軍艦島を観にツアーへ参加してきた【長崎旅行記】

スポンサードリンク
雑記

 

今回はいつもと趣向を変えて、長崎にある軍艦島の話題を。

 

昨年(2015年)、長崎へ寄った際、軍艦島を訪問したことをふと思い出しました。

そのときに、写真などもたくさん撮り、せっかくだからブログに記録に残しておこうと思いました。

 

軍艦島へ行くためクルーズツアーに申し込み

軍艦島へ訪問したのは2015年12月10日です。

 

当時勤めていた会社の九州にある事業所へ出張しており、たまたまスケジュールが空き、1日オフになりました。

それであれば、滅多に行けないところへと思い、軍艦島へ行くことにしました。

(この頃、すでに退職することも決まっており、今後九州に行く機会も少なくなりそうというのもありました)

 

軍艦島へは勝手に上陸することができません。

観に行きたいのであれば、クルーズ船の会社が行っているツアーに参加するのが一般的です。

そのため、事前に所定のツアーに申し込む必要があります。

私が申し込んだのはやまさ海運の軍艦島クルーズです。

軍艦島クルーズ | ユネスコ世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」
軍艦島上陸者数ナンバー1!軍艦島上陸者の4割が選んだやまさ海運の軍艦島上陸周遊クルーズ

 

やまさ開運のWebサイトからツアー参加申し込みができるようになっております。

自分もここから予約をしました。

予約が完了すれば、あとは当日にクルーズ船が出る長崎港へ行くだけです。

 

長崎港(大波止)で軍艦島クルーズ乗船手続き

宿泊先は博多でしたので、当日の朝、JRの特急かもめで長崎まで向かいます。

長崎駅到着後、島へ行くクルーズ船が停泊している長崎港(大波止)へ徒歩で向かいました。

歩いて10分ほどで着きます。

 

到着したら、クルーズ船専用の窓口があります。

そこで手続きをして料金を支払います。

クルーズ船の料金は全て込みで4,500円(大人)です。

thumb_IMG_0641_1024

 

 

この日は、平日にもかかわらず、世界遺産に登録された影響もあり、比較的混雑していました。

 

出航時間が近づいてきましたので、乗船します。

乗った船はこれです。

thumb_IMG_0642_1024

 

順に乗り込んで、いよいよ出発です。

 

軍艦島とは?

ここで、軍艦島について簡単に説明をします。

 

長崎市から南西約19kmの海上に浮かぶ島で、正式には端島(はしま)と言います。

1890年(明治23年)から製鉄用原料炭(いわゆる石炭)の採掘が始められた海底炭坑の島ですが、もともとは、草木のない水成岩の瀬にすぎませんでした。

その後、採掘技術の発達とともに、島の周辺を埋め立てながら護岸堤防の拡張を繰り返し、現在の島の形状となリました。

 

炭坑の開発と並んで従業員のための住宅の建設が盛んに行われ、1916年(大正5年)以降高層鉄筋アパートが、次々に建設され、最盛期には5,000人を超える人口を擁した高層鉄筋アパートが島内に林立しました。

その姿はまるで海の要塞の様であり、軍艦の「土佐」に似ているところから「軍艦島」と呼ばれる様になりました。

 

しかしながら、昭和30年代後半から、エネルギー改革の嵐を受け合理化が進み、石炭の採掘量も減ったことから、1974年(昭和49年)に閉山し、無人島となりました。

そして、2001年(平成13年)、当時の高島町(現在の長崎市)に無償譲渡されました。

 

しかし、建物の老朽化、廃墟化のため危険な箇所も多く、島への立ち入りは長らく禁止されていましたが、2005年(平成17年)、報道関係者限定で特別に上陸が許可され、荒廃が進む島内各所の様子が各メディアで紹介され注目を集めました。

2008年、まだ整備されていない箇所も多いものの、安全面での問題が解決され条例も制定されました。

そして、2009年より、島の南部に整備された見学通路に限り、観光客が上陸・見学できるようになりました。

 

2015年に世界文化遺産に登録され、ますます注目を集め現在に至っております。

 

軍艦島までの道のり

天気はあいにくの雨です。

もし、波が高く島に接岸できない場合は上陸できません。

海が荒れないように祈りながら目的地に向かいます。

目的地の軍艦島までは大体30~40分ぐらいです。

 

出発から40分ほど経過し、軍艦島が見えてきました。

thumb_IMG_0643_1024

確かに軍艦のように見えます。

 

ここで、船内のアナウンスが流れ、雨が降って足元が滑りやすいものの、波は穏やかなので上陸が可能とのことです。

遠くから来た甲斐がありました!

 

いよいよ軍艦島へ上陸!

無事に軍艦島に到着し、いよいよ上陸です。

 

上陸は、3グループに分かれ、専門のガイドさんの指示に違い、各グループごとに移動します。

一人で勝手に移動することはできません。

また立ち入りできる箇所も制限されておりますので、見ることができるのは本当に一部です。

建物の中へ入ることはできません。

 

 

上陸時に撮った写真です。

(訪れてからだいぶ経ったため、どこかどこだったかというのは忘れてしまいましたので、写真のみご覧ください)

thumb_IMG_0645_1024

thumb_IMG_0673_1024

thumb_IMG_0672_1024

thumb_IMG_0668_1024

thumb_IMG_0666_1024

thumb_IMG_0662_1024

thumb_IMG_0659_1024

thumb_IMG_0657_1024

thumb_IMG_0656_1024

thumb_IMG_0655_1024

thumb_IMG_0653_1024

thumb_IMG_0652_1024

thumb_IMG_0651_1024

thumb_IMG_0650_1024

thumb_IMG_0648_1024

 

実物は、まさに廃墟という言葉に相応強いものでした。

本当に不思議な空間でした。

ここにかつて1万人の人が住んでいたと思うと、不思議な気分になりました。

 

上陸していた時間は実質30分ぐらいでした。

途中、何度も小雨に降られることはありましたが、観に来てよかったです。

 

終わりに

見学終了後、再び船に乗り、島を1周した後、再び長崎港へ向かいました。

thumb_IMG_0678_1024

雨で窓が濡れていたので、あまりよく写っていません。

 

本当に見学だけですので、本当に何もありません。

ただこういう廃墟を見て、心に何か感じるものがあれば、一度訪問する価値はあると思います。

きっと世界遺産に登録されたことで、観光客も増えている可能性はありますので、見学の時はザワザワしてしまうと思います。

 

あと、当日上陸できるかは天候次第ですので、そこは運に任せるしかありません。。

 

軍艦島は見ることができて満足ですが、長崎市内などで他に行きたいところはたくさんあります。

また時間があれば、長崎や九州各地に旅行に行きたいです。

 

コメント