ミニマリストになって変わったことと変わらないこと

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

ミニマリストになりたい。

そう思うようになったのは、モノであふれた汚い部屋をキレイにしたいというだけではありません。

 

身の回りがスッキリキレイに整い、自分の中で何か変化が現れること。

そんな期待も心の奥底にあることでしょう。

 

自分の場合も例外ではありません。

といっても、あまり深く考えてはいませんでした。

 

  • 身の回りから無駄なものをなくして解放された気分になりたい
  • 「物が減る=無駄遣いがなくなる」→お金が増える

 

これぐらいのことが叶えばいいなあと思ってました。

 

巷に溢れるミニマリスト本や片付け本には「片付けることによってあなたも変わることができる」と具体的にどうなったということが書かれております。

中には本当にそんなことまで変化が現れるのかと疑問なものも。

 

今回は、関連本によく取り上げられる主な項目を取り上げ、自分自身の体感で

ミニマリストになって「変わったこと」「変わらないこと

について分けてみました。

さらに、現在もさらなるミニマリストを目指している自分自身が「今後変わるのを期待したい」ことについても取り上げます。

 

ミニマリストになって変わったこと

まずは、ミニマリストになってから、自分自身でも変化を感じたことについてです。

  • 人と比べなくなった、人の目線を恐れなくなる
  • 自由と解放感を感じられる
  • 節約するようになる
  • 貯金が増えた

 

自分自身で実感したのは、上記の通りです。

 

人と比べなくなったことについては、比べるというよりかはミニマリストとして暮らしている人がいると知った安心感の方が大きいです。

それまでは、周りはどんどん結婚して豊かなものにあふれた生活をしているというのを心の奥底で羨ましくも思っていました。

当時の自分は、収入も少なくみずぼらしい生活をしていおり、本当に惨めな気分で生きていました。

でも、ミニマリストという存在を知り、モノを少なく狭い部屋でも心豊かに暮らしていることを知りました。

そう、別に周りに合わせる必要はない。

そういう生き方もありなんだと割り切ることができました。

ならばと自分でも無駄なものをどんどん処分し、身軽にしたらとてもスッキリしました。

 

一度バッサリとモノを処分したら、不思議なもので、これ以上モノを増やしたくなくなるのです。

100円ショップなどによって、便利グッズを見つけても、本当に必要かと考えるようになりました。

そして、徐々に自分にとって不要なものは買わないという思考が身についていきました。

 

そうなれば、当然無駄遣いが無くなりますから、自然とお金も貯まるようになりました。

 

ミニマリストになっても変わらなかったこと

一方、ミニマリストになっても変わらないこともあります。

関連本ではこんな変化があるよと書かれているのですが、自分としては変化を感じていないことです。

  • 行動的になれる
  • 質の良いものを求めるようになる
  • 集中力が高まる、自己に徹する
  • 健康になれる
  • 食生活が変わる
  • 人との関係が変わる
  • 感謝できる

ここに取り上げたものというのは、おそらくミニマリストを目指して大きく期待していることではないでしょうか。

ただ、個人的にはあまりこういう期待を抱きすぎると失望が大きいと思っていることです。

 

特に一番期待したい人との関係。

自分自身が変わることで、周りの人間の接し方も変わってくるかもしれない。

でも、変化を感じることはありませんでした。

結局周りは自分のこと以外あまり興味がないので、そんな変化に気がつかないのです。

特に会社ではそれが顕著でした。

 

ですから、会社の居心地が変わることはなく、自分も社内にいるときは何も変わらない状況でした。

家に帰ると仕事の疲れで何もしたくなくなり、生産的な活動ができない。

だから集中力も自己に徹することもできなかったのかもしれません。

 

次にミニマリストになることで質の良いものを求めると言われますが、全然そんな気持ちにはなれませんでした。

無駄遣いがなくなることでお金が貯まるのは間違いありません。

しかし、だからと言って収入が増えるというわけでもありません。

逆にお金が貯まるようになると、さらに増やしたくなりケチになります(笑)

もともと自分が貧乏性でブランド物にあまり興味がないというのもあり、今でもあまり高品質のものを持っていません。

 

ミニマリストになると食に対しても変化が起きて、質の良いものを求めるという主張もあります。

これについても自分にはあまり当てはまりませんでした。

ミニマリストになろうが、お腹は空きます。

むしろ、物にお金を使わなくなることで、食に流れてしまいます。

これで油断するので、知らず知らず太ってしまうなんてこともあります。

 

食生活と健康については、ミニマリストとの思考とは別に、ちゃんと自分自身で気をつけていないとダメです。

 

今後ミニマリストを続けて変化を期待していること

今回は、今の自分がミニマリストになって変化を感じたことと感じないことについてまとめました。

このように整理してみると、実はあまり何も変わっていないじゃないかと感じました。

 

ミニマリストであることは、最近になって公言したばかりです。

結局それまでは、単なる自己満足であって、本気でミニマリストになろうという覚悟ができていなかったのです。

それゆえに自分の中でモヤモヤしたまま、変化しきれなかったのかなと今になると感じます。

 

でも、もう今では自分の中に迷いはありません。

ミニマリストと知られた以上、いい意味で見られている緊張感も出てきます。

これによって自分の中の意識が変わっていけばいいなと考えております。

ここから行動力の変化や人間関係が自然と変化していくのが理想です。

 

でも、よくよく考えてみれば自分自身も今後の人生を変えるために会社を退職して北海道に移住しました。

移住したことで、以前の人間関係も整理でき、新天地で新しいコミュニティに参加したりと着実に変化はしています。

ただ、現状に満足しているわけではなく、さらに心身共に充実した生活をしたいですね。

今現在も身の回りの整理やミニマリストの生活を追求中ですので、このブログでもっと積極的に発信していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました