ダイエットしたければスパゲティー・パスタ類は食べてはいけない

スポンサードリンク
ダイエット・健康

 

最近、自炊をしながら実感したことが1つあります。

それは「痩せたければスパゲティやパスタ類は自炊するものじゃない」ということです。

パスタ類が炭水化物という理由もあるのですが、それよりもっと現実的な理由です。

 

  • 材料が安い
  • 作るのが簡単
  • 食べやすく許容量を超えやすい

 

という3ステップであっという間にデブまっしぐらです(笑)

順番に追っていきます。

 

スパゲティ・パスタ類は安く手に入る

1つ目の理由は、パスタの材料費が安いということです。

まず麺に当たるパスタですが、500gのものがだいたい150〜200円ぐらいで買うことができます。

激安店であれば、1kg200円以下で購入できることケースも!

これが安いかどうかについては、人それぞれによって違いでしょうが、少なくとも懐を心配するほどではありません。

 

また、スパゲティやパスタに欠かせないのがソース類。

本格的に作るのであれば大変ですが、簡単に済ませたいのであればレトルトになっているものもあります。

これも安いものでしたら1つ100円前後で購入できますから、お手頃です。

ちょっと贅沢をしたいというときも200円かそこらです。

 

他のものを探せばもっと安いものはあるのでしょうが、パスタ・スパゲティで1品できると考えれば、やはり安いと考えてもおかしくありません。

 

スパゲティ・パスタは作るのが簡単

作るのが簡単と言っても、さすがにカップラーメンみたいにお湯を入れるだけというわけではありません。

また、最近は冷凍食品のスパゲティもあり、レンジでチンするだけで食べられるタイプもあります。

 

ここでは、普通にパスタを茹でて作るケースです。

普通に作る場合、鍋のたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら塩を入れてパスタ・スパゲティを入れて7~8分茹でるだけです。

 

節約する技として、沸騰したあとパスタを入れ、1分ほどしたら鍋に蓋をして火を止め、そのまま茹で時間になるまで置いておけば、ちょうど良い具合に麺が出来上がります。ガス代の節約になります。

 

あとは、レトルトのソースを用意してレンジでチンして温め、そこに茹で上がったパスタを入れたら出来上がりです。

長めに見ても15分もあれば出来上がり簡単です。

これぐらいの手間であれば、慣れれば大したことはありません。

茹であがるまでの時間で、サイドメニューを用意したりと、時間も有効に使えます。

 

しかし、簡単で量も自分で調整できてしまうことが落とし穴。

すごくお腹が空いていれば、多めに作ってしまうことも!

材料費も大してかかっていないから大丈夫だと思い、ついついカサ増ししてしまうのです(笑)

 

そして、最後の理由がもっとも危険な理由です。

 

スパゲティ・パスタは食べやすく許容量を超えやすい

そして、これが最大の理由!

スパゲティ・パスタは食べやすいということです。

 

具体的に食べやすいとはどういうことか?

  • 麺がツルツルしているので喉越しが良い
  • 他の麺類に比べ熱くないので箸(フォーク)が止まらない
  • 喉越しが良いので噛む回数が少ない
  • それゆえに、満腹感を感じるのについつい食べ過ぎてしまう

 

つまり、スルスル〜っと食べ続けることができてしまうのがいけないのです。

食事をするときは噛むことで脳に満腹かの信号を送っているのですが、噛まないということはそれが麻痺しているということです。

つまり、自分の許容量以上にお腹に入ってしまい、気づいたら手遅れになっているというわけです(笑)

 

まとめ:だから僕は家でパスタを作るのはやめた!

実は、ちょっと前までは意識的にパスタ類を家で作らないようにしていたのです。

ですが、この間買い物に行った時にスパゲティが安く売っていたので久しぶりに買ってしまいました。

少し前に、パスタに使っているデュラムセモリナ粉はGI値が低く、他の炭水化物に比べ血糖値が上がりにくく太りにくいというのを知ったので、少し油断をしていました。

 

しかし、いくらGI値が低くても食べ過ぎては意味がありません。

それにパスタ類にかけるソースがカロリーや糖質が高いことも多いのです。

 

久しぶりスパゲティを口にして、美味しさにハマってしまい、しばらく食べ続けた結果、どうもお腹周りが気になり体も重くなった感じでした。

実際に体重を測ってみると、見事に増えていました。

 

どうやら私にとってはスパゲティやパスタは悪魔の食べ物だったようです。

作る時に量を減らせばいいじゃないかと思われるでしょうが、食欲ってなかなか抑えるのは難しいですよね(言い訳)。

手にしてしまったら、もう最後!

もう自宅でパスタ料理を作るのはやめなければいけないと悟りました。

今後食べるとしたら、外食か実家に帰ったときに限られます。

 

少し前に、自宅で酒を飲むのをやめる決心をしたのに続き、今度はパスタ断ちです。

これで少しは節制できるといいのですが・・・

とにかく自分の食べすぎる癖をなんとかするのが先のようです。

 

【関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました