで楽しんでおります。

 

最近はノートパソコンに内蔵されているスピーカーの性能が良くなり、それなりにいい音で聴くことができます。

しかし、長く聴いているとやはりなんだか物足りなくなってしまうのですよね。

 

そんな時、実家に今は使っていないミニコンポがあることを思い出しました!

(今、コンポといって通じるのかな?)

 

スポンサーリンク

実家で眠っていた20年前オンキョー製ミニコンポを引き取り

それは正月休みに実家に帰った時、片付けを手伝っていた時、置いてあったコンポを見つけたのがきっかけです。

家には20年前に買ったONKYO(オンキョー)のミニコンポ、30年前に買ったダイヤトーンスピーカーを使った大型コンポ、数年前に買ったレコードプレーヤーがついた多機能プレーヤーがありました。

今でも専ら最新の多機能プレーヤーばかり使っているそう。

 

そろそろいい音で音楽を聴きたくなっていた私は、オンキョーのミニコンポに目をつけました。

(30年前のものも十分使えるのですが、あまりにも大きすぎて持ち運びが厳しい)

 

そこで父親にオンキョーのミニコンポをくれないか交渉したところあっさりOK!

ただ、わざわざ宅配便で送るほどでないので、今度札幌に行く用事についでに持ってきてもらうことになりました。

 

そして、お正月から4ヶ月のち、自分の家まで持ってきてくれました。

 

見た目は、20年前のものと思えないほどしっかりしており、今でも売っていそうな感じです。

 

ミニコンポとMacBookをつなげる方法はシンプルにケーブルで

今回引き取ったミニコンポはオンキョーの「INTEC 205」というシリーズのミニコンポです。

(アンプはA-905Xという1999年に発売されたものでした)

父親が購入したものなのですが、スピーカー、アンプ、CDプレーヤー、カセットデッキのセットでした。

なぜかラジオのチューナーは買わなかったのだそうです。

 

今回はスピーカーとアンプさえあればよかったのですが、CDプレーヤーもついでももらいました。

カセットテープは持っていなかったのですが、実家で使うかもしれないと今回は置いてきました。

 

現在、私は音楽は全てパソコンに入れておりますので、あとはミニコンポとつなげるだけです。

パソコンは今は予備でおいてあるMacBookAirを使います。

 

つなげ方はいろいろあるのですが、とりあえず普通に聴ければ問題なかったので、こちらのオーディオケーブルでつなぎます。

 

 

コンポ側は赤と白の端子、パソコン側は黒の端子です。

コンポ側に出力端子の差込口があるので、LINE2という場所に、

ノートパソコンはイヤホンやヘッドホンをつなげる3.5mmの差込口に入れます。

 

 

あとは、アンプのINPUTのつまみでLINE2にし、パソコン側ではいつも通り音楽を再生するだけです。

外部スピーカーに設定し直すなどの特別な設定は不要です。

 

一通りつなぎ終わったあと、再生してみました。

最初は音が出なかったのですが、パソコン側の音量ボリュームが小さいだけでした。

音量を上げたら、見事にスピーカーから音が出ました!

 

このあと、radikoのページを開きラジオも聴くことができました。

 

無事、20年もののミニコンポがMacとつないで生まれ変わりました!

 

アイテムを追加すればBluetoothスピーカーにも変身させられます

とりあえず、この接続で満足な音が出たので、しばらくはこのまま使う予定です。

 

ちなみに最近はワイヤレスでつなぐスピーカーが主力ですね。

要はパソコンやスマホをBluetoothで飛ばしてつなぐ方法です。

 

20年前のコンポは当然のことながら、無線を受信する機能などありません。

(USB端子すらないのですから)

 

しかし、最近はコンポなどのステレオに受信用の端子をつけることで、無線化することもできるのです。

(イメージ)

 

今のところ不便はないので、追加する予定はありません。

ですが今後、無線化するのであれば、これを使うことも検討して良いのかなと思っております。

 

 

 

これで少しは家での暮らしも豊かになったような気がします!

その前にミニコンポを設置するラックを買わなければ(笑)

 

コメント