話題のグルテンフリーダイエット、本当は効果がない理由とは?

スポンサードリンク
ダイエット・健康

 

数年ぐらい前から「グルテンフリー」という言葉を聞くようになりました。

私が知ったのは、テニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチ選手が実践しているというのがきっかけです。

それについて書かれている本も出版されております。

 

 

ジョコビッチ選手はアレルギーで小麦を含んだ食品を食べることができません。

そこで小麦を抜いた食事を実施したところ、体調が良くなり、テニスでも結果が出るようになりました。

その時に実践した食事法について書かれております。

 

この小麦を抜く食事方法、「小麦=炭水化物・糖質」ということにつながります。

つまり、糖質を取らないことになるので「糖質制限→ダイエット」と連想することもできます。

実際、今ではグルテンフリーでダイエットをするという方法が流行っているようです。

 

でも、個人的にグルテンフリーはアレルギー体質の人が実施するものというイメージが強いため、本当に効果があるのかどうかというのが疑問です。

 

そこで「グルテンフリー」について調べてみました。

あわせてダイエットの効果はあるのかも検証します。

 

そもそも「グルテンフリー」とはどういうものか

まず「グルテンフリー」のあらましについて調べてみました。

 

グルテンフリーはアメリカが発祥の食事方法の1つで、名前の通りグルテンを使わない食事方法になります。

グルテンというのは、小麦を始め、大麦やライ麦、オート麦などの麦類に含まれているタンパク質の一種です。

ここでポイントなのはグルテンは炭水化物・糖質を指すのではなくタンパク質ということです。

 

グルテンには食物に弾力や粘り気を出す働きがあり、うどんにコシやふくらみがあるのもこの作用によるものです。

 

その一方で、食べるとアレルギーを引き起こす可能性があり、腸の疾患などかかるおそれがあるといわれています。

ひどい場合、小腸に炎症が起こり、体に必要な食べ物の栄養分を吸収することができなくなるセリアック病という病気が起こる危険性もあります。

そのため、セリアック病や腸の疾患を予防・改善を図るために生み出されたのがグルテンフリーという食事療法なのです。

 

つまり、卵アレルギーなどのように、特定の食べ物等にアレルギーを持つ方のための食事方法の1つというのが、本来のグルテンフリーになります。

 

 

グルテンフリーがここまで普及した理由

グルテンフリーは、もともと特定の症状に対する食事療法です。

 

ですが、野菜や果物を加熱せずに生のまま食べるローフード、玄米菜食を中心としたマクロビオティックなど食事や健康に対する意識が高い欧米でグルテンフリーのことが知れ渡ると、試す人が出てくるわけです。

そして、グルテンによるアレルギーがない人々もグルテンフリーをとり入れたところ、体の調子がよくなったというクチコミが広まりました。

 

そのことから、美や健康への意識が高いセレブを中心に注目されるようになり、日本にも知れ渡ったものと考えられております。

 

さらに、先ほどのジョコビッチ選手の書籍が出版されたことなどで、さらに広まったと思われます。

 

グルテンフリーのダイエットは科学的根拠がない!

実際にグルテンフリーを実践してダイエットできたという話もあるのですが、それはどのような理由からなのでしょうか?

 

グルテンは水に溶けにくく残ってしまう性質を持っており、体内の血糖を上げてしまうと言われております。

そのため、グルテンを取らず血糖値を上げないようにすると、脂肪蓄積の原因になるインシュリンが多く分泌されないようになります。

そこから、太りにくい体になるという効果を期待したのがグルテンフリーダイエットというわけです。

 

やり方は簡単!

グルテンを含む小麦粉が原料の食品(うどん、パン、ドーナツ等)を食べないようにするだけです。

炭水化物類はお米や大豆、あるいはそばなどを食べるようにします。

グルテンが含まれている食品にはパンやピザ、ケーキなど、カロリーの高い食べ物に含まれていることが多く、自然と摂取カロリーも少なくなることから、ダイエットにつながるという効果もあります。

 

 

しかし、現在のところグルテンフリーの効果については、医学的には証明されていないのです。

 

麦類には、ビタミンB群や、鉄分などのミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、極端なグルテンフリーを実施すると、体に必要な栄養素が摂取できなくなり、栄養の偏りが生じる可能性あります。

正直なところ、グルテンフリーで期待できるのは、小麦類の過剰摂取を抑えることができるということだけでしょう。

適度であれば、続けることにより、免疫力アップや美肌効果も期待できると言われておりますが、こちらについても科学的な実証はされておりません。

 

したがって、現時点ではグルテンフリーはセリアック病や小麦アレルギー等を持つ方の食事療法として捉えるのが正解です。

ダイエットのために取り入れるというのは栄養バランスも悪くなるためオススメできません。

それに、醤油や味噌などの調味料にも小麦が含まれているものもあるので、完全なグルテンフリーを実施するのは、なかなか難しいのです。

 

特にアレルギー等を持っていないのであれば、無理してグルテンフリーを実施することはありません。

美容と健康を考えるのであれば、逆に適度に麦類を食べるのが良いのです。

 

あまり美容やダイエットに対する意識を高く持ちすぎた結果、体を壊しては元も子もないですからね。

 

コメント