【北海道旅行記】アルテピアッツァ美唄で安田侃の世界に触れる(1)

北海道旅行

 

昔の写真を整理してたら、2014年に「アルテピアッツァ美唄」で撮影したものが出てきました。

 

この時期は、一度北海道移住に失敗し、何も考えていないことでした。

せめて北海道を旅する機会ぐらい増やそうと思っていた頃で、日帰りで訪問した時のものです。

 

このブログを開設する前にも別のものに記事をアップしていたのですが、ほぼ休眠状態です。

せっかくなので、こちらの方に綺麗にまとめて投稿することにしました。

 

スポンサーリンク

アルテピアッツァ美唄の概要について

ここで詳しく説明することではないかもしれませんが、一応簡単にアルテピアッツァ美唄について増えておきます。

ARTE PIAZZA BIBAI 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

 

アルテピアッツァ美唄は美唄市にある彫刻公園です。

地元出身でイタリア在住の彫刻家、安田侃さんの作品が展示されています。

 

 

安田さんの作品は札幌駅を始め、道内はもとより日本各地に飾られており、目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

安田さんが日本でアトリエを探していた際、1981年に閉校した旧栄小学校に目をつけました。

木造校舎を見て「子どもたちが、心をひろげられる広場をつくろう」と感じたのが誕生のきっかけです。

その後、多くの人々の尽力により、1992年に学校跡地を中心に広大な敷地をもつ世界でも希有な彫刻公園が開園したのです。

 

アルテピアッツァ(ARTE PIAZZA)とはイタリア語で芸術広場という意味だそうです。

 

アルテピアッツァ美唄までの交通アクセス

訪問したのは2014年の5月、しかも東京から日帰りで行きました。

北海道が一番過ごしやすい時期ですね。

 

この時は早朝の飛行機で羽田から新千歳空港へ向かいました。

その後JRに乗り、札幌駅で乗り換えます。

旭川行きの特急に乗り、目的地の最寄りである美唄駅で下車しました。

 

 

そして、美唄駅からアルテピアッツァ美唄へ向かいます。

地図で見ると近そうに見えるのですが、車で10〜15分程度かかります。


行く手段としては、公共交通機関はバスしかありません。

バスは本数が少なく、私が到着した時間(確か10時ぐらい)にはありません。

昔だったら気合を入れて歩いていたかもしれませんが、さすがに無理そうです。

 

あとはレンタカーを借りるという手もあるのですが、ここへ行くだけで借りるのも勿体無いです。

結局タクシーしか選択肢がないため、駅前に止まっていたタクシーに乗って向かいました。

 

昔のことなので、料金は忘れてしまったのですが、確か2000円はしませんでした。

 

なお、戻る手段もなく、事前にタクシーの運転手さんの携帯番号を教えてもらい、来てもらいました。

もし、タクシーで行こうとお考えでしたら、帰りに迎えに来てもらえるよう連絡先を控えておくと良いです。

 

アルテピアッツァ美唄の屋外彫刻たち

アルテピアッツァ美唄は特に決まった入口のようなものはなく、敷地がドーンと広がっています。

屋外に展示されている様々な彫刻、そして木造校舎内の展示物に大きく分けることができます。

 

ここでは、様々な屋外彫刻をご覧ください。

結構多めです。

 

ちなみに彫刻には様々な名称がついているのですが、どういう意味かは全くわかりません(笑)

(まあ、安田さんの感性なのでしょうけど)

 

「帰門」

 

「新生、生誕」

 

「真無」

 

「天もく」(もくはサンズイにのぎへん)

 

「地人」

 

「天聖」

 

「胸いっぱいの呼吸(いき)を」

 

「意心帰」

 

「真無(まむ)」

 

「天秘」

 

手前から「天聖」「天モク」

 

「ひとつがふたつ」

 

「吹雪」

 

「天秘」

 

「相響」

 

「妙夢」

これは様々なところで見る有名な作品ですね。

 

「天聖、天もく」水の広場です。

 

水の広場にある丸池

 

水の広場より丸池と「天もく」

 

この日は天気も良く、かつ私自身が一眼レフにハマっていた時期でしたので、時間をたっぷりかけて見学と撮影を楽しむことができました。

でも、実際に作品を目の前にすると、やはり何か感じるものがありますね。

おそらく、これだけの自然の中にあり、不思議と調和しているところも魅力なのだと思います。

 

今回は主に野外のオブジェを載せました。

量が多いので、屋内作品などは次回の記事でアップします。

【北海道旅行記】アルテピアッツァ美唄で安田侃の世界に触れる(2)
前回の記事の続きで、アルテピアッツァ美唄を旅した時のことについてです。 前回記事は以下を参照ください。 今回はアルテピアッツァ美唄の屋内展示を中心に載せていきたいと思います。 アルテピアッツァ美唄に...

 

コメント