【最新版】ミニマリスト男性(40代)のファッション|服と靴を公開

スポンサードリンク
ミニマリスト

ミニマリストっぽい生活をしている私が普段どんな格好をしているか?

最近あまり気にしていなったせいか、多少服が増えているような気がします。

 

そこで、自分の持っている服と靴を一度整理することにしました。

試しに服を全て出してみたら、冒頭の写真の通りになりました。

 

今回は、自分が持っている服を全て晒し、こだわりのポイントなど説明します。

さらに、今後どのようにしたいかについても書きたいと思います。

 

※実際に服をどのように着こなしているかのファッション面については以下の関連記事も参照ください。

【関連記事】

 

ミニマリスト男性の私が服装を選ぶ際のポイント

まず、服装を選ぶ際の自分なりのこだわりのポイントについてまとめました。

  • 基本はシンプルで単色(黒が多い)が好き
  • 柄物は似合わないでなるべく着ない
  • 高級ブランド物にあまり興味なし
  • ファストファッションを選ぶことが多い
  • 好きなブランドは「H&M」でユニクロは好きではない
  • デザインが良ければノーブランドでも良い
  • フリーで仕事をしているのでスーツは滅多に着ない
  • 札幌に住んでいるが、基本暑がりなので冬でもあまり着込まない
  • 靴はスニーカーが好き

 

基本的には服にはあまりお金はかけず、それでもみすぼらしくならない程度にシンプルに見せるよう心がけています。

 

実際に持っている服と靴を公開

それでは、実際に今持っている服を公開します。

 

コート・ジャケット類

左から順に

  • Columbiaのマウンテンパーカー(黒)
  • H&Mで購入したネイビーのジャケット
  • 通販で購入したノーブランドのダウンコート

 

これらは秋から冬にかけて着てます。

寒さに合わせて選んでいます。

 

特に真ん中のジャケットはコーディネートしやすく愛用しています。

 

スーツ類

こちらはほとんど着ないのですが、一応大人として持っています。

写真が反射して見辛いですが、一番右はいわゆる礼服です。

その隣は縞が入ったブラックスーツです。

そして、なぜかネクタイが6本もありました。

 

また、礼服の小物として数珠も持っております。

あまり出番がないことを祈ります。

ワイシャツ類

ワイシャツ類は数えたら7着ありました。

(スーツで出てきた1着を含む)

 

普段着ているのは左の4着、これを着まわしています。

一番左は実家でもらったrenoma、他3つはH&Mで買ったものです。

これは夏以外によく着ており、Tシャツと合わせています。

 

Tシャツ・その他アウター

こちらは横着してまとめて撮ってしまいました。

(自分のガサツさがよく出ていますね・・・)

 

一番右にあるのがTシャツです。

数えたら8着ありました。

カラーは黒4、ネイビー1、ブルー1、ベージュ1、グレー1です。

4着はH&M、もう4着は通販(楽天)で500円で購入しました。

 

真ん中は秋冬のアウターやインナーです。

下3つはいわゆるヒートテック的なものを通販で安く入手、

上の3つはトレーナー、H&Mで買いました。

 

ボトムス(ズボン)・小物類

先ほどの写真の左側に写っているのがズボンです。

3本持っており。いずれも通販(楽天)で安く購入したものです。

デニム2本と、黒のチノパン1本です。

ベルトは1本です。

 

小物類は黒のマフラー(H&Mで購入)、手袋、ニット帽(いずれも貰い物)です。

 

スポーツウェア

普段、スポーツジムに行っているので、これは欠かせないアイテムになります。

Tシャツ、ハーフパンツ、ランニングタイツのセットが3つあります。

スポーツウェアだけは、ブランドはNIKEで統一しています。

着心地と機能性を考えると、やはりそれなりのメーカーものでないとダメでした。

本当は1セットあればいいかなと思うのですが、これだけはちょっと贅沢して3セットと見栄を張ってしまいました(笑)

 

スポンサードリンク

 

靴下・インナー類

靴下についてはあまりこだわりがなく、どこかで3足1,000円で買ったものです。

柄物は持っておらず、黒とグレーなど地味な色の単色が中心ですが、1足たりとも色かたちのものはありません。

 

下着(パンツ)はここ5年ほど、BODYWILDのローライズボクサーを履いてます。

これが一番履き心地がよく気に入っています。

全て色違いで6着持ってます。

 

なお、北海道など極寒地で履かれていることが多い、股引・防寒タイツは持っておりません。

今のところ、履かなくても耐えられるので大丈夫かなと。

 

靴下と下着についての考え方については以下の記事も参照ください。

 

【関連記事】

 

靴は数えたらなんと8足もありました。

左上から順に、ビジネスシューズ、冬用普段靴、冬用雪靴、トレーニング用シューズ。

左下から順に、夏用マリンシューズ、普段ばきスニーカー、普段用デッキシューズ、予備のトレーニングシューズです。

 

北海道の場合は、どうしても雪の上を歩くので、冬用の靴は必要になります。

本当はオールシーズン、スニーカーで通したいくらいなのですが、さすがに転んでしまいます。

 

右下のマリンシューズは夏に裸足でサンダルがわりに履けないかなと思い買いました。

ただ、そこが薄いのが難点、多分このまま処分です。

 

丹前(ドテラ)・カーディガン

これは、北海道に越してくる前、東京の冬に室内では折るために買ったものです。

一応そのまま取ってあるのですが、北海道では室内が暖かいので使ってません。

 

こちらはカーディガン。

実家で着ないのでということでもらったものです。

個人的にはあまりデザインは好きではないのですが、ちょっとそこまで出かける時などには便利なので、室内着代わりにしています。

 

スポンサードリンク

 

まとめと今後の方針

以上が私が保有している服と靴になります。

 

果たしてこれが同世代(40代男性)に比べ多いか少ないかはわかりません。

ですが、ミニマリストとしては、まだまだ多すぎでした!

 

しかし、一度並べてみたことで、どのように整理すれば良いかの目処が立ちました。

まず、すぐできることとしては、

 

  • ネクタイを減らす
  • ワイシャツを減らす
  • Tシャツを減らす
  • 靴下を減らす
  • 靴を減らす
  • 丹前の処分

 

これをやるだけでも、かなりスッキリしそうです。

本当はトレーナーも迷っているのですが、さすがにないと冬が厳しそうなのでキープします。

 

今回は、持っている服をどのように着たり、組み合わせたりというところまでは触れません。

(触れなくとも、なんとなくイメージはつくと思いますので)

 

今後、ここからどこまで減らせたかについても、随時更新していく予定です。

 

【関連記事】

 

ミニマリストとはいえ、パートナーとのお出かけやハレの舞台では、いつもの定番ではなく良いものを着たくなることもあるでしょう。
しかし、そのような服はそれなりの値段がして、普段の日は着ないのであれば勿体ないです。
最近では、ファッションでもサブスクリプションサービス(ファッションレンタル)が注目され始めています
大手だと「メチャカリ」などが有名、メチャカリは女性ものがほとんどですので、メンズものならば「leeap(リープ)」などのサービスもあります。
自分の持ち物を増やさずファッションを楽しみたいのであれば、ファッションのサブスクリプションを利用するのがオススメです。

▶️「男版メチャカリ「leeap」毎月定額のファッションレンタル

 

ミニマリスト
スポンサードリンク
きたかぐらのTwitter・Instagramはこちら



きたかぐらの北海道移住一人暮らしミニマリストブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました