札幌市円山動物園の新しいホッキョクグマ館を見学しに行ってきた

北海道スポット

 

先日までの雨や寒さが嘘のように、ようやく6月下旬になり気温が上がってきた札幌。

(でも相変わらず風は強いなり)

 

天気が良くなったら円山動物園に行こうと思っておりました。

というわけで、天気がよい土曜日に行ってきました!

 

スポンサーリンク

目的は2018年3月にオープンした「ホッキョクグマ館」

円山動物園には、実は以前1度行っております。

1度行けば良さそうなものなのですが、再び訪れたのには理由があります。

 

それは、今年(2018年)3月13日に新しい「ホッキョクグマ館」がオープンしたからです!

 

前回行った時にもホッキョクグマは見たのですが、新しい建物では水中トンネルが作られたということなので、どんなものか興味がありました。

(旭山動物園みたいですね)

 

こちらの写真は、今までのスペースにいたホッキョクグマ。

日によって、場所を変えて放し飼いしているのですね。

 

ということで新しい建物へ入ります。

 

水の中で悠々と泳ぐホッキョクグマ

新しいホッキョクグマ館に入ると、まずは屋外スペースを見学できるようになっております。

 

面積は広く、ホッキョクグマものんびりとくつろいでいるように見えました。

 

屋外スペースをぐるりと見渡した後、続いて水中トンネルのエリアに入ります。

 

泳いでいればラッキーなのですが、果たしているでしょうか?

 

いました!

 

実はここはトンネルの場所から少し外れたところなのですが、運よく飛び込んできたクマを目の前で見ることができました!

 

少し見学していると、さらにもう一頭やってきました!

じゃれあっているのがなんともほのぼのしています。

(本当は凶暴なのですが、ガラス越しなので可愛く見えます)

 

なかなか良いシーンを見ることができました。

 

ちなみに、先ほどのトンネル部分は写真にもあった通り、混雑していました。

しかもクマが来るのを待って陣取っていて邪魔で仕方ありません(笑)

子供だったら許せますが、大人が全然動かない!

警備員さんに促されてもかじりついていました。。。

 

まあ、こんなこともありましたが、総じて見応えあるものでした!

特に水中で動く姿は外で歩いているものとは、また違い楽しめました。

これは大人になっても一度は見ておいて損はないでしょう。

(ただし、場所取りをして動かないのはみっともないです、子供もたくさんいるというのに・・・)

 

最近やって来たキリンも見ようと思い、ダメ元で覗いてみたら・・・

円山動物園を再訪したのにはもう1つ目的がありました。

それは、最近やって来たキリンを見たかったのです。

 

昨年までユウマくんというオスのキリンがいたのですが、残念ながら亡くなってしまいました。

空いてしまったところに、新しいキリンがやってくるのです。

 

名前はテンスケくん。

多摩動物公園で生まれたオスのキリンです。

 

しかし、ホームページで調べたところ、6月13日に来たばかりで、なれるまでは非公開ということです。

残念だなと思いながらも、少し覗けないものかとキリンがいるキリン館へ行ってみました。

 

入口はしまっていましたが、カーテンなどで隠されてはおらず、ガラス越しに除けます。

おっ?

 

いました!

テンスケくんです。

 

写真だとわかりずらいですが、やはり大きいです!

見た感じでは、さほど神経質にも見えず、慣れてきている感じには見えました。

 

この調子であれな、一般公開されるのも、もうすぐでしょう!

 

 

冬に見にいった時とは違い、今回はやはり子供が多かったです!

かといって、落ち着かないわけでもなく、楽しそうにしている姿はかわいいものですね!

 

<おまけ>

ライオンさんは、お外でのんびりくつろいでいました。

 

 

関連記事:

大人一人でも楽しめる!、札幌「円山動物園」雪の中の訪問記

 

 

コメント