北海道ではなぜ大晦日におせちを食べるのか?理由は旧暦の習わしにあり

スポンサードリンク
at 北海道

 

お正月に食べるものと言えば、おせち料理にお雑煮、

そこにお酒やお菓子が加われば、家でまったりと寝正月としけ込むわけです!

 

おせち料理は元日、つまり1月1日になったら食べるものというイメージがあります。

ところが、北海道では大晦日からおせち料理を食べることが結構ネタにされることがあります。

 

私の実家でも大晦日からおせち料理を食べており、それが当たり前だと思っていました。

実は、それが北海道の習慣であるというのを聞いてびっくりしたことがあります。

 

では、なぜ北海道では大晦日からおせち料理を食べる習慣ができたのか?

調べてみたら、意外なことがわかりました。

 

北海道では大晦日からおせち料理を食べるようになった理由は?

当たり前だと思っていた、大晦日におせち料理を食べる習慣。

北海道ではどのような経緯があったのか調べてみました。

 

本来おせち料理は、現在の暦で言う大晦日の夜に食べ新年を迎えると言うのが本来の一般的な習わしだったそうですが、道外では、おせちは正月へ、大晦日は年越しそばと明確に区別されるようになりました。

日没で一日が始まる時代の伝統が、北海道ではそのまま残ったというわけです。

現在では道内の3分の1程度~4割程度の家庭でこの風習が残っていると言われています。

もちろん、道内の家庭であっても、大晦日は年越しそば、正月はおせちとしているところもありますが、北海道にはこんな変わった風習もあるのです。

大晦日にカニやおせち、お寿司に至るまで、豪勢な料理を集めて食べるのが習わしとなっています。

では、正月は何を食べるのかというと、おせちの残り物であったり、お寿司やお雑煮を食べたりするのです。

北海道ファンマガジンの該当ページを参照>

 

ふむむ、元々は大晦日におせちを食べるというのが普通だったのですね。

それがいつの間にか大晦日とお正月に食べるものを区別するようになったようです。

 

北海道以外の地域で大晦日におせちを食べるところはあるのか?

ちなみに、北海道以外では東北地方でも大晦日からおせち料理を食べる習慣があります。

 

しかしながら、先ほど説明した理由では、いまいちピンときません。

もう少し掘り下げて調べてみると、次のようなことがわかりました。

それは、もともと大晦日におせち料理を食べていた習慣が関わっているようです。

大晦日の晩からおせち料理を食べ始めることを「年取り膳」と呼ぶそうです。

地域によっては大晦日の宴会を「年取り」と呼んでおり、年取りのときに食べるから「年取り膳」と言われているようです。

「年取り」はかつて日本で旧暦が用いられていたことの名残だそうです。

そもそも「年取り」とは、新年を迎えるための儀式のことです。

その儀式が始まるのは、新年になってからなのですが、旧暦では日没によって1日が始まります。

12月31日の日没で「正月」になるのです。

ということは、大晦日の晩は旧暦だと既に正月、

おせち料理を食べるのは普通のことなのです。

北海道と東北地方には、この旧暦における「年取り膳」の風習が根強く残っているのですね。

ちなみに、北海道では七夕祭りやお盆も旧暦で祝ったりします。

北海道は他の地域に比べて歴史が浅いという印象を持たれがちですけど、実は割と古い伝統を守っていたりするんですよね。

故郷から開拓のために入植した人たちが多いので、故郷の風習を忘れずに守ろうとしたのかもしれません。

北海道情報まとめの該当ページを参照>

 

これでだいぶ疑問も解消されてきました。

整理すると

 

  • 旧暦では12月31日の日没で年が替わる
  • 日没後は元日なのでおせち料理を食べるのは普通
  • 北海道や東北では旧暦の習わしがそのまま受け継がれている

 

私の実家ではどんな感じだったか?

北海道や東北地方で大晦日からおせちを食べるのは旧暦の習わしがそのまま続いたものである。

これが理由としては1番有力と考えて良いかもしれません。

 

参考に、私の実家では大晦日からお正月にかけて、どのような料理だったか並べてみました。

 

  • 12月31日の夕方からおせち料理が並ぶ。
  • ただし、この時は重箱には盛り付けず、大皿に並べる。
  • もちろんお酒は飲み放題。
  • 一息ついたら、締めに年越しそばを食べる。
  • 正月当日は重箱と大皿に並べておせち料理が出される。
  • 締めなどにお雑煮を食べる。
  • だいたい3日ぐらいまではこんな感じの料理になる。

 

あくまで、我が家での例です。

カニは年によって食べたり食べなかったりです。

お寿司はうちでは並びません。

 

年末年始に実家に帰れる時は、まだ母親がおせちを準備してくれますので、おせちの恩恵にあずかることができます(笑)

でも、もう少ししたら作るのも面倒になり、そこまで手の込んだものはできなくなるかもしれません。

その時は、通販などでもよく紹介されている有名料亭や有名料理人監修のおせちを買うようになるかもしれませんね。

 

個人的には、大晦日からおせち料理を食べる習慣は馴染んでいて好きなので、このまま続いてほしいものです。

この時ばかりは、文句も言われず好きなだけ飲み食いできますし。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました