【書評】秋子さんの「脱力系ミニマリスト生活」で参考にしたいこと

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

先日、久しぶりにミニマリスト関連の本を読みました。

AmazonのKindleUnlimitedで検索して見つけたものです。

 

ミニマリスト系の本は「女性」「家族で暮らしている」ケースが多く、男性の一人暮らしにに当てはまるのは少ないです。

そのため自分のスタイルに合わなそうな気がして、あまり目を通すことはありませんでした。

でも、それではもったいないし、1つ2つでも参考になるものがあればいいなと思うようになり、読んでみることにしました。

 

人気ブロガーミニマリスト秋子さんの「脱力系ミニマリスト生活」を読んでみた

今回読んだのがこちらです。

ミニマリスト秋子さんの名前で知られる森秋子さんの「脱力系ミニマリスト生活」です。

アメブロで人気のブログ「ミニマリストになりたい秋子のブログ」を書かれており、都内で家族3人で暮らしています。

 

本書では

  • 物の片付け方と捨て方
  • クレジットカードをやめてお金が貯まった
  • ファッションと美容
  • 食事について
  • 家族との過ごし方
  • 人間関係について

 

について、タイトル通り肩肘張らずゆる〜く書かれています。

と言っても、全てがゆるいわけではなくですが。

 

内容的は、やはり家族で暮らしている女性向きです。

それでも、中には私にとって参考になりそうなこともありました。

 

「脱力系ミニマリスト生活」で真似したい部分

さて「脱力系ミニマリスト生活」を一通り読み、私が参考にしたいことを抜き出してみました。

  • 収納は「カオス箱」だということ
  • 食器を洗うときに洗剤はいらない
  • 料理は簡素で十分
  • 年賀状をやめた

 

いずれも私がやっていることではありますが、共感するポイントでした。

 

収納は「カオス箱」だということ

これは本当にそう思います。

収納があると、何か入れないを気が済まないし、整理整頓したくなるのですよね。

綺麗に整理できると空きスペースができるので、そこに新しいものを入れても大丈夫と思うのです。

そうなってしまうと、知らず知らずのうちに物が増えてしまいます。

本気でものを捨てたい、断捨離したいと考えているならば、収納家具や収納アイテムは手放すのが良いです。

収納家具は最低限のものだけ残し、綺麗に整理できる収納グッズ類は捨ててしまいましょう。

 

食器を洗うときに洗剤はいらない

こちらは以前も取り上げたことがあるのですが、食器を洗うときって水やお湯だけで十分汚れを落とせます。

今まで周りで実践している人を知らなかったので、多少心配ではありましたが、この本を読んで確信に変わりました。

今後は自信を持って洗剤なしで食器などを洗い続けます。

 

【関連記事】

 

料理は簡素で十分

自分がミニマリストとして生活している中で、唯一できていないのがこれです。

どうしても昔からの習慣が抜けきれず、必要以上に食べてしまうのですよね。

最近では健康のために野菜をたくさん食べないととか、タンパク質もたっぷりとろうなど。

そして、定期的にジムで運動しているせいか、どうしてもお腹が空いてついつい食べ過ぎてしまうのですよね。

でも、こちらの本を読んだら、別に無理して一汁三菜にする必要はなく、自宅ではご飯とおかずだけの食事でも十分なのだなというのがわかりました。

外国(先進国)でも自宅での食事はパンとスープ(あるいは簡単なおかず)ぐらいで済ませているらしいです。

これを機に、食事面についてもテコ入れしないといけないなと感じております。

理想は一汁一菜です。

 

【関連記事】

 

年賀状をやめた

やはり年賀状はいらないですね。

私も2019年の年賀状を思い切ってやめたのですが、別にそれで何か文句を言われたとかそういうことはありませんでした。

まあ、いざとなればメールなどで連絡も取れますので大して困ることもないですし。

面倒なことを減らすことができてよかったです。

本書でも年賀状をやめて、本当に付き合いのある人とは定期的にメールで連絡をするようになり、むしろ以前より親密になったと言ってます。

今はLINEやSNSなどでも簡単に新年の挨拶ができますので、徐々にシフトしていくのではないかと思ってます。

 

【関連記事】

 

まとめ:ミニマリストのモチベーションをあげるのに時々は本を読むのもあり

以上、森秋子さんの「脱力系ミニマリスト生活」を読んだ感想などについて取り上げました。

家族構成やライフスタイルが異なりますので、全てが参考になるということはありませんが、その中でも自分で取り込めそうなものが見つかったのは収穫でした。

また、収穫云々は置いといて、単純に読み物としても面白かったです。

家族で暮らしているミニマリストのならではの暮らしぶりや苦労などを知ることもでき、自分には無理だろうなと思うこともありました。

 

時々は、他のミニマリストさんの本やブログを読んで、見直しをすることも必要かなと感じました。

それに、何より自分ももっと頑張ろうとモチベーションが上がります。

 

なお、秋子さんはもう1冊本を出しています。

 

こちらも機会があれば目を通してみたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました