ミニマリストの睡眠事情|眠るのにベッドや布団っていらない?

日常生活

人が生活をする上で欠かせないことは色々ありますが、中でも睡眠は重要です。

普通に考えれば、ベッドや布団などの寝具は欠かせないものです。

しかし、ミニマリストともなると先ずは寝具が必要かというところから考え始めます。

(もちろんすべてのミニマリストがそうというわけではありませんが)

今回はミニマリストの睡眠事情について私なりの考えをまとめました。

スポンサーリンク

ミリマリストの睡眠のタイプは3つに分けられる

ミニマリストの睡眠事情を調べてみたところ、大きく分けて3タイプに分かれます。

  • ベッドや布団などで普通に寝る
  • マットレスや寝袋など最低限の寝具だけで寝る
  • 床にそのまま寝る

いくらミニマリストといえども睡眠だけは手を抜くわけにはいかないというタイプはちゃんとベッドや布団で寝ています。

かつては、寝袋や床にゴロ寝を試したけれど、自分には合わないと元に戻した人もいます。

確かに無理しても身体によくなければ意味がありません。

ミニマリストだからって何から何かで捨てたり削ったりするわけではありません。

自分の生活に最低限必要なものだけを持ち、充実した暮らしが送れるかどうかが大事です。

そういう意味ではベッドや布団があるというのもありです。

でも、やはりミニマリストの中には、もっとシンプルなスタイルで寝ているツワモノもいるのです。

スポンサーリンク

ミニマリストは寝袋やマットレスが好きなのか?

ベッドや布団などの寝具類は、どうしても設置・収納場所の確保に頭を悩ませます。

それを解決するための選択が、寝袋だったりマットレスだけで寝るという方法なのです。

 

家で寝袋で寝るという選択

断捨離がブームになり、ミニマリストという言葉がネット上に出始めたころ「物が少ない生活」、「極限まで物を持たない暮らし」というライフスタイルを晒す人が出てきました。

この時は、自分にあった生活をするというより、どこまで物を持たずに生きていけるかというのを競っていた感じがしました。

個人的には不思議と清々しく感じられ、当時から興味を持って掲示板を眺めていたこともありました。

その時に人気?だったのが「寝袋」を使うことでした。

寝袋はキャンプなどアウトドアで使われるため、いかにコンパクトに収納できるかが重要なアイテムです。

物を持たない暮らしをしている人々にとってはコンパクトにできるため、うってつけです。

 

寝袋にくるまってそのまま寝たり、床に直接だと痛い場合はヨガマットを敷いて寝ています。

ただし、夏は暑すぎ、冬は寒いという弱点があります。

実行している人たちは、それをいかに耐えるのかというのを楽しんでいたような気がします。

ある意味、修行ですね。

 

ミニマリストの御用達アイテムと言われている「エアリーマットレス」がブームに

寝袋も慣れればぐっすり眠れるようになるのでしょうが、やはり背中や腰が痛くなり無理という声もありました。

もう少し快適に眠れる方法はないか?

そんな中、突如としてブームになったのが「エアリーマットレス」です。

今でも多くのミニマリストが絶賛しています。

これ

 

そもそも、エアリーマットレスが話題になったきっかけは、肘さん(@yuuichp)というミニマリストがブログで紹介したことでした。

エアリーマットレスは一言でいうとエアウィーヴの類似品です。

クッションは硬めですが反発力が高く、腰などを痛めにくく睡眠の質が上がるといわれており、プロアスリートの愛用者が多いことでも有名です。

肘さんはこのエアリーマットレスを床に直に敷いて、その上に掛け布団をかけて寝ています。

そして、起きている時は3つ折りにし、ソファー代わりに座ってます。

つまり、収納場所を考える必要もなく一石二鳥というわけです。

肘さんがエアリーマットレスの快適さと便利さを絶賛しネットで拡散されると、多くのミニマリストが愛用するようになりました。

布団の収納場所がなくて困っているけど、寝袋は勘弁!

そんなミニマリストにぴったりです。

ミニマリストを極めるなら床にそのまま寝るという選択は?

さらに究極なのが「床に直に寝る」

普通に考えたら信じられたものじゃありません!

(これがミニマリストは変な人が多いと言われる理由なのかも・・・)

 

でも、実際に床にゴロ寝している人もいます。

例えばミニマリストしぶさん(@SIBU__)もその1人で、ブログでもそのことについて触れてます。

床で寝るミニマリスト | ミニマリストしぶのブログ
The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 最新記事 by (全て見る) ミニマリストしぶの全持ち物リスト219個と、所有の理由まとめ(2020年...

 

簡単に内容を説明すると、

  • 「マットレスでコンクリートでも睡眠の質は同じ」という研究データを見つけた。
  • 引っ越ししたタイミングで寝具なしで寝ることにチャレンジ。
  • 最初は違和感があったけど1ヶ月もすると慣れた。
  • 実は床で寝る健康法があるそうで、腰の痛みや背骨の歪みが矯正されるらしい。
  • アスリートや嵐の大野くん、落合陽一氏など床で寝るのを実践している。

 

とりあえず、床で寝る人がいるのは確かなようです。

しぶさんが書いた該当記事は2017年当時のもので、今はマットレスを敷いて寝ているようです。
スポンサーリンク

ミニマリストである私自身の睡眠環境について

ちなみに私はどうしているかというと、畳の上に直接寝ています。

つまり床で寝ています。

床が畳なので、そのまま寝ても体が痛くなることは今のところありません。

思ったより快適に眠ることができています。

詳しくは以下を参照ください。

 

以上、ミニマリストの睡眠事情についてまとめました。

床に直接、それもフローリングで寝る人がいるというのは結構衝撃でした。

それを考えると、寝室が和室なら床で寝ても大丈夫なような気がします。

私自身、以前は普通に布団で寝ていましたが、今では畳の上で直接寝ています。

でも、年齢と共に変わってくる可能性があるので、今後はどうなるのかはなんとも言えません。