ミニマリストの僕が考えるモノを断捨離するときに悩む4つの障害

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

どうも、ミニマリストを目指し未だに捨てられるものがないか日々探しているきたかぐら(@kita_kagura)です。

ミニマリストを目指したり、もう少し部屋をキレイにしたいときに、最初に行うことは不要なものを捨てること(断捨離)です。

単純に考えるのであれば、いらないものを選んでポイするだけなので、何も難しいことではありません。

しかし、いざやろうとするとなかなかできなくて片付かないと悩むことが多いのではないでしょうか。

 

捨てようとしても捨てられない!

それを阻む障害は大きく4つに分けることができます。

  • もったいない
  • 思い出の品
  • 手間がかかる(面倒くさい)
  • お金がかかる(有料)

 

この4つの障害と解決策について、順に取り上げていきます。

 

第1の障害「もったいない」

まず、モノをするときに悩んでしまう第1の障害は心理的なものです。

 

  • 壊れてないし、まだ使うことがあるかもしれない
  • せっかく買ったのに元を取っていない

 

そうです、日本人であれば根付いているであろう「もったいない」の精神が捨てられない原因です。

おそらく年齢層が高いほど、モノを大事にしなさいと教育されているため、まだ使えるものを処分できないのでしょう。

しかし、仮に使えるものであっても使っていなければ宝の持ち腐れです。

モノは使ってこそ価値が出るものです。

 

もし、もったいなくて断捨離できないものがある場合は、

  • 出来るだけ使うようにする
  • バザーやフリーマーケットに出す

いずれかの方法を検討しましょう。

 

おそらく捨てるのをためらう理由は「ゴミ」となってしまうことではないでしょうか。

ゴミになるということは不用品となり2度と使われないということです。

それがもったいないと感じるならば、再利用、つまりリサイクル品として処理するのが良いでしょう。

それであれば、ゴミになることなく再び使われることになるので、心理的にも負担にならないことでしょう。

 

近隣でバザーやフリーマーケットがあれば提供しても良いですし、インターネットでもヤフオクやメルカリなどのサービスがあります。

最近は一括で引き受けるハコクルなどのサービスもあるので利用するのも良いでしょう。

 

【関連記事】

 

第2の障害「思い出」

もう1つ、モノを断捨離するときに大きく立ちはだかる障害が「思い出の品」。

友人や知人、親類からもらった大事なものだったり、あなたの人生の節目で身につけた大事な衣服など、簡単に手放せないものが1つか2つはあるかもしれません。

大抵、片付け本や断捨離関連の本でも、この「思い出の品」をどうするかについては丁寧に説明していることが多いです。

 

結論としては「使わない、身につけないのであれば処分する

これしかありません。

手元に置いておきたい気持ちはわかりますが、使わないならば意味がありません。

 

とはいえ、捨ててしまったら思い出も捨ててしまうようで忍びないでしょう。

そんなときにオススメなのは写真を撮って記録することです。

写真であればかさばらないですし、今はスマートフォン等で手軽に撮影でき電子化して保存できます。

何か思い出したいことがあれば、写真を見れば十分記憶もよみがえってくることでしょう。

 

このようにして片付けを進めて、どうしても残しておきたい数点だけ残せば、かなりすっきり片付くことでしょう。

 

モノの捨て方に迷ったときには、下記の関連記事も参照ください。

【関連記事】

 

第3の障害「手間がかかる」

3つ目の障害は処分の手順などに関することです。

断捨離するときに、いるものいらないものに分けて、いらないものを袋1つにまとめてそのままポイと捨てられれば良いのですが、そう簡単なものでもありません。

それはなぜか。

日本ではゴミの分類をして捨てなければいけないからです。

更に最近では分類も細かくなりました。

一気に片付けなどをしてゴミが多くなると、選り分けるだけでも大変です。

面倒臭がりだと本当にイヤになりますね。

更に、ゴミも毎日収集してくれるわけではありません。

種類によっては月に1回しか収集しないなんてこともあります。

収集日が来るまでの間は、自分で保管していなければいけないのです。

 

そしてゴミの分類する手間だけではありません。

粗大ゴミなど大型のモノなどは事前に回収の申し込みをしなければいけないことも多いです。

自治体によってはインターネットで申し込みできるところもありますが、大抵は電話をかける必要があります。

実は電話をするという行為、結構面倒に感じませんか。

モノを処分するのに、こんなに手間がかかるのならば、もういいやと途中で投げ出したくなるかもしれませんね。

 

それ以外にも、オークションやメルカリなどで売るにしても、モノをダンボールに詰めて集配手続なども自分で行う必要があります。

 

実は片付け本の類で、こういう手間ひまのことについて取り上げているものをほとんど見たことがありません。

こればかりは、どうしても避けられないことですし、住んでいる地域によってもルールが異なるため、指南することが難しい項目でもあるのです。

 

こればかりは覚悟を決めてやるしかありません。

ものがなくなって、綺麗になった部屋を頭に思い浮かべながらコツコツと断捨離を進めましょう。

 

第4の壁「お金がかかる(有料)」

最後の障害はズバリ「お金」。

特に粗大ゴミを捨てる場合、ほとんどの自治体では有料になっていることが多いです。

しかも結構高い!

これもモノを処分するときに悩んでしまうことです。

捨てるのにこんなに払わないといけないならば捨てないで置いておく方がマシと思ってしまう気持ちもわからないでもありません。

壊れたものであれば仕方ありませんが、まだ使えるものであれば、やはり勿体無いですよね。

 

もし、処分する費用が惜しいのであればリサイクルショップに売るとか、ジモティーで格安か無料で譲ってあげるのが良いでしょう。

(この辺については、別途記事としてまとめる予定)

 

お金の問題は頭を悩ませるところではありますが、モノがあることでストレスを感じるならば、今後のためと思って、バッサリ片付けても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、モノを捨てる(断捨離)するときに障害となる4つのことについてまとめました。

  1. もったいない
  2. 思い出の品
  3. 手間がかかる(面倒くさい)
  4. お金がかかる(有料)

 

1と2については心理的な問題ですので、気持ちの整理や思い出の残し方を知ることで解決は難しくないでしょう。

3と4についてはやる気とお金の問題なので、内容によってはハードルが高いかもしれません。

万人向けの解決方法を提示するのは正直厳しいですが、そういう問題があるということを事前に認識しておけば、断捨離する段取りを組むのに迷うことも少なくなるでしょう。

 

「なるべく手間ひまをかけない」そして「なるべくお金をかけない」で断捨離する方法は今後も考えていかなくてはいけないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました