ミニマリストは片づけ上手になる必要はなく下手なのがちょうどいい

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

小さい頃、部屋を散らかすと、

「ちゃんとお片づけしなさい」

「整理整頓しましょう」

と教育されませんでしたか?

さすがに片づけなんてしないで汚いままでもいいのですよという言う人はいないでしょう。

 

大人になると、さすがに身の回りをキレイにする必要性は言われなくてもわかるようになります。

が、いざ整理整頓しようとするも上手く片付けられない、

結構片付けに苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか?

 

最近では断捨離やミニマリストが話題になって、物が少なくキレイに片付けされた部屋をみると、整理整頓がきっちりできていてすごいなあと感じますね。

「整理収納アドバイザー」なる資格もあるぐらいで、ミニマリストでも保有しておられる方も多いようです。

 

私はというと、実は片付けは大の苦手です。

それこそ昔は少しでも部屋をキレイにしようと収納術などの本を読んだりしていろいろ試しましたが、なかなか上手くいきませんでした。

そして行き着いたのが、物がたくさんあるから片付けられないのだということ。

だから「物を少なくする=片付けるものが少ない」ならば整理整頓が下手でも部屋をキレイにできる。

だからミニマリストになったようなものです。

 

実は、片付けが下手な方がミニマリストに向いているのではないかと。

今回はそのあたりのことについてツラツラと述べていきます。

 

整理整頓の技術が身についてしまうことの落とし穴

私がミニマリストになる前、人並みにキレイでおしゃれなインテリアに憧れていました。

そのためには、片付けができなければダメだと思い込んでいました。

それこそ一時期は様々な収納テクを駆使して、片付けが上手くいったこともありました。

しかし、気づいたら物が収納できないほど溢れ、いつの間にか片付けない部屋に逆戻りしているのす。

 

何故なのかといろいろ考えみると、次のようなことが原因ではなかろうかという結論に達しました。

 

整理整頓すると新しい空間が生まれ、何か入れたくなる

整理整頓するときは、物を揃え、小さく折りたたんだりして収納場所に格納するというのが基本ではないでしょうか。

片付け下手だと、適当に放り込むのでグチャグチャになるのですが、一度きっちり整理して収納すると、新しい空間が生まれます。

そうなると不思議なもので、そこに何か入れたくなってしまうのですよね(笑)

そして、ついつい何か買ってしまい、さらに物が溢れてしまいます。

 

そのうち、揃えて収納するのも面倒になり、結局物に溢れて収納しきれなくなってしまうのです。

 

収納術を取り入れるために収納グッズを次から次に買ってしまった結果

もう1つ、私自身の経験から。

テレビや雑誌、ネットなどで、片付けの特集をしているときに、キレイに収納できる便利グッズなどが紹介されることがあります。

それも100均などで購入できるものです。

それをみて、こんなにすっきり片付くのかと感動して、100円なら懐も痛むこともないので早速買って試してみるなんてこともしました。

また、100均でもちょっとおしゃれな小物などもたくさんあるので、素敵なインテリアにしようと、ついつい衝動買いすることもありました。

 

最初のうちはそれで良かったのですが・・・。

次第に片付かなくなると、便利グッズがいつの間にかガラクタになり、余計なものに変わってしまうのです。

収納上手になるつもりが、さらに散らかった部屋になり、素敵なインテリアは夢のまた夢になってしまいました。

 

元来面倒くさがりで、マメな性格ではないゆえ、整理したはいいものの、いつの間か片付かない状態に戻ってしまうなんてことを繰り返していました。

 

ミニマリストは片付けや整理が下手な方が向いている

さらにもう1つ危険なのは、物をたくさん収納できる備え付けの棚がたくさんあったり、無駄に部屋が広かったりすることです。

収納がたくさんあれば、それだけ溜め込めるので、ついついいらないものまで買ってしまう危険があります。

また、部屋が広いと収納家具を置くスペースができ、もっと物を持っても大丈夫という意識が働いてしまいます。

 

特に私の場合、本を溜め込む習性があり、一時期は500冊以上所有していました。

それだけの分量をしまうには本棚を置くスペースが必要です。

ですので、なるべく広い部屋がないか探すのですが、当時住んでいた東京ではそんな部屋は家賃が高く手が出ませんでした。

 

片付けられなくて行き詰る中、断捨離やミニマリストというライフスタイルがあることを知り、実際に実践してみると、不思議なぐらい自分にハマりました!

あれだけたくさんあった本も全て売り払い、今では10冊も手元にありません。

たくさん保有していたモノも次々に捨てて、常にキレイな部屋を保つことができるようになりました。

  • 「片付けるのが苦手ならば、片付ける物を減らせばいい。」
  • 「収納が少なければ、ものを余分に買わなくなる」

 

断捨離とミニマリスト生活をすることで、自分なりの真理にたどり着くことができました。

下手に片付け上手だと、隙間を詰めたくなり、モノを持ちたくなります。

だったら片付け下手である自分を受け入れて、モノをなるべく少なくすればいい。

これに気づくまでに何年かかったことか・・・。

 

まとめ:整理整頓を放棄したわけではなく、自分にあった方法でということ

以上、ミニマリストは片付けが下手な方が向いていることについて取り上げました。

でも、片付け上手だからミニマリストになれないというわけでは決してありません。

むしろ「整理収納アドバイザー」などの知識を持っていれば、もっと効率良く片付けができるわけです。

 

それにいくら片付け下手といっても、そこらへんにまとめて放り投げて収納することはなく、それなりに置く場所を決めて片付けています。

物が少なければ、片付ける時間もかからないので、いくら面倒くさがりでもそれぐらいはできるわけです。

 

私の場合は、とにかく片付けや整理整頓を時間をかけてやるのが苦手であるゆえにミニマリストに行き着きました。

でも、断捨離したりミニマリストになろうとした理由は人それぞれです。

あなたにとって負担にならず、いつでもキレイに片付けられる方法でやればいいのです。

 

ちなみに、整理収納アドバイザーさんからすれば、私の部屋をもっと片付けられる方法があるかもしれません。

いつか、私の部屋を診断してもらうのもいいかなと考えております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました