【ミニマリスト】40代男子が使っている財布と中身を公開

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

どうも、北海道札幌在住に40代ミニマリストのきたかぐら(@kita_kagura)です。

今回は、現在私が使っている財布とその中身を公開します。

 

ミニマリストは持ち物がコンパクトなので、アブラサスのような薄い財布を使っているイメージがあるかもしれません。

でも、私が使っているのはごく普通の財布です。

 

ミニマリストの私が使っている財布とは?

私が使っている財布は、冒頭の写真の通り2つ持っております。

 

1つはいわゆる長財布です。

 

ありふれた長財布ですが、お札とカードだけ入れるタイプのものです。

小銭入れはついておりません。

小銭で財布がパンパンに膨らむのが嫌だったので、このタイプを購入しました。

そのため小銭用の財布も持っているわけです。

 

財布のブランドは「いたがき」というブランドのものです。

北海道赤平市にある鞄メーカーの革製品です。

父親がいたがきの財布を使っているのを見て欲しくなり、自分も買いました。

本当はキャメルカラーのものが欲しかったのですが、ちょうど在庫がなかったためダークブラウンにしました。

 

この財布を購入した時期は忘れてしまったのですが、少なくとも5年以上は使っています。

買った当時は、あまり財布をコンパクトにしようという意識はありませんでした。

結局今でも使い慣れているため、買い換える気もなく、そのまま使い続けています。

 

ちなみに、いたがきの製品はネット通販でも購入可能です。

 

「鞄のいたがき」公式サイトはこちら

 

ミニマリストの財布の中身は?

続いて、財布の中身を。

お金以外に財布に入れているものを公開します。

 

まずは、長財布に入れているものを。

(個人情報やブランドがバレるものはボカシました)

左上から順、その後右上から

  • クレジットカード
  • キャッシュカード1
  • キャッシュカード2
  • 免許証
  • 健康保険証
  • 形見分けのお守り

 

こちらは、普段使う機会は少ないものの、一応外出するときに持っておくものを入れています。

キャッシュカード2枚はちょっと多いかなと思うのですが、万が一のために入れているだけです。

形見分けのお守りは、祖父を火葬したときに一緒に入れた十円玉です。

私のところ(旭川)だけなのかわかりませんが、そういう習慣がありお守りとしてもらったものです。

(最近は火葬時に効果を入れるのを禁止しているところも多いらしいです)

 

続いて小銭入れに入れているものを。

左上から順、その後右上から

  • 札幌市の図書館利用カード
  • SAPICAカード(札幌市営地下鉄のICカード)
  • nanacoカード
  • QUICPay
  • ドラッグストアのポイントカード
  • スポーツジムの会員カード

 

こちらには使用頻度の多いものを中心に入れております。

図書カードを除き、週に1回は必ず使っています。

 

外出するときは、2つの財布とスマホと自宅の鍵を持ち歩いています。

 

まとめ:今後は小銭入れのみに全てを集約したい

以上、私が普段使っている財布と、その中身を公開しました。

自分であたらめて確認すると、結構入っているなあという印象です。

 

まずは長財布を持ち歩かないようにしたいのですが、個人的に財布を折り曲げて保管するのが嫌いなので、どうしても外せないアイテムとなっております。

でも、やはり持ち歩くとかさばるので、いずれは長財布は捨てないにしても出かけるときには持たないようにしたいです。

 

カード類もちょっと多いかもしれませんね。

免許証と健康保険証は万が一のときを考えると外せないので仕方ありませんが、それ以外のカードは整理したいです。

キャッシュカードは2枚から1枚にしたいですね。

nanacoやQUICPayもカードではなく、スマホで決済できるようになれば持ち歩かずに済みます。

しかし、nanacoはiPhoneに対応しておりません。

QUICPayはApplepayがありますが、店舗で対応していないところがまだあり、やはりカードが必要です。

交通系のICカードもスマホ対応しておりませんので、持ち歩く必要があります。

 

このように上げていくとキリがありませんが、少しずつ整理して持ち歩くものを少なくしていきたいです。

理想は、長財布は持たず小銭入れのみで済ませられれば言うことなしです。

 

ちなみに、今回は財布の中身だけでしたので、家にはこれ以外においてあるキャッシュカードやお店のポイントカードなどが、まだたくさんあります。

こちらも要らないものは捨てているのですが、それでもある程度は残ってます。

少しずつ整理していくしかなさそうです。

 

【関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました