「今川焼」「回転焼」「おやき」?呼び方による地域差の謎に迫る

スポンサードリンク
北海道グルメ

 

以前、札幌の中心地まで買い物に出かけた時のこと。

札幌の老舗デパート丸井今井の地下食品街に立ち寄りました。

なんとなくぐるぐる回っていたら、懐かしいものを見かけました!

冒頭の写真に載せたお菓子!

 

これを見て「今川焼だ!」「お、大判焼か」「おやき美味しそうだね」

おそらく人それぞれ呼び方が異なったのではないでしょうか?

私は関東暮らしが長かったので「今川焼」という呼び方が馴染み深いのですが、北海道では「おやき」と呼ばれることが多いです。

 

それにしても、ここまで地域によって呼び方が異なるのか不思議です。

今回はその辺について調べてみました。

 

「今川焼」名称の由来と、地域によって異なる呼び方

小麦粉・砂糖・卵を混ぜ練って作った生地に、小豆の餡などを入れた焼いた丸いお菓子。

多くの地域では「今川焼」と呼ばれていることが多いようです。

そのルーツはどこからきているのでしょうか?

 

調べてみると、次のように説明を見つけました。

(※以下、全てニチレイのサイトより引用)

今川焼きを最初に発売したのは、現在の東京都千代田区鍛冶町(JR神田駅東側)にある神田今川橋付近に江戸時代にあった店だと言われています。当時その付近の地名は今川だったため、名前もそのまま「今川焼」となったようです。ちなみに現在も「今川橋交差点」や「今川中学」など今川という地名は残っています。

なるほど、始まりは江戸時代だったのですね。

今川という名前から駿府(静岡)というイメージがあったのですが、江戸(東京)の地名から取ったものだったのですね。

 

次に、地域ごとによって名称が異なることについては以下のように触れられております。

今川焼の名称は、地域によって様々です。
「今川焼」と呼んでいる地域は主に関東地方で、全国的には「大判焼き」という名称がよく使われています。
また関西より西の地方の多くでは「回転焼」と呼ばれています。
他にも、「小判焼き」「二重焼き」「じまん焼き」「黄金焼き」「満月焼き」など、日本各地で様々な名称が付けられています。

 

大判焼きや回転焼きと呼ばれているのは聞いたことがありましたが、こんなにも他に名前があるのですね。

わかっているだけで、これだけの呼ばれ方があるそうです。

今川焼き・大判焼き・回転焼き・おやき・円盤焼き・ドラ焼き・甘太郎焼き・ホームラン焼き・七越焼き・がめこもぢ・あまやき・あじまん・ぎし焼き・どてきん・じまん焼き・黄金焼き・太鼓焼き・花見焼き・太郎焼き・ピーパン・三笠焼き・きんつば・七尾焼き・焼き饅頭・どりこの焼き・こがね焼き・満月焼き・あずま焼き・黄金饅頭・ちゃっぽろ焼き・画廊まんじゅう・天輪焼き・ロンドン焼き

 

「おやき」という呼ばれ方は北海道や東北地方で多いそうです。

なぜ、そう言われるようになったのか等の由来については色々調べてみましたが、これというハッキリしたものが見つかりませんでした。

(色々説があるようなのですが、どれも信ぴょう性に乏しいので、ここではあえて掲載しません)

機会があれば、引き続きリサーチを続けます。

 

今川焼が1個85円!北海道では「おやき」と呼ばれています!

北海道では「おやき」と呼ばれているのですが、長年関東にいたせいか、私自身は今でも今川焼と言ってしまいます。

 

母方の祖父と祖母が大好物で、小さい頃に里帰りすると、ほぼ毎回のように大量に買ってきてみんなで食べた思い出があります。

最近は小豆餡以外にもクリームやチョコレートなどが入ったらタイプもありますが、買ってきたの決まって小豆餡のものでした。

私がよく遊びに行っていた30年以上前は、今はなき旭川の西武百貨店で1個55円で売られていました。

冒頭で触れた丸井今井で見かけ、懐かしさから久しぶりに食べたくなりました。

 

出店しているのは「御座候(ござそうろう)」というお店です。

こちらのお店、本店は兵庫にあります。

でも、使っている小豆は北海道十勝産のものなので、ある意味北海道の地元お菓子と言っても良いかもしれません(笑)

 

子供の頃に食べていた当時のような価格ではありませんが、それでも1個85円とお得感は健在です!

中身は赤(普通の小豆餡)と白(白餡)の2種類です。

 

今川焼の生地のモチモチ感は、やはり病みつきになる

黒餡2つと白餡1つを購入し家に持ち帰りました。

ご丁寧に紙に包んでくれるましたが、カバンの中に立てて入れていたため潰れてしまいました(笑)

味が変わるわけでもないので、そこは気にせず美味しくいただきました。

あえて、ここで細かく言わなくても味の想像はつくでしょう。

ふんわりした生地、そして程良く甘さを抑えた餡、昔のままの味でした!

最近は、たい焼きなどで外側がパリッとしたものが人気だったりしますが、おやきは変わらずふんわり優しい味でした。

 

まとめ

今回は「今川焼」「大判焼」の名前の謎について取り上げました。

日本人に昔から馴染みのあるお菓子、味はどこでも同じなので呼び方でこんなにも地域差があるというのは本当に不思議ですね。

それぞれの名称について名付けた由来は異なるでしょうが、美味しさに変わりありません。

食べ過ぎたら大変ですが、たまに口にしたくなりますね。

 

ちなみに長野県などでは、また別の「おやき」という食べ物があります。

中に野沢菜などが入っている信州の郷土料理です。

何度か食べたことがありますが美味しかったです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました