【画像あり】男のミニマリスト一人暮らしの部屋を公開しよう!

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

ここ数年、断捨離やミニマリスト、終活など、片付けやシンプルに暮らすことに注目されています。

実は私も、モノをあまり持たずに8年ぐらい生活を続けています。

 

最近は、勢いよくモノを捨てたりすることはないのですが、なんだかミ再びモノを捨てたい病を発症してしまいました(笑)

 

今回、今現在の自宅の部屋を公開します。

そして、今後の改善や野望などについても触れたいと思います。

 

現在住んでいる部屋の間取りなど

最初に、現在住んでいる自宅について説明します。

 

住まいはUR(旧公団の団地)の典型的な2DKで、今は一人で住んでおります。

2DKは「リビング」「ダイニング」「寝室」にとして使っており、一人暮らしとしては十分な広さがあります。

(ただ、ミニマリストの住まいとしては広すぎかなとも思いますが・・・)

 

2016年6月に札幌に移住してきたので、住んでから2年7ヶ月になりました。

 

続いて、各部屋の様子を公開します。

 

【関連記事】

 

ミニマリスト男性のリビング

まずはリビングから。

ざっとこんな感じです。

 

5畳ほどの広さの和室になります。

 

普段一番生活するところなのと、多少オシャレに見せたくて、床にはポリプロピレンのゴザを敷いています。

リビングにつきもののテレビ、そしてソファは置いておりません。

大きな家具はIKEAで買ったテーブル、通販で購入した座椅子ぐらいです。

あとは、照明があるぐらいです。

 

窓にはカーテンなどもつけていません。

北海道の住宅は、寒さ対策のため二重窓になっております。

さらに曇りガラスを使っているということもあり、カーテンをつける手間も省けラッキーでした。

窓の上にちょこんと乗っかっているのは、タブレットでテレビを見るための機器です。

 

押入れもついてますが、あまり物は入ってないほうかなと。

上の天袋と押入れの下段はほとんど空です。

(一番下のダンボールは売ろうと思っている本)

 

唯一贅沢品?として実家からもらったコンポを設置しています。

 

【関連記事】

 

ミニマリスト男性のダイニング

続いてキッチンダイニングです。

ダイニングキッチンは唯一のフローリングです。

ここは炊事(料理)と普段の作業をする場所として使っています。

 

作業机と椅子は引越ししてから買いました。

本当は、リビングで座椅子に座って作業してもいいのですが、だらけた姿勢になるのと、腰などを傷めてしまうため、必要品と割り切りました。

 

キッチンはなるべくスッキリさせたいので、見える場所に物はあまり置かないようにしております。

鍋やお皿、食材などはすべて備え付けの収納に入れてます。

 

ちょっと汚いですね(笑)

ここはこれからの改善点ですね。

 

また、冷蔵庫とオーブントースターは20年ほど前に父親が単身赴任していた時に使っていたものを譲り受けました。

今のところ壊れず動いているので、ギリギリまで使うつもりです。

隅っこにあるのはコーヒーメーカーです。

最初は一杯づつ入れるドリップで飲んでいたのですが、一杯づつだと面倒なのと、結構コストがかかるので、結局購入しました。

上のパイプにところにくくりつけているのは、インターネットのルーター類です。

 

なお、キッチンにある4段の引き出しが便利で、小物類はすべてここに収納しています。

中身は秘密です(笑)

 

窓にはレースカーテンのみつけています。

10年ほど前に買ったものを、ずっと使い続けています。

これがないと丸見えなので。

 

ミニマリスト男性の寝室

次は寝室に移ります。

見たまんま、ガランとしています。

唯一置いてるのは、加湿器と小型のフロアライトだけです。

天井の照明もつけてませんし、カーテンもなしです。

 

寝室には押入れがあり、ここには寝具と衣類をすべて収納しています。

 

天袋にあるのは、備え付けの風呂ふた、シャワートイレ設置で一時的に外した便座が入った箱、光ファイバーのルーターが入っていた箱です。

捨てることができないので、仕方がなくここに。

 

本当は、寝るのもリビングでいいのですが、そのまま放置すると部屋がダメになるので、贅沢に寝室専用部屋として使ってます。

 

ミニマリスト男性の玄関や水回りなどは

2DKの部屋をひと通り晒したあとは、玄関やトイレ、お風呂を少しだけ。

 

玄関

まずは玄関。

玄関にはなるべく靴は置かないようにしています。

(普段は画像にある物置に収納)

 

目の前に蛇口があり、服をかけるのにちょうど良いので、ジャケットやコートをかけることが多いです。

上向きになっている不思議な蛇口については、「北海道の家にある蛇口になぜか逆さまのものが?実は驚くべき理由が!」を参照ください。

 

足元にあるのは体脂肪計(体重計)、少し見えているのは洗濯機です。

 

風呂

次は風呂場です。

ちらっとだけ。

湯船にかかっているのはバスマットです。

風呂桶やイスはありません。

 

トイレ

最後にトイレを。

トイレにもあまり物は置きたくないので、必要最低限だけです。

シャワートイレだけは、便利さを知ってしまうと、どうしても手放せません。

トイレマットやスリッパは置いてません。

どうせ自分しか使わないので、まめに拭き掃除すれば大丈夫です。

(なお、最近は小をするときも座るようになりました。汚れ方やニオイが全然違いますね!)

 

まとめと今後の課題・目標

いかがでしたでしょうか?

殺風景に見えたか、それともさほどでもないかと思ったか?

 

今のところ、見えるところはなんとか取り繕ってスッキリさせるようにしています。

これもずっと続けていれば慣れるものです。

 

ただ、最近はあまりモノを捨てられておらず、不要なものがあるなと感じています。

先ほどのキッチンや寝室の押入れの中など、ちょっとゴチャゴチャした感じです。

ミニマリストを名乗るなら、この辺も改善しないといけません。

 

また、玄関前の物入れもちょっと汚いです。

ここも、もう少し整理整頓しないといけません。

 

今後の課題は、見えない場所の整理です。

改めて片付けをして、本当に必要なものだけを残し、いらないものは処分します。

 

この記事は、今後も随時更新予定、

片付いた押入れや物置の収納の改善後も公開しようと考えています。

 

また、ミニマリストとまでは言えないものの、自分がミニマムな暮らしをしようと思った経緯や、持ち物やファッションのことなどについても、おいおい取り上げる予定です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました