40歳を過ぎると痩せにくい4つの原因と太らないための3つの対策

スポンサードリンク
ダイエット・健康

 

私なんかは、高校を卒業して運動をやめた途端、あっという間に太ってしまいましたが・・・。

それでも歳をとるたびに痩せにくくなったなあというのを感じることはあります。

 

一番よく聞くのは

「昔はもっと簡単にダイエットできたのに、年取ってからなかなか減らない・・・」

とか

「若い時はいくら食べても大丈夫だったのに、40すぎてから急に太り始めた」

といった声。

特に女性に多いようですね。

 

そう若い時に比べやせにくくなったという現実!

 

そりゃ、若い時と違って体力もなくなったし仕方がないのかな思うこともあります。

でも、歳を取っても痩せている人だっています!

ということは、ちゃんと対策を立てれば痩せることはできるということです。

 

今回は、特に40代以降のダイエットはなぜ痩せにくいのか、色々と調べてみました。

そして、どのようにしていけば痩せるのかも、あわせて触れたいと思います。

 

40代以降に痩せにくくなる4つの原因

まず、40歳を過ぎると太りやすくなる原因は何なのか?

色々と調べてみると、主に次の4つのことが考えられます。

 

①基礎代謝の低下

基礎代謝とは、何もしなくても使われるエネルギー、

呼吸したり、体温を保ったり、血液を循環させたり、生きている最低限の運動量です。

 

基礎代謝は10代をピークに、その後減っていきます。

40代以降になると、それが顕著に現れ、食べる量(摂取エネルギー)は変わらないのに、太るスピードは速くなってしまうのです。

 

②筋肉量の減少

これも①と同じになるのですが、筋肉量は20歳前後がピーク、そして何もしなければ徐々に筋肉も減少していきます。

筋肉の減少は、基礎代謝の低下にもつながり、消費エネルギーも減っていくのです。

 

③女性ホルモンの減少・乱れ

こちらは主に女性に当てはまることになります。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは食欲を抑制する働きがあるのですが、40代になるとエストロゲンが減り、食欲が増え、内蔵脂肪が燃えにくくなると言われております。

 

もし、お腹周りが目立ち始めたら、女性ホルモンが減少しているかもしれません。

 

そしてエストロゲンの減少により、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスが取れず、結果として女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

女性ホルモンのバランスが乱れると、さまざまな不調を引き起こしますし、満腹中枢を刺激し、食欲を抑えたり、脂肪を消費する働きを良くしてくれるエストロゲンのバランスが崩れることは太る原因になります。

 

④セルライトの蓄積

40歳を過ぎ、筋肉量が徐々に減ることはすでに触れた通りです。

さらに、その影響から、お腹まわりやお尻、そして太ももを中心にセルライトが付きやすくなります。

 

セルライトとは皮下脂肪のかたまりのことです。

皮下組織の中に脂肪細胞があり、その周りには毛細血管や毛細リンパ管が張り巡らされ、老廃物を吸収し、血液に排出する働きを持っています。

しかし、老廃物を吸収しきれずにあふれ出てしまうと、脂肪細胞に吸着してしまいます。

これが積み重なってできたものがセルライトなのです。

 

セルライトができると、不要な老廃物がたまってしまい、スムーズに排出されなくなってしまうので痩せにくくなってしまい、むしろ太りやすくなってしまうのです。

 

それ以外に、食生活の乱れやストレスなどが原因に挙げられるケースもあります。

(でも、これは年齢に関係なく太ってしまいますが・・・)

 

40代以降でも痩せるためにできる3つの対策

歳をとると太りやすくなる原因はわかりました。

 

でも、ここまま何もしなければ、太る一方です。

やはりみっともないので、ボディラインは保ちたいですよね。

 

安心してください!

ちゃんと対策をすれば大丈夫!

うまくやれば、今まで以上に痩せることだって可能です。

 

そのために、次の3つのことが大事になります。

 

①原則はやはり食生活と適度な運動、そして睡眠!

これを読んで「何だ、結局それなのか」と思ったことでしょう。

 

しかし、ダイエットの原理原則は何歳になろうとも同じです!

食べ過ぎたり、食事の栄養バランスが悪ければ太ります!

だからこそ、適度に体を動かしてカロリーを消費することが重要になるのです。

筋力をつけて基礎代謝も維持することも、40をすぎても十分効果があるのです。

 

そして、特に40歳を過ぎて重要視してもらいたいのは「睡眠」です。

歳をとると疲れが溜まりやすくなり、仕事等でも責任が大きくなりストレスを多く抱えてしまうもあるでしょう。

そのため、生活リズムも崩れやすく、睡眠が十分に取れないことも多くなります。

しかし、できれば、ダイエットだけでなく健康のためにも睡眠時間を確保できるよう見直しをしたいところです。

 

食事時間は不定期でバランスを取るのが難しいし、運動をする時間もなかなかないというケースもあるかもしれません。

それであれば、なおさら睡眠に重点を置くよう心がけてください。

それぐらい、睡眠は重要なものなのです!

 

②女性ホルモンに良いものを積極的に食べる

40を過ぎて女性ホルモンが減ってしまうのであれば、効果がある食材を食べることで、影響を少なくすることもできます。

 

食べると良い栄養素は次の通りです。

イソフラボン大豆製品に多く含まれています。
ビタミンEホルモン分泌を促します、アーモンド、ウナギなどに含まれています。
ビタミンB6女性ホルモンの一つであるエストロゲンの代謝に必要、鮭、まぐろ、さんま、いわしなどに含まれています。
ビタミンCストレスがあるとホルモンバランスが崩れてしまいます。ビタミンCは、ストレス軽減に役立ちます。野菜や果物に含まれていることが多いです。
DHA、EPAホルモン分泌を活発にします。青魚に多く含まれています。

 

もちろん、女性だけでなく男性にとっても栄養価の高い食べものです。

女性ホルモン云々関係なく、積極的に食べるようにしましょう。

 

③セルライト対策

そしてもう1つ、セルライトです。

 

基本的にセルライトができてしまうと、なかなか除去できず、エステサロンなどで施術してもらうことが多いとされます。

 

しかし、サロンなどとんでもないという声もあるでしょう。

その場合、自分自身でできる対策として、セルライトの部分を温めて血行を良くすることが効果的です。

血行を良くすることで老廃物を排出するだけでなく、代謝を良くして脂肪を燃やせます。

 

また、唐辛子や肉類など代謝を良くするものを食べたり、ストレッチなどちょっとした運動をすることで改善することができます。

 

まとめ

以上の通り、40代になっても基本的にはダイエットを行う方法についてとりあげました。

やることは一般的なダイエット方法をほぼ同じではありますが、普段以上に食事や運動を見直して、積極的に取り組むと良いでしょう。

 

人により体質等の差はありますが、歳をとることだけは、誰にでも平等にやってくるものなのです。

だからこと、歳をとって痩せにくくなったと悲観せず、それを受け入れることがダイエットを成功させる秘訣なのかもしれません。

 

コメント