スパークリングワインを自作してみた結果・・・【完全自己流】

スポンサードリンク
日常・雑記

 

8月って祝日がないと思ったら、今年から11日に山の日が制定されたのですね。

どうせ、この時期はお盆になるのでわざわざ休みにする必要もないと思うのですが。

b1d69bd0b603e098fb5658663f64216d_s

(北海道最高峰の大雪山連峰)

 

いろいろなところで、山の日の制定経緯を調べてみたのですが、どうパッとしません。

この日を山の日にするんだというこだわりなども伝わることなく、なし崩し的に制定されたとしか思えません。

 

そもそも、山の日の制定を訴えてきた日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等って一体どんな団体なのでしょう?

山は偉いんだぞと訴えたところで、今度の政治活動に何かメリットになることがあるのかもよくわかりません。

単に自分たちは発言力があるのだというアピールだけで、東京オリンピックの何とか会長である森喜朗みたいなものでしょうか。

(ナベツネみたいに、こういう人ってなぜか長生きするんですよね・・・)。

 

結局、この団体に関わっている地方選出の国会議員が、有権者に対し、おらが町の先生は偉い人だぞとアピールしているだけとしか思えないです。

おそらく今までの中で、一番どうでもいい日に制定された祝日です。

どうせなら6月にすればいいのに(笑)

 

最初にどうでもいい話をしてしまいましたが、それは置いといて、今日は家飲みの話を少し。

 

糖質が多いワインを安心して飲む方法

普段は家で飲むと、どうしても気が抜けてしまい、すぐ眠くなってしまいます。

なるべく家で飲むことを控えてはいるのですが、どうしても週に1度ぐらいは飲みたくなりますね。

最近は糖類0のチューハイを飲むことが多いですが、時にはビールやワインを飲みたくなりますね。

特にワインを買ってしまうと、ついつい美味しくて、フルボトルまるまる1本飲んでしまうこともあります。

 

昔は翌日に持ち越すこともなく平気だったのですが、やはり最近は弱くなったせいか二日酔いになることもしばしばあります。

これはいけないなと思い、どうしようかなと思っていた時、たまたま雑誌で面白い記事を見つけました。

糖質を抑えるなどの食事制限している時にワインを飲むのであれば、炭酸水を混ぜ、スパークリングワインとして飲むといいらしいです。

 

それは面白そうと、早速自宅で試してみることにしました。

 

家飲みで作るスパークリングワイン

今回用意したのは、チリ産の赤ワイン(ミディアムボトル)と炭酸水です。

 

thumb_IMG_1048_1024

ワインはコンビニで買った500円ほどのものです。

 

thumb_IMG_1050_1024

そして、炭酸水はスーパーで購入した500mlの北海道の強炭酸水です。

 

では、早速作ってみますが、最初はいつも通りにそのまま味見しましょう。

 

thumb_IMG_1051_1024

うん、美味しいですね。

 

色々混ぜる割合を試してみた結果

では、いよいよワインに炭酸水を混ぜます。

まずはワイン:炭酸水=1:1の割合で作りました。

 

 

う〜ん、炭酸が強すぎてワインの味が殺されています。

 

続いて、ワイン:炭酸水:2:1にしてみました。

これならワインの味がしっかりしますが、炭酸なしで普通に飲んでも変わりません。

 

その後も、いろいろ試してみましたが、どうもしっくりきたものがなかったですね

はっきりいうと美味しくなかった・・・。

 

サイダーで再チャレンジしてみた結果・・・

炭酸水では思ったような成果が得られませんでした。

日を改めて、今度は炭酸水ではなくサイダーで試したらどうなるか実験をしてみました。

 

北海道でサイダーといえば、リボンシトロン!

こういう時に限ってどこにも売っておらず、今回は三ツ矢サイダー(ゼロカロリー)を使いました。

 

同じように、1:1の割合から始めてみました。

最近のサイダーは炭酸が強いのか、私が炭酸に弱くなったのかわかりませんが、やはり炭酸が強い!

しかもサイダーの甘みが勝り、ワインの味が殺されてしまいました。

 

その後も色々な割合で試したのですが、サイダーの甘みと赤ワインの相性はよろしくありませんでした。

 

手作りで美味しいスパークリングワインを作るならワイン次第!

今回飲んだワインはミディアムボディのタイプで甘みがほとんどないタイプでした。

なので、甘みが全くない炭酸水では相性が良くなかったようです。

 

スパーククリングワインを自作する場合は、ワイン自体が甘くないと(つまりぶどうそのものの甘さを生かす)うまくいかないという結論に達しました。

これなら無理してスパークリングにする必要はなく、そのまま味わうのが良いです。

 

どうしてもスパークリングワインを作るのであれば、赤玉ポートレートやロゼワインを使うのが良いかもしれません。

 

ちなみに、北海道でも最近は美味しいワインがたくさん作られているのですが、まだまだ高いんですよね。

大量に輸入されているチリやスペインなどのワインの方が手軽に買えてしまいます。

品質を保つ以上、なかなか安くくことはできないでしょうが、少量サイズのものを用意するなど工夫の余地はあると思うので、もっと道産のワインが普及して欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました