【不景気に負けない】お金を貯めたいならミニマリストになろう!

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

2018年年末からの株式相場などの大暴落で、この先の日本経済も見通しは明るくありません。

予定では2019年10月から消費税が10%に上がります。

政府や日銀は景気は良いと吹聴していますが、そんな実感は感じないのでは。

かつてのように給料は上がらない。

それなのに税金は高くなり、出て行くお金は増える一方です。

 

政府・自民党はどんな理由をこじつけてでも消費税10%にしたいので、実施されるのはほぼ間違い無いでしょう。

過去の流れから見ても、消費税が上がれば景気が悪くなるのは実証済みです。

 

モノが高くなれば、手元に残るお金は減って行く一方です。

これじゃあお金なんて貯まりませんね。

そうなると考えることは節約です。

 

だったら、いっそのこと断捨離を進めてミニマリストになろう。

そう考えたことありませんか?

 

僕がミニマリストになったのに大した理由なんてない!

色々買うから、家にものが増えてしまいます。

だったら家にあるものを減らしながら、今後無駄遣いしないようにしよう。

どうせなら、断捨離したり、たまに話題になるミニマリストになろうかと考えるかもしれません。

でも、ミニマリストってなんかハードルが高そうで、世間からかけ離れたイメージが・・・。

 

実はミニマリストって、ハードルなんて高くなく、そんな大それたものではありません。

また、一部で言われている精神的に強く修行僧みたいだったり、ヨガにはまって瞑想世界に入り浸っている変な人じゃないのと思われがちです。

(中には自己啓発のためにミニマリストになった人もいますが・・・)

 

実際、私がミニマリストになろうと思ったのは、仕事していても給料が上がらずお金も貯まらないから、無駄遣いせず節約するにはモノを減らしてしまえば何とかなる。

一言で表すと、金がないからミニマリストになっただけです(笑)

ブログや本などを見ると、ミニマリストになった理由をそれらしく説いているものが多いです。

貧乏だから金を使わないで生活するためミニマリストになった

これでいいじゃないですか。

 

モノが無ければ無いなりに何とかなるもの

今現在、私自身はミニマリストっぽい生活をしております。

上の写真は実際に私が住んでいる部屋ですが、大きな家具はありません。

持ち物も最低限です。

それでも、まだまだ減らせるのではないかと、今でも要らないものを見つけ出し処分しようと考えているぐらいです。

 

ソファはもともと持っていません。

場所をとるし、あったらあったで絶対にそこでゴロゴロして無駄な時間を過ごしてしまうからです。

最近、リビング(居間)にあったローテーブルを処分しました。

テーブルがなくても今のところ特に困っておりません。

 

また写真を見てもらってわかる通り、テレビもありません。

厳密には全くないわけではなく、タブレットでテレビを受信して必要な時だけ見ています。

別に大画面のテレビがなくて困ることもありません。

むしろテレビを見る時間が減った分、自由な時間が増えました。

例えば、本を読んだり勉強する時間に当て、自分の成長への投資に回すことできます。

 

ただ、どうしても冷蔵庫と洗濯機、電子レンジは自分の生活に必要なので手放せません。

 

一度、家にあるものを見回して、これって本当に必要なものなのか?

なかったら本当に困るものなのか?

あなたの頭の中でイメージしてみるといいかもしれません。

そして、一度捨てたつもりになって生活してみるのも面白いかもしれません。

(ここで大事なのは楽しむこと、苦しいと思ったら続きませんので)

 

【関連記事】

 

節約をゲームみたいに楽しむようになれればミニマリストの素質あり!

私の場合は中崎タツヤさんの仕事部屋を見たときに衝撃を受け、いてもたってもいられなくなり、次か次へモノをバンバン捨てていきました。

そして、スッキリとした部屋を手にしました。

(詳細は以下の関連記事を参照ください)

 

最初は本当にこんなにモノがない部屋で耐えられるのか心配でした。

でも、やってしまうと不思議なもので馴染んでしまいます。

それどころか、この状態が快感になり「もっと捨てるものがないか」「もっとモノがないがスカスカの部屋にならないか」と考えるようになったぐらいです。

一度徹底的にキレイにすると、これ以上汚したくないという心理が働いたのかなと自分で勝手に思っております。

 

こういう心理状態になれば辛いという感情は起きません。

そうなれば、もう大丈夫です。

買い物1つするにしても、これは本当に必要なものかと吟味するようになります。

高いものはもちろん、100円ショップで商品1つ買うにも考えるようになります。

面白いもので、モノを減らしてシンプルにすると、次は負担の生活習慣や食生活で無駄なものはないか探すようになります。

そして無駄を削り、もっとシンプルにできないか?

モノだけでなく自分の行動もシンプルにしたくなるのです。

 

これは、自分を高めるというか、ゲーム感覚で自分で楽しくなってしまうのです。

誰かと競うわけではないのですが、1つ何かムダを削りスッキリさせると自分の中で達成感が湧くのです。

その結果、意識していなくても無駄遣いしなくなるので、お金が貯まるようになります。

また、シンプルにするにはどうすればいいかと自分の頭で考えるようになり、自己啓発にもなるというわけです。

 

ミニマリストになろうと思って意気揚々と頑張っても、途中で辛くなったら続きません。

どうせなら、楽しんでやったほうがいいです。

ミニマリストになる動機なんて、節約して金を貯めたいということで十分です。

(私はそれを決して不純とは思いません!)

 

私の場合は一人暮らしなので、自分の意思だけで実行することができました。

もし、あなたがご家族などと生活しているなら、同居人の理解を得るのが大変かもしれません。

でも、どういう風に説得するかを、ゲームを攻略するように楽しんで考えるのもいいかもしれません。

仮に失敗だとしても、考えたという過程は決して無駄になりません。

スマホゲームで時間と通信費やアイテムの課金などで消費してしまうぐらいなら、断捨離やミニマリスト生活をゲーム化した方が今後の為になりますよ!

 

政府や日銀は景気を上げるため消費を推し進めるかもしれませんが、そんなこと知ったことではありません。

仮に再度デフレになったとしても、自分の生活を守らなければ元も子もありせんから。

節約万歳です!

 

【関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました