ミニマリストの僕が実践する無駄にならない本の捨て方

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

昔ほどではないのですが、今でも読書は好きですので本を買うことは多いです。

ミニマリスト的にはモノを所有したくないので、全て電子書籍で読んでいると思われるかもしれません。

でも、実際にはそんなこともなく、私の場合は今でも普通に紙の本を買って読むことはあります。

 

そのため、当然のよう本は増えますので、モノを少なくするためには本を処分する必要があります。

今回はミニマリストの私が行っている本の処分方法について取り上げます。

 

ミニマリストの僕が行っている本の処分方法

本の処分の方法についてはゴミとして捨てるか、譲ったり売ったりするのが一般的です。

いらない本を燃えるゴミとしてポイと捨てれば簡単ではありますが、さすがにそれは勿体無いです。

やはり形あるものですし、せっかくならば有効活用してもらいたいなと思います。

 

そうなると現実的には、「本を売る」「寄付する」のいずれかを選びます。

今は大手のサービスもあり、本を売る手続きも簡単になりました。

寄付という方法でも良いのですが、常時引き取りをしているわけでもなく、また直接持ち込みするなと手間がかかるケースが多いです。

(ボランティアなどでやっているので、常に受け入れ態勢を整えているわけでもないのでしょう)

 

私の場合は普通に本を引き取ってもらえ、ちょっとしたお小遣い程度になれば良いので「ブックオフのネット宅配買取サービス“"」を利用することが多いです。

 

ブックオフの宅配買取は手間がかからず便利

私はいつもブックオフで本を売っています。

ほとんどは宅配業者に引き渡して送ってもらう「宅配買取サービス」を利用しています。

 

理由としては、

  • ほぼ全てのジャンルを買取をしてくれる
  • 申込→引き渡し→入金までの手続きが簡単
  • 万が一、値がつかない本も引き取ってくれる

 

この中で重視しているのが手続きの簡単さです。

申込もネットからすぐでき、宅配業者の引き取り希望日を入力するだけです。

(初回のみ住所などの入力は必要)

あとは不要な本をダンボールに詰めて業者に渡すだけです。

以前は伝票を印刷などして用意しないといけなかったのですが、今はそれも不要になりました。

ダンボールだけは自分で用意する必要がありますが、近くのスーパーやドラッグストアにいくらでもあるので、貰ってくれば問題ないでしょう。

 

なお、宅配買取の場合、本は10冊以上からなどの条件もあり、買取価格もそれほどでもないという声もあります。

それでも、処分する手間を少なく、不要なものを引き取ってくれれば値段にあまりこだわらないというならば、一番便利な買取サービスです。

 

【自宅で箱に詰めるだけ!】ブックオフのネット宅配買取サービスはこちらから “"

 

もっとおトクに本を処分したいのであれば

私の場合は買取価格にこだわらないため、ブックオフの宅配買取サービスで十分です。

しかし、中にはもう少し高い値段で本を売りたいとか、専門書や参考書などを売りたいという場合があるかもしれません。

 

例えば学校の参考書や専門書については、

 

専門書やジャンルが特定したものについては、

このような宅配買取のサービスもあります。

ブックオフよりは多少手間がかかりますが、少し高めに売りたいならば検討しても良いでしょう。

 

マンガや人気作家の小説等で需要がありそうなものは高く売りたい、

そういう場合は「メルカリ」などに出品するという方法もありです。

もしかすると思わぬ価格で買い取ってくれるかもしれません。

 

まとめ:本は知らない間にたまるのでマメにチェックして処分を

以上、本の処分方法について述べてきました。

私の場合は、手間なく引き取ってもらえて、多少のお小遣いになれば十分なので「ブックオフ」を利用しています。

もう少し収入を希望するならば、専門のサービスかメルカリなどを利用するのが良いでしょう。

 

冒頭で少し触れたのですが、今は電子書籍もあるので物理的に場所を埋めることも少なくなりました。

それでも、どうしても紙の本を買うことはまだまだあります。

 

  • 電子版が出ていない本
  • 1~2度読めば十分な本

 

このようなものは、まだ紙で買うことが多いです。

そして満足したら素早く売ってしまいます。

電子書籍と紙の本の使い分けは以下の関連記事でも詳しく触れておりますので、参考にしていただければと思います。

 

【関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました