ミニマリスト的に考える電子書籍と紙の本のメリット・デメリット

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

ミニマリストといえば基本的にモノが少ない人達のことを指します。

なるべくモノを増やさないように、日々の生活に気をつけていますが油断するとすぐに増えてしまうものです。

その中でも一番頭を悩ませるのは本ではないでしょうか。

文字が中心の本はもちろん、マンガも含めたら当てはまるって人は多いのでは?

 

そのため、ミニマリスト的にはモノが増えないように電子書籍を利用していることが多いです。

今では電子書籍がかなり一般的にはなりましたが、一昔前は自分で買った紙の本を裁断して電子化する作業(自炊)することが流行っていたこともありました。

そこまでしてモノを減らそうとしていたのです。

 

私自身もやはり増えていく本に頭を悩ませていました。

自炊するまではしませんでしたが、覚悟を決めて処分をしました。

そして、それ以降は本はなるべく電子書籍で購入するようにしていました。

 

しかし、なんでもかんでも電子書籍で買えばいいってもんじゃない。

最近になって、そのことに悩むようになりました。

 

今回は、電子書籍と紙の本のメリットとデメリットを改めて考えてみました。

そして自分が考える電子書籍での悩みと、今後はどのようにしていきたいか書いてみました。

 

電子書籍と紙の本のメリットとデメリットを洗い出してみると

まずは、電子書籍と紙の本それぞれのメリットとデメリットを比較してみました。

電子書籍紙の本
メリット
  • 保管する場所を取らない
  • 紙の本より安いことが多い
  • 拡大・縮小が簡単にできる
  • 持ち運びが容易
  • 書き込みができる
  • 電気やネットが不要
デメリット
  • 専用の端末(タブレットなど)を購入する必要がある
  • ネット環境が必須
  • 電子化されていない本がある
  • 保管場所が必要
  • 濡れたり破れたりすると読めなくなることがある

 

主だった特徴としてはこのようなものでしょうか。

 

今では電子書籍を扱うWebサイトも増えてきておりますが、主要なところは

特にkindleのシェアが群を抜いているのではないでしょうが。

 

それ以外にもいくつかありますが、丸善・ジュンク堂系の「honto」も有名です。

hontoは随時割引になるクーポンやポイントが増えるキャンペーンが多く、お得に購入できるチャンスが多いです。

 

自分も割安に購入できることから、最近は電子書籍で買うことが多くなったのですが、このことで悩むことも出てきたのです。

 

電子書籍ならではの悩み

電子書籍は確かに便利です。

在庫は無限ですから、購入すればすぐにダウンロードして読むことができます。

最初のうちはページめくりの勝手が違い違和感がありましたが、慣れてしまえば紙の本とさほど変わりません。

しおりを挟む機能や、アンダーラインを引くオプションもついており、必要な箇所はすぐにチェックできます。

 

ただ、それゆえに困ってしまうことも出てきました。

 

それは、どんどんリストに本が溜まってしまい、整理するのが大変なのです、

単純に並び替えや見たい本を探すのは簡単ではあります。

でも、その中には不要になった本も混ざっているのです。

 

紙の本であれば、いらなくなったり読まない本は、処分すればいいだけです。

でも電子書籍だとそのまま残ってしまうのです。

 

参考書やマニュアル、ハウツー本など何度も読み返す本は手元に置いておくことが多いでしょう。

でも、雑誌類・小説・ノンフィクションなどの読み物などは、1度か2度読んだら満足して、読み返すことは滅多にありません。

昔の自分だったら自分の記録として本棚にそのまま保管していたでしょう。

でも今は場所を取るだけですので、読み終われば処分してしまいます。

 

電子書籍でも処分は簡単そうなのですが、実は購読アプリから消すのが大変なものが多いのです。

少なくともkindleは簡単に消す方法はありません。

(hontoは可能)

 

物理的に本が溜まらないならいいのではと思われがちですが、実は電子的なものも余計なものがあるのが嫌なものなのです。

例えば自分は、パソコンやスマホなどで、いらないファイルやメールなども残っているのが好きではなく、いらないものはどんどんゴミ箱へ捨てています。

電子書籍も同様にしたいのですが、どうしても残ってしまうのが何とも悩ましいのです。

 

確かに紙の本を違い、電子書籍のコンテンツ(本)を中古で売るなんてことはできないですから、一度購入したものは半永久的にデータとして残ります。

本当は購入費用が無駄になっても良いので削除したいぐらいなのですが・・・、電子書籍で買ったものは溜まっていく一方です。

 

電子書籍と紙の本を読む目的に合わせて使いこなす

結構長い期間、電子書籍を購入してきて、今頃になってこんなことに悩むのもバカバカしい話ではあります。

今後、その悩みを解消するには目的によって電子書籍と紙の本を使い分けるしかありません。

 

  • ハウツー本や参考書的に読む書籍はできるだけ電子書籍で
  • 1~2度読んで満足する小説や雑誌類は紙の本で

 

紙の本はいらなくなれば処分すれば良いので、手元にも記録にも残りません。

(万が一、再度読みたくなれば買い直すか図書館へGOすればいいので)

 

あとは処分する手間を惜しむかどうかも考えどころかもしれません。

そんな時間が勿体無いというのであれば、また別の方法を検討するしかありません。

 

個人的には本の処分は手間ではありませんので、基本的には普通に売ったりすることが多いです。

一番利用するのは、やはり「ブックオフ」 です。

価値ではなく本の状態で値段がついてしまうことで賛否両論ありますが、それでもいくらか値段をつけて買い取ってくれるのであれば悪くないです。

最近は、自宅までの引き取りサービスの手間も伝票類を容易しなくてよかったりと手間も減って便利になってます。

また、価値がつかなく0円になってしまうものも引き取ってくれるので、無駄にならないと考えれば良いのかなと思います。

 

【自宅で箱に詰めるだけ!】ブックオフのネット宅配買取サービスはこちら

 

 

さらに、もう少し手間をかけても良いという場合、

そうなるべく高く本を買取してほしいケース。

専門書を高く査定する業者もあります。

専門書といっても特別なものではなく、普通の書店で売っているようなものでも買取してくれます。

この場合は、ブックオフに比べ書類の準備や発送手続きなどやらなくてはいけないことはありますが、高くなりそうな見込みがあれば利用する価値はあるでしょう。

 

専門書の高価買取店【BOOKRIVER】の詳細はこちら

 

 

以上、ミニマリスト的に考える電子書籍と紙の本についての考察でした。

何でもかんでもモノを少なくするというわけでもなく、ケースバイケースで使い分けていけばいいのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました