【挫折した移住計画2013】(その5)本気で仕事探しを始める

北海道移住

 

今までのネガティブな状態が嘘のように、移住の希望が見えてきたことで、俄然転職活動にやる気が出て、本格的に動き出す頃です。

 

スポンサーリンク

2013年3月28日当時の記録

<2013年3月28日エントリー>

暫く移住については触れていなかったのですが、何も考えていなかったわけではなく、むしろ、向こうに行ったらどのように生活しようかということを真剣に考え、その結果、やはり仕事をしながら暮らしていくのが現実的だなという結論に落ち着きました。

起業となるとハードルが高く、今の自分には時期尚早なので、もっといろいろな業界を見て経験を積みたいなと思いました。40を手前にして今更と思いますが、この先のことを考えていくと幾つになってもチャレンジ精神を持たないと生き残れないような気がして…、50を過ぎても新しいことに挑戦できる気概を持ちながら生きていきたいですしね。

そんなわけで、やはり転職活動をすることになるのですが、正社員、契約、派遣とあまりこだわらずに探し始めているのですが、旭川はやはり少ないですね。どうしても札幌に集中してしまうようです。この際、札幌も視野において活動を進める予定です。

そして、今は金融機関でコールセンターの仕事をしているのですが、学生時代はITの研究をしプログラムも少しかじっており、社会人でも社内SEのようなことやクラウドのシステム構築を少ししていた時期もありましたので、エンジニアになりたいなという思っております。やはりものづくりが好きですし、事務的な管理もあまり向いていないので。パソコンとかをいじっているほうがやはりいいですね。

来週からもう4月、なるべくなら早く探したいですが、こればかりは読まない部分もあるのでなんともいえないですが、夏になる前には決めたいですね。

何かよい情報などをお持ちの方がいれば、ぜひ何でもよいので教えてください。
(とても切実な願いです…、何卒!)

<ここまで>

 

40近くの転職活動の厳しさを感じ始める

ちょうどこの頃、幾つかの転職サイトに登録をし、スカウトが集まり始めた頃です。

とは言っても、40手前での求人はやはり少ないです。

しかも地方となると、更になく、選択の余地がありません。

 

当時の求人でニーズが多いのは、コールセンターとシステムエンジニアでした。

コールセンターは経験はあるものの、仕事内容を考えると、正直関わりたくない業種です。

(そんなこと言ってられないのではと思われますが、向き不向きがあり、不向きな人がやると間違いなく精神に支障をきたします。私は結構気が短いため、ストレスがたまることの方が多かったですね。)

 

エンジニア系については、専門職としてやったことはないのですが、多少経験がありました。

その方向からアプローチできないかなとダメ元で応募してみました。

そうしたら、なんと返事があり、少し希望が見えてきました。

 

しかし、やはりなかなか求人が見つかりません。

無駄とはわかっているものの、当時はなりふり構わず情報提供を呼びかけています。

あ〜恥ずかしい(笑)

 

続く

 

【挫折した移住計画2013】(その6)仕事探しは厳しいですね
求人は少ない状況は変わりませんが、それでもその中から気になった企業に応募し始めました。 確信はないながらも、意気揚々と転職活動に本腰を入れた頃です。 しかし、やはりというべきか、順調には進みません。 この状...

 

コメント