40代の私がガチでダイエットするため自ら考え抜いた24のマイルール

ダイエット・健康

 

このブログでは、ダイエットについてのことも書いております。

というのも、自分自身が一時期とんでもなく太ってしまい、本格的に痩せなければヤバくなったからです。

見た目云々よりも、健康上の理由の方が大きいかもしれません。

 

そこから自分なりに、どうやったらダイエットできるのか色々と調べました。

そして、苦心の末、24のマイルールを作り上げました!

 

これで私は10kg以上痩せることができました!

 

あくまでも、マイルールであるので、全てがあなたに当てはまるかどうかはわかりません。

でも、正攻法のダイエットですので健康を脅かすなどの危険はありません。

 

もし、お悩みであれば参考にしていただければ。

 

40代からでも遅くない!ダイエットを成功させるための24のマイルール

では早速24のルールを紹介します。

(40代からでも遅くないというのは、私が40代になってダイエットに取り組んで成功したからです。)

 

イントロダクション&基本知識

ルール1ダイエットは食事と運動のコントロール
ルール2ダイエットしてどのようになりたいかを考える
ルール3運動はスポーツジムに通うことがオススメ
ルール4食事は極度の制限はせず、まずは置き換えから
ルール5睡眠の重要性
ルール6最初の3ヶ月は体重の増減は気にしない

 

詳しくは『24のマイルール「イントロダクション&基本知識編」』をご覧ください。

 

運動編

ルール7運動は習慣づけができるかが勝負である
ルール8ダイエットには有酸素運動と筋トレを組み合わせる
ルール9トレーニング全体の流れ
ルール10オススメ筋トレプログラム
ルール11有酸素運動は、走る・歩く・泳ぐ・自転車なんでも良い
ルール12有酸素運動は息切れするまでやる必要はなし
ルール13おなかをへこますには、腹筋運動は有効
ルール14運動はどれぐらいのペースで行えばよいか

 

詳しくは『24のマイルール「運動編」』をご覧ください。

 

食事編&まとめ

<食事編>

ルール15原則は1日3食、そして食べ過ぎないこと
ルール16カロリー計算に神経質になる必要はない
ルール17炭水化物(糖質)は悪ではない
ルール18食べる順番は重要
ルール19タンパク質は積極的に摂る
ルール20脂肪・脂分がある食べ物の正しい食べ方
ルール21食物繊維(野菜)をうまく摂取する
ルール22発酵食品は積極的に食べる
ルール23水は1日2ℓ飲む

 

<まとめ>

ルール24ダイエットは終わりなき旅である

 

詳しくは『24のマイルール「食事編」&「まとめ」』をご覧ください。

 

私のダイエット遍歴を振り返る

ここで、一度自分のダイエット遍歴を振り返ってみました。

 

幼少の頃は、大きくもなく小さくもなく、ごくふつうの体型でした。

小学生の頃は野球をやっていたものの、本腰を入れていたわけではなく、万年補欠でした。

中学、高校時代はバレーボールをしており、それなりに活躍していました、しかし身長は思ったほど伸びず、高校生の頃には止まってしまいました。

体重については中3の頃から、少し骨太の体型になってきたせいか、60kg後半と少し重めでした。

 

高校を卒業してからは、スポーツは特に行わず、体を動かすことなく過ごしてきました。

運動をしないにも関わらず、食べる量は減らないので、当然ながら自然と体重は増えていきました。

 

そんなうちに20代から30代となります。

当時は、身長173cmで体重は70キロ台後半で推移していました。

 

その間も、少しは体重を減らさないといけないと思うこともあり、食事の量を減らしたりなど、色々試してみるも効果はありませんでした。

 

そして、とうとう40代を迎え、とある日の健康診断で身体測定をしたところ、なんと体重が85kgまで増えてしまいました!

これはかなりショックでした・・・。

先ほども申し上げた通り、どちらかというと骨太な体型です。

見栄を張るわけではありませんが、いわゆるふっくらと言う感じの太り方はしておらず、スポーツ選手が引退した後のような太り方をしていました。

そのため、70キロ台後半でも、見た目で誤魔化せるだろうという、甘い考えがありました。

 

しかし、数字は正直です!

まさか自分が85kgなんて・・・。

 

さらに追い討ちをかけるように、健康診断の結果も良いものではありません。

太っていることによる弊害が徐々に現れてきたのです。

 

幸い、精密検査を行うようなことはなかったのですが、このままだと今後どうなるかわかりません。

ある日突然バタッと倒れてしまうなどシャレにもなりません!

 

これは、見た目をスリムしてモテたらいいななどとう片手間で考える状況ではありません。

さすがに本腰を入れて取り組む必要があるなと思うようになりました。

それが2015年の3月のことでした。

 

しかし、何から手をつけようと思い悩みます。

食事制限は、今までなんども挫折しており自信がありません。

 

やはり運動するしかないのか。

 

でも自宅で筋トレとか、外でランニングをするとかというのも、やはり途中で挫折しそうです。

特にマラソンは高校時代に散々走らされていたため、嫌いになっていました。

そんなこんなで、何も手がつかないまま、時が過ぎていきます。

 

そんなある日、自宅のポストに歩いて5分の場所に24時間のフィットネスジムがオープンするというチラシが入っていました!

 

おお、これは何かの思し召しかもしれないと直感しました!

今までジム通いは敬遠していたけど、そうも言ってられない!

 

簡易タイプのところなので、月額料金もそれほどかかりません。

こうして、私の本腰を入れたダイエットの挑戦が始まりました。

 

スポーツジムに通った成果等については、以下の関連記事を参照ください。

 

関連記事:

40代の自分がスポーツジム通いを継続できている理由を検証してみる

ジムに通って1年で10kg痩せたトレーニング方法

 

24のマイルールの補足

最後にマイルールについての補足です。

 

このマイルールで説明するダイエットは、ズバリ「長期計画で実践できる」かです!

実践する方法は「運動」と「食事」をメインとした正攻法のダイエットになります。

 

 

今までも話題になったダイエット法の中には短期で成果を出す方法があり、確かに痩せることはできます。

しかし、ほとんどの場合は目標体重になったら終わりで、その後何もしないと、すぐにリバウンドしてしまいます。

また、急激な減量は体への負担が大きく、健康を損なう危険性もあります。

 

そうなると、結局ダイエットすることが1つのイベントになり、太っては痩せ、太っては痩せの繰り返しです。

これでは体に悪いのは説明するまでもありません。

それに、ダイエットするたびにサプリメント等を購入したりなど、コスト的にも負担がかかります。

 

24のマイルールは、いわば当たり前の王道の方法ではありますが、リバウンドせず、太らない生活を習慣化するのが目的になります。

 

理想としているのは、バランスの良い食事が当たり前になり、運動することも食事や入浴、洗面、睡眠と同じように生活の一部として(つまりやらないと気持ち悪くなる)取り込めるようにすることです。

つまり普段の生活から太る習慣をなくすこと、そしてダイエットのための習慣が日常生活の一部となり、当たり前となることがです。

 

24のマイルールは「40代でもできるダイエット」という触れ込みですが、健康で体を動かすこと(ラジオ体操や軽いお散歩)ができれば、50代60代であっても大丈夫です!

 

今からでも遅くありません!

まずは何か1つでも良いので、取り組んでみて、理想のスタイルと健康な体を手にしましょう!

 

 

【ガチでダイエットするための24のマイルール】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました