【北海道旅行記】ラベンダー「ファーム富田」の見学で気をつけたいこと

スポンサードリンク
北海道旅行

 

前回の記事で、札幌から富良野へ出かけたことについて書きました。

7月に富良野へ出かける理由はただ1つ!

そう、満開に咲いたラベンダーを見るためです。

 

その中でも、広く名前が知られているのが「ファーム富田」のラベンダー畑です。

やはり、ここのラベンダーを見ないことには始まりませんので、まずはここまで足を運びました。

 

今回はファーム富田で撮った写真と、見学して気づいたことなどについて触れたいと思います。

 

関連記事(前回記事)

【北海道旅行記】札幌から富良野へ高速バスで日帰りでラベンダーを観に行ってきた
7月の北海道といえば、ラベンダーが見頃の時期です。 観光客もラベンダーを目当てにしていることでしょう。 ラベンダーといえば、何と言っても富良野! しかし、実は今まで現地で見たことがありませんでした。 ...

 

ファーム富田の見学で入園料など気になることや注意しておきたいこと

最初に、ファーム富田で見学する際、気になるであろうことについて触れておきます。

かつ、私自身が実際に注意したほうが良いと感じたことをまとめておきます。

 

 

ファーム富田の入園料や駐車場の料金は?

最初に気になることといえば、やはりお金のことですよね。

この手の施設というのは、入園料などかかるのが普通のことが多いです。

 

しかし、ファーム富田は入園料は無料です!

さらに駐車場も無料

つまり、見るだけだったらタダということです!

 

次に営業時間ですが、基本的には駐車場も含め24時間空いております

ただし、園内の売店などは9時から17時前後の営業です。

 

まあ、夜中も空いているといっても、照明があるわけではありませんので、真っ暗で何も見えません。

実質、9時から17時ぐらいが見学できる時間と考えて良いでしょう。

 

園内の見学時に注意しておきたいこと

注意というと大げさですが、実際に自分で園内を歩いて気になったことなどをまとめておきます。

 

まず、園内は予想しているよりも広いです!

全てをじっくり見ようとしたら2~3時間はゆうにかかります。

 

そして、場所によっては丘になっているところもあり、歩くのは結構大変で体力を使います。

 

さらに、ラベンダー「畑」というぐらいですから、見学時の通路は舗装されておらず、土の上を歩くことになります。

これが晴れている日だと、表面が乾いて滑ることもあります。

(実際に私は転びかけました)

 

以上のことから、ファーム富田を見学するのであれば、ハイキングをする感覚で準備するのが良いです。

服装も動きやすいもの。

足元はしっかりと歩けるスニーカーが好ましいです。

ヒールが高い靴やサンダルなどはやめたほうが良いです。

 

以上のことに気をつけて、見学することをオススメします。

 

紫色の風景をどうぞ!

ファーム富田では、ここぞとばかりにかなりたくさんスマホで撮影をしました。

その中から、これはいいだろうというのを抜き出しました。

 

まずはメインのラベンダーを集めました。

 

この時期はとにかく見学者が多いので、人を避けて撮影するのが難しかったです。

あと、近くで撮ると、ラベンダーの株と株の間が結構距離が離れていてスカスカなんですよね。

それもリアルな姿なのではありますが、写真映えはしにくいですね。

なので、なるべく遠目(引き)で撮るようにしました。

 

まだまだたくさんありますが、ここに載せたらキリがありませんので、残りはtwitterなどで小出しに公開していこうかなと思います。

 

紫以外の鮮やかな色の花も見応えあり!

7月の時期はやはりラベンダーに目がいきがちですが、それ以外の花もなかなかよかったです!

 

一面同じ色もいいですが、グラデーションになっているのもきれいですね。

 

途中でファーム富田ならではのグルメも楽しみました。

ラベンダーを使ったラベンダーソフト。

 

メロンの産地富良野らしく、メロンやメロンを使ったスイーツもたくさんありました。

今回は2色のメロンセットを食べました。

甘くて美味しかったです。

 

次回は、ファーム富田以外でラベンダーをみれる、もう1箇所のスポットへいったことについて触れたいと思います。

 

【北海道旅行記】ファーム富田だけでなく中富良野町営ラベンダー園も観に行くべし!
前回の記事でファーム富田でラベンダーを観に行った事を書きました。 ただ、ファーム富田だけでなく、ほかにもラベンダーを見学できるスポットはいくつかあります。 ただ、距離や移動手段の問題もあり、すべての場所へ行くこと...

 

<PR>

 

コメント