ルールは3つだけ!断捨離でモノを捨てる捨てないを判断する基準

ミニマリスト

 

断捨離やミニマリストの特集をした雑誌や本を読んで、よし自分もやってみよう!

でも、いざ始めようとしても必ず捨てるか捨てないか迷ってしまうはずです。

 

  • 「この服はまだ傷んでないしまだ使えそう。」
  • 「あれももしかしたら今後使うかもしれない。」

 

でも、いちいちそんなことを考えていたら断捨離は一向に進みません。

こういう時は、しっかり自分でルールを設けて割り切って処分していくのが1番です。

今回は私が断捨離を実行するときに設ける基準について取り上げます。

あまり細かく分けるとキリがありませんので3つの項目に絞りました。

自分なりのマイルールですので、場合によってはやりすぎと感じるかもしれません。

独身で周りに邪魔されないからできるものと思って見ていただければと思います。

 

①1年以上使っていないものは捨てる

最初のルールは「1年以上使っていないものは捨てる」です。

これを見たとき、片付け本・断捨離本の中にはもっと厳しい基準を設けているものもあります。

凄いのになると1ヶ月使ってないものは捨てましょうと買いているものもあります。

それと比べると1年というのはルールとして緩いのではと感じたかもしれません。

 

なぜ1年としたのかには理由があります。

それは季節ものの服やモノがあるからです。

コートなんて冬に着ることが多いですから、それ以外の時期に1ヶ月以上袖を通さないなんて当たり前です。

また、プリンタなど年賀状を作るときにしか使わないといったケースもあるでしょう。

一見、場所を占領した邪魔なものを感じてしまいそうですが、持っている本人にしたら毎年使うものですから、必要なものとなるわけです。

 

そのように分類していき、1年以上使っていないものがあれば、今後も使わない可能性が高いものと判断できます。

まずはそういうものを断捨離するものに分類しましょう。

 

②電子化できるものは捨てる

2つ目は特に思い出の品を処分するかどうか迷ったときに基準にしてもらいたいルールです。

まず真っ先に思いつくのは写真ではないでしょうか。

数枚程度であれば、さほど邪魔になりませんが、これが何百枚レベルの枚数になると結構な場所をとります。

大抵はアルバムに丁寧に整理していることが多いのではないでしょうか。

定期的に見るのであれば、無理して捨てる必要はないでしょう。

でも、めったに開くことがないのであれば思い切って処分しても良いでしょう。

 

しかし、思い出のものを捨てるなんて忍びないので捨てるなんてと躊躇してしまうでしょう。

そんなときは電子化するのがオススメです。

写真をデータ化してしまえば、お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレットから簡単に呼び出すことができます。

それに場所もとりません。

手元にある焼き増しの写真もスキャナなどで自力で電子化しても良いですね。

もし大量にあるのでしたら「フジフィルムの写真スキャンサービス」を利用するのもありです。

 

そして、何も写真だけではありません。

それ以外にも友人知人、親類などからもらったお土産など使わないのに処分に困っているものってありませんか?

そんな場合も電子化です。

今はスマホ(スマートフォン)も普及し、手軽に写真に残すことができます。

モノとして存在していなくても、目に見える形で残っていれば罪の意識もなくなることでしょう。

 

ちなみに私はこの方法で、小学生からの思い出の品や卒業証書などを全て写真に残し処分することができました。

ただ捨てるよりも、写真として自分の手元に残しておけばいいのです。

たまに見返したときに、それで十分思い出がよみがえりますから!

 

③買い直すことができるものは捨てる

  • 「1年以上使わなかったものは捨てる」
  • 「電子化できるものは捨てる」

実はこれだけでも十分いらないものを処分できるはずです。

でも、それでも捨てるかどうか迷ってしまうモノってあるでしょう。

 

そんな時は「もし捨てたとしても、また手に入れることができるか」

という基準で判断します。

 

少し荒療治ではありますが、また買い直すことができるのでしたら一度処分してしまえばいいのです。

捨てた後、やっぱりいるものだったとわかれば、買い直せばいいのですから。

 

おそらく、買い直すという行為が無駄と感じられることでしょう。

でも、捨ててしまったほとんどのものは再び買い直すことってほとんどありません

私自身、一度捨てたけど再び買い直したのはコーヒーメーカーぐらいです。

昔、ベッドを捨てましたけど、その後買い直していません。

 

なお、買い直すことができないものとはどういうものか?

それは今では生産中止になるなどして売っていないものぐらいです。

しかも、ちゃんと利用しているもの、あるいは高価で価値があるものぐらいではないでしょうか。

 

迷ったら一度捨てて買い直せばいい!

そう割り切って処分してみましょう。

 

まとめ:先ずは壊れていたり破れているものから捨てればいいのです

以上、断捨離するときに捨てるもの捨てないものの分け方について綴りました。

これは私自身の方法で、周りに相談必要もなかったので思い切ったことができたのかもしれません。

ですが「本当にモノが少なくキレイな部屋にしたい。」「スッキリしたシンプルライフを送りたい。」と思っているのならば、やはりこれぐらいやったほうが良いのです。

 

まずは私の例で恐縮ですが、大まかに3~4つ捨てる捨てないの基準をあなた自身で作りましょう。

それでも迷ったら、断捨離本や片付け本を参考にしても良いでしょう。

そしてやると決めたら、少しづつでもいいので必ず実行しましょう。

壊れて使えないモノ、破れたりして着ることができない衣服だったら今すぐにでもできるはずです。

その一歩さえ始めることができれば、次に進めます!

 

【関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました