【ミニマリスト】私が学校の卒業アルバムを全部捨てた理由【断捨離】

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

ミニマリストになる。

あるいは汚い部屋を綺麗にするため、思い立って断捨離をする。

 

思い立って実行したはいいけれど、必ず壁にぶつかります。

それは思い出の品を捨てられるかどうか!

 

思い出の品の中でも一番頭を悩ませるのは学校の卒業アルバムではないでしょうか?

 

これについては「捨てるなんてとんでもないと」という声も出てくるでしょう。

その一方で学校にいい思い出なんてないからどうでもいい意見もあるかもしれません。

 

とは言え、良くも悪くも自分や周りの友達、そして先生との思い出の歴史が詰まっている卒業アルバム。

あなたならどうしますか?

 

私は何年か前に、小中高のすべての卒業アルバムを捨てました

 

今回は私が卒業アルバムを処分した理由と、捨て方について。

そして、どうしても見たくなった時に方法はあるのかについて整理しました。

 

学校の卒業アルバムを捨てるか捨てないか

まず、アルバムを捨てるか捨てないか考える前に確認しておくことがあります。

今現在、手元に卒業アルバムってありますか?

 

思い出として今の住まいに保管しているかもしれないでしょう。

あるいは、実家に置いたままという人もいるのではないでしょうか?

そういうケースって結構多いのではないかと予想しています。

 

私も実家を出た時、小中高の卒業アルバムから卒業証書などに到るまで全て置いていきました。

しかし、両親が定年退職し北海道に戻る際、部屋を整理するからアルバムとか引き取れと無理やり自分の手元に置く羽目になりました(笑)

 

次に、仮に手元に卒業アルバムがあったとして、どれぐらいの頻度でアルバムを見ますか?

あるいは実家へ帰った時にアルバムを見ますか?

 

例えば1年に1度ぐらいは見るのであれば、必要なものなので捨てる必要はないでしょう。

数年に1度でも見返すときがあるというなら、持っていても良いでしょう。

 

しかし、卒業してから1度も開いたことなどない、

あるいは滅多に見ることなんてないという場合はどうでしょう?

あんなクソ重いアルバム、場所だけとって邪魔と感じたりしませんか?

 

例えば、これはもう自分の歴史そのもので魂が宿っているものだというのであれば、捨てろなんて言えません。

でも、そうでない場合は?

自分の場合は大した思い入れもなかったので、躊躇なく捨ててしまいました!

 

私が卒業アルバムを捨てた理由

人によっては、私が卒業アルバムを処分したというのは信じられないかもしれません。

でも、なぜ捨てようと決断したのか?

 

さすがに多少は抵抗ありましたが、結局は次のような理由で決断しました。

  • 卒業してからアルバムなんて見返したのは2〜3度ぐらいしかない
  • 昔の自分の姿を見るのが恥ずかしい
  • 今後誰かに昔の自分を見せたいと思わないし、見られたくない
  • 学校生活にさほど思い入れなどない
  • 部屋の整理をするたびにアルバムの収納にイライラした
  • どうしても見たくなったら方法がないわけではないから

 

このような理由で、6年ぐらい前にスパッと捨てました。

こんなもの古本屋で引き取ってくれるわけもないので、普通に燃えるゴミと混ぜてポイです。

 

あわせて、とってあった卒業証書なども処分しました。

こちらはさすがにデジカメで記録は残しました。

 

卒業アルバムを捨ててから結構経ちましたが、今のところ後悔してませんし、見たいという感情も湧きません

(ちなみに昔の自分の写真は電子化して残してます。)

 

むしろ煩わしさから解放されてよかったと思ってます。

こんな風に語ると、そんなに学校嫌いだったのか、不遇だったのかと思われそうです。

別にそんなに不遇ではなかったのですが、かといってすんごく楽しかったというわけでもありません。

好きか嫌いかと言われれば、嫌いな方でした。

普通に通学して、普通に友達もいましたが、それだけです。

 

どうしても学校の卒業アルバムを閲覧したくなったらどうすれば良いか

私の場合は、スパッと卒業アルバムを捨ててしまいました。

じゃあ自分も捨てようと思ったけど、後になって見たくなったらどうしよう・・・。

 

先ほど、捨てることができる理由に中に「どうしても見たくなったら方法がないわけでない」と記載しました。

実は、これがあるから捨てる決断ができたといっても過言ではありません。

 

では、どうしても卒業アルバムを見たくなったらどうすれば良いか?

その方法は2つあります。

  • 同級生に借りる
  • 学校で保管しているものを閲覧させてもらう

 

現実的にはこの2つになります。

 

卒業してさほど経過していないのであれば、同級生とも連絡を取りやすいでしょうから、借りるのは簡単ではないでしょうか。

しかし、仲が良い同級生がいない、あるいは卒業からかなり経過して連絡が取れないなどという場合もあるかもしれません。

 

そんな時は、自分の出身校で見せてもらうのが一番良いでしょう。

基本的には、どの学校でも卒業アルバム類は保管していることが多いようです。

万が一、閉校した場合なども自治体の教育委員会などで保管しているかもしれません。

 

そこまでして卒業アルバムを見たいという気持ちになるかどうかはわかりませんが、それでも永遠に見られなくなるわけではありません。

閲覧する手段が残っていれば、卒業アルバムを捨てたいという決断を後押ししてくれるかもしれません。

 

なお、この記事は卒業アルバムを捨てる・処分することを推奨するものではありません。

最終的には、あなたご自身でご判断願います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました