コンセントのプラグに丸い穴がない!これはなんか危険なにおいがする

日常・雑記

日本で一般的に使われている電気製品のコンセント。

毎日当たり前のように使っているので、そんな細かいところまで気にしないでしょう。

しかし、先日自宅で使っている家電製品のコンセントで不思議な箇所を見つけました。

もしかすると、これは怪しくて危険な可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

コンセントのプラグをよく見ると穴が空いてない!

普通、日本で使われているコンセントのプラグはこのような形状をしています。

このように、コンセントの差し込む刃に当たる部分に丸い穴が空いています。

 

しかし、自宅で使っている加湿器のコンセントはこうなっています。

あれ?

プラグに穴が空いていません。

数年前に購入した時に、なんかコンセントが変だなと違和感は感じてのですが、普通に使えるので大して気にしていませんでした。

しかし、最近になって改めてコンセントのプラグを見るたびに、やはり変だなと違和感を覚えるようになりました。

コンセントのプラグに穴が空いている理由にはちゃんと意味がある

そもそも、コンセントのプラグに丸い穴が空いているのには何か理由があるのでしょうか。

実際に調べてみると、ちゃんと意味があったのです。

コンセントの中にあるプラグ栓刃を保持する「刃受けばね」の「ボッチ」と呼ばれる突起があり、プラグを充分、最後まで差し込むと、栓刃の穴に「ボッチ」が入り、最後まで差し込んだ事を感触で知らしめたり、差し込んだ後、プラグがコンセントからコードの重みで、ズレ落ちたりしない事を目的としています。

「一般社団法人 日本配線システム工業会」のWebページより引用>

 

図にするとこのようになります。

<出典:一般財団法人中国電気保安協会

つまり、コンセントのプラグの穴は抜けないように固定するためのものだったのです。

スポンサーリンク

穴が空いていないコンセントプラグを使ったらどうなるか?

コンセントのプラグの穴に意味があることがわかりました。

コンセントが根元までしっかり差し込まれていないと、接触不良を起こして過熱したり、プラグの刃にクリップなどの金属片が隙間に入り込んで接触するとショートして火災の原因にもなります。

また、ブレーカーが落ちて停電になる恐れや、誤って小さい子どもやペットが触って感電事故になった事例もあるそうです。

つまり、プラグに穴が空いていないコンセント使用するのは危険であるということです。

それに加え、日本で使うプラグの形状は経済産業省令(電気用品の技術上の基準を定める省令)で規定されています。

省令の「別表第四 配線器具 6.接続器の図1」でプラグの栓刃根元から11.7mmの箇所に直径3mmの穴を指定しており、穴は義務化となっております。

つまり、穴が空いていないコンセントプラグは不良品ということです。

もし、コンセントプラグに穴が空いていない電化製品を使っていたら即刻使用を中止することを強くお勧めします。

電化製品を購入して、さほど日にちが経過していないのであれば、購入店に相談し、返品か代替品に買い換えるべきです。

ちなみに、刃受けの「ボッチ」は任意なのだそうですが、大抵はついていると考えて良いでしょう。

コンセントに穴がない加湿器は処分しました

この間まで使用していた加湿器がこちら。

2017年ごろに購入したので保証期間も過ぎており、返品はさすがに無理です。

買った時、なんか異常に安いなあと思ったのですが、やはり中華製であるが故に、コンセントなどの細い部分のチェックがルーズだったのでしょう。

なんとか使えており、壊れることもなかったのですが、いずれは処分して新しいものに買い替えたいです。

もう、あまり聞いたことがないメーカーや、安すぎるモノは避けないとダメですね。

 

【追記(2019年5月26日)】

暖かくなり暖房も使わなくなり、加湿器の出番もなくなりました。

これを機に今回の記事で取り上げた危険な加湿器は処分しました。

次の冬が始まるときまでに新しいものを購入する予定です。

 

【追記(2019年10月18日)】

超音波式加湿器8

本格的な冬に入る前に、新しい加湿器を購入しました。

こちらはプラグに穴も空いており安全です。