「王子様」の改名騒動で自分の苗字を恨んだ過去を思い出した話

スポンサードリンク
日常・雑記

 

突然ですが、あなたは自分の名前は好きですか?

もちろん本名の方です。

 

ちなみに私は自分の名前が好きではありません。

もっと細かくいうと、下の名前はいいのですが、姓(苗字)は今でも好きではありません。

 

今回はその理由について、書いていきます。

そして、ちょっとしたカミングアウトも。

 

自分の苗字が嫌いな理由はちゃんと読まれることが少ないから

なぜ自分の名前が嫌いなのか?

それは、ちゃんと読まれることがほとんどないからです!

 

ここで初めて明かしますが、私の苗字は「谷内」と書きます。

これで「ヤチ」と読みます。

 

しかし「谷内」という名前、「タニウチ」とか「ヤウチ」とも読めます。

(実際にそういう読ませ方をする場合もあります)

 

ですので、大抵初対面の場合、ほとんど苗字を読み間違えられます。

大人となった今では何とも思わないのですが、小学生とか中学生時代は本当に嫌でした。

子供の時なんて、周りは名前がちゃんと読めないよといじってくるわけですよ。

主に同級生などにからかわれることがほとんどでしたが、たまに大人にも変だと言われたこともありました。

子供のことの自分はバカにされたようで大いに傷つきました。

そのことで親に詰め寄ったこともありました。

なぜ、こんなわけわからない苗字なのだと当時は本当に恨みました。

普通に佐藤とか鈴木という平凡な苗字が羨ましかったです。

 

今ではさすがに自分の名前を受け入れていますが、それでも変わった名前だねとか鼻で笑ったように言われるとイラッとすることはあります(笑)

今でも、一発でちゃんと名前を正しく読まれることが少ないので、面倒なことは多いです。

面倒な時は訂正せず「ハイハイ」と適当に返事を返すときもあります。

 

名前で人生が狂わされる悲劇

今回、名前のことを取り上げた理由は次のニュースがきっかけでした。

 

この高校生、今の名前が「赤池」さん。

その前は「赤池王子様」という名前でした。

「王子」ではなく「王子様」ですよ!

なぜそんな名前をつけたかについては詳しく触れませんが、こんな名前をつけられたら周りからイジられる光景が目に見えます。

そうなると、もう引きこもりになるかグレるかのどちらかですよね。

でも、彼はそんな逆境に負けず改名しようと心に決めて実行に移しました。

やはり子供に名前をつけるときには、親は将来のことも見据えて責任を持たなければいけませんよね。

 

とまあ、この記事を読んで、私自身も名前に恨みを持っていたなあということを思い出したわけです。

幸い、下の名前は普通なので、その点では親に感謝しています。

 

まとめ:今は名前を間違われてもさほど気にしなくなった

ここまで名前のことについて触れてきました。

私の苗字というのは簡単な漢字を使っているため、中途半端に読めてしまうのが悩みどころです。

いっそのこと読めないような難しい漢字の苗字の方がスッキリしたかもしれません。

「谷」と「内」なんて漢字、小学生でも知っていますので、その気になれば何とでも読めちゃいますからね。

 

昔は本当に面倒くさくて、20代までは本気で苗字を変えたいと思っていました。

いっそのこと、どこかに婿入りして改姓しようとも考えたこともありました。

運悪く自分は長男だったことと、そもそも相手がいなかったので失敗に終わりました。

今ではさすがに諦めもつきました。

 

なお、苗字で得したこともあるにはあるのです。

自宅にかかってくる押し売りの電話を一発で撃退できることです。

ちゃんと苗字を読めなければ、知らない人とすぐわかるので「違います」といえばすぐに電話を切ることができます。

(ただし、電話に出たときにこちらから名乗らないことが前提条件)

今は固定電話を引いていないですし、携帯にそんな電話がかかってくることもないのですが、実家にいた時は結構使える技でした。

 

今回は思いがけず自分の苗字を公表してしまいましたが、ネット上ではしばらくは「きたかぐら」の名前で活動します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました