簡単にできる!断捨離したあと綺麗な部屋を維持するマイルール

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

ミニマリストになる前の私は、掃除が苦手(というか嫌い)でした。

掃除をしないので部屋は汚く、物で溢れていました。

でも、それではいけないと一大決心をして、断捨離を決行、ミニマリストとして生活するようになりました。

そうなると、不思議なもので部屋が汚くなることは2度となくなりました。、

さらに、物が少ない部屋だと部屋の汚れや埃が目立つようになり、あれだけ嫌いだった掃除もマメに行うようになりました。

 

それでも気を抜いてしまうと、知らないうちに物に溢れて以前の状態に戻ってしまいます。

それだと断捨離した意味がありません。

やはり、一度キレイにした部屋はそのままの状態を保ちたいものです。

 

そこで、今回はミニマリストになってから、キレイな部屋を保つために心がけている自分なりの決まりごと、マイルールを紹介します。

ルールといっても細かいものではなく、ごく簡単で誰でもできるようなものです。

細かく決めてしまうと、途中で挫折してしまうこともあるので、ゆるく簡単にできるものにすることで続けられています。

 

床に物を置かない

まず1つ目のルールはイスや大きい家具以外のモノは床に置かずに収納・保管することです。

特に注意したいのが、本や紙類、そして鞄です。

一度ポイと置いてしまうと、それが当たり前のように感じてしまい、気づいたら次々に床にものを置いてしまうのです。

そして気づいたら床が物で溢れ、物にあふれた状態に逆戻りです。

ひどくなると、いわゆる汚部屋になってしまいます。

 

個人的には、部屋が片付かなる原因の1つは床にモノを置く習慣があることと考えています。

なので、まず部屋をキレイにする第一歩として床にものを置かない、置きっ放しにしないことから始めましょう。

 

新しいものを1つ買ったら1つ捨てる

これはお掃除や片付け本、断捨離やミニマリスト関連の本などにもよく取り上げられているルールです。

このケースで1番当てはまるのは服と靴ではないでしょうか。

やはりファッションは人をときめかせるもの!

お出かけをしていたり、ネットを眺めてカワイイ服を見たら欲しくなってしまいますよね。

さらに「セール」なんて言葉があったらもう大変!

「いつ買うの?今でしょ!」とばかりに衝動買いしてしまうことありませんか?

 

それが落とし穴なのです。

気づいたら家には服の山。

それでも全てローテーションして着回すのであればいいのですが、できますか?

大抵は全然袖を通さない服があるはずです。

 

本当にファッションが好きだと、なかなか大変なのですが、キレイな部屋にしてシンプルな暮らしをしたいのであれば、乗り越えなければいけない試練ではあります。

 

ですから、もし新しい服を買うのであれば、買った分だけ服を処分するよう心がけましょう。

そのまま捨てても良いですし、まだ着れるようであればメルカリなどで売っても良いでしょう。

捨てるのに抵抗があれば、H&Mで古着回収のサービスをしておりますので、行ける場所に店舗があれば利用するのも良いでしょう。

 

今回は服を例にして説明しましたが、服以外のものでも考え方は同じです。

全てのモノが当てはまるわけではありませんが、これを心がけるだけで無駄遣いも無くなりますし、今あるものを大事に使うようになるので、環境にもお財布にも優しいのです。

 

【関連記事】

 

収納家具を持たない

部屋をキレイに保つ、つまりモノを効率よく片付けるために方法として考えられるのは、

  • 家に収納スペースをたくさん作る
  • 少ないスペースを有効活用するための収納術で解決
  • 持ち物を少なくする(収納に頭を悩ませない)

 

1番目は広い場所と予算が確保できればいいのですが、誰もができるわけではありません。

2番目はテレビや雑誌で時々そういう特集が取り上げられ人気ですよね。

こういうことが得意であればいいのですが、結構大変です。

特にズボラで面倒くさがりの私にはできそうもありません。

 

そこで3つ目の方法、いかにもミニマリストっぽさがありますよね(笑)

これを実現するためには、多少荒療治ではありますが、収納そのものを無くしてしまえばいいのです。

それだと誤解を招いてしまいますね。

家にもともとある備え付けの収納だけにして、新たに収納家具、衣装ケースのようなものを持たないようにするのです。

物が増え、しまう場所がなくなってしまったら、新たな場所を確保するためにどうしても買ってしまいます。

でも、家具が増えればそれだけ部屋のスペースも狭くなります。

家が十分に広ければ良いのでしょうが、そうでない場合、家具にスペースを占領されることになります。

 

私自身の経験ですが、昔は本棚や衣装箪笥といった家具を持っていました、

仕事柄、引越しする機会が多く、その度に家具を運び出したり、中身の出し入れが面倒だなと思うようになってきました。

そして、断捨離に目覚めた時に、思い切って全ての家具を処分しました。

本は本棚にしまう必要なありません。必要なものだけを手元に置いてデスクに立てておけば良いです。

服もタンスや衣装ケースは不要、クローゼットにかけられる分としまえる分の服だけで十分でした。

 

結構強引な手段ではありますが、思い切って断捨離や片付けをしたいならば、かなり効果があります。

おかげで私は今現在、収納家具は一切持っておりません。

 

まとめ:まずはできることから始めよう!

以上、断捨離した後に部屋をキレイに維持するマイルールについて説明しました。

簡単にできるものばかりではありますが、今までの生活をガラッと変えなければいけないケースも出てきます。

そのため、いきなりすぐできるものではないかもしれません。

 

まずは部屋をキレイに保つことからスタートするとして、床にモノを置かないことから実践してみてください。

もし、本気でシンプルライフやミニマリストのような生活をするのであれば、一気にやった方が踏ん切りがつきますよ。

私のように一人暮らしだったら気兼ねなくできますが、同居人がいるとなかなかそうもいかないかもしれませんね。

同居人がいるミニマリストの場合、まずは自分の身の回りだけ片付けることからはじめているようです。

そこから徐々に同居人を巻き込んでいくパターンですね、成功すればいいのですが・・・。

 

今回は断捨離後の話でした。

断捨離そのもののマイルールについては以下の関連記事も合わせて参考にしていただければと思います。

 

【関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました