年賀状を書くのがめんどくさいのでやめることにした3つの理由

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

12月に入り、中旬にもなると毎年めんどくさいことがありました。

それは年賀状を書くことです。

 

すでに、そんなもの書いてないよ、

「あけおめ」のメールやLINEで済ませているという人も多いでしょう。

 

本来なら自分もそうしたいのですが、どうしても親戚とかの付き合いもあり惰性で年賀状を続けていました。

 

でも、本格的にミニマリストの生活を始めこともあり、面倒で手間のかかることはやめようと今頃になって決心しました(笑)

 

具体的に年賀状を書くのをやめようと決めたのは、

  1. とにかく年賀状を書く(作る)のが面倒
  2. 2019年から年賀はがきの料金が値上がりした
  3. いざとなれば連絡することが可能だから

という3つの理由です。

 

これで話は終わってしまうのですが、あまりにもあっけないので順に説明していきます。

 

1.とにかく年賀状を書く(作る)のが面倒

年賀状をやめる1番大きな理由は、とにかくめんどくさい!

これに尽きます。

 

自分の場合、さほど付き合いが多いわけではありません。

それでも毎年、大体15通ほどの年賀状を作成していました。

 

年賀状を作る手順は、

  • 年賀はがきを買う
  • 裏面のデザインをネットで探す
  • 裏面の印刷
  • 前年の年賀状をチェックして出す人を確認
  • おもて面へ宛名書き
  • 郵便ポストに投函

 

だいたいこのような流れになるのではないでしょうか?

でもこれが本当に面倒なので憂鬱なのです。

 

裏面のデザインなんて適当なものを選べばいいのですが、一度探すと結構のめり込んでしまうのですよね。

変なものを選んだら恥ずかしいという下手なプライドが出てしまうのです(笑)

これで結構時間がかかってしまいます。

 

そして印刷。

自宅のプリンタで印刷すると、大抵1発でうまくいかないのです。

必ずと言っていいほどかすれや汚れが出てしまいます。

だから何枚かテスト印刷をして、綺麗な状態に調整しなければいけません。

と、これもまた面倒ですね。

 

覚悟を決めて「エイ!」と作ってしまえば何てことないのですが、最近は年賀状作りたくないなあと考えるのも億劫になってきました。

こんなことで悩んだり気が重くなるのも嫌になってきました。

 

だったら、もう出さないことにしようと決心しました。

 

2.2019年から年賀はがきの料金が値上がりした

2つ目の理由も、結構大きいです。

 

今まではハガキ1枚52円でした。

それが2019年分から62円になりました。

1枚10円の値上がりです。

 

たった10円と思われそうですが、枚数が増えると結構な額になります。

10枚出すなら100円、

100枚だったら1,000円の値上がりです!

 

実家でも100枚ぐらい出しているので、結構こういうご家庭が多いかもしれません。

結構これは痛いです。

 

もちろんハガキ代以外にも、印刷するときのインク代などの費用もかかります。

お金だけでなく、年賀状を作る時間だって結構かかります。

最近は節約志向ですので、これを機に年賀状を出すのをやめたいと考えているご家庭も多いのではないでしょうか?

 

3.いざとなれば連絡することが可能だから

最後は自分自身に当てはまることですので、参考程度で。

 

自分が年賀状を出していた理由は、めったに会えない親類や古い友人に一応生きているのを伝える程度のものでした。

東京に住んでいた時は、親類のほとんどが北海道に住んでいたため、結構重要だったかもしれません。

 

しかし、自分も2016年に北海道に移住し、少しずつ親類と顔を合わせる機会も増えました。

連絡先も知っているので、いざ何かあれば連絡することは可能です。

それとは別に、年賀状をやりとりしていた友人とは10年以上も会っておらず、疎遠になっています。

 

もう、年賀状をやめるいいタイミングなのかなと感じるようになりました。

ここに年賀状の断筆を宣言します!

今度、両親や親類に会った時に、年賀状をやめたと触れ回ることにします。

 

まとめ

以上、年賀状がめんどくさくなったのでやめることにした理由について述べてきました。

年賀状自体も年々枚数が減っており、だんだん習慣として廃れていくのではないかと思っております。

 

年賀状がこれだけ普及したのも戦後のことです。

当初は全然なかったのに、年賀ハガキにお年玉くじをつけてから爆発的に普及したぐらいです。

ある意味、郵政省(今の日本郵便)の利益アップを狙った仕掛けだったのです。

 

電子メールやLINE、TwitterなどSNSの普及で手間や費用をかけなくても手軽に新年の挨拶が可能になりました。

年賀状も、もう時代に合わなくなってきたのでしょうね。

いくら嵐にがんぱってもらっても、そろそろ限界が近づいているようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました