ミニマリストを継続するコツは欲張らず単純に楽しむこと

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

断捨離、そしてミニマリストが注目されるようになり、ネット上ではもちろん、テレビや雑誌でも取り上げられる機会も増えました。

有名なミニマリストのライフスタイルや考えかたなどに触れるうちに、自分もそういう風になってみたいと感じることもあるでしょう。

その一方で、なんだかストイックだし、ちょっとスピリチュアル臭もして自分にはとてもできそうもない。

それに何にもない部屋で退屈でつまらなそうと思われるかもしれません。

 

でも、不思議なもので一度思い切って断捨離をしてミニマリスト生活を始めると、意外と続くものです。

 

ミニマリスト生活を続けられた理由

人それぞれ様々な理由でミニマリストになってみたものはいいものの、なんかしっくりこない。

せっかく部屋も綺麗になったのに、気づいたら元どおりになってしまった。

もしかすると1度挫折してしまったことありませんか?

 

私は本格的に断捨離をして、途中何度か多少のものの増減はあったものの、ミニマリスト生活を継続できております。

なぜ自分は、ミニマリストを継続できているのか自己分析してみると、

 

  1. 物の少ない生活が自分にあっていると気づけたこと
  2. ミニマリストになれば〇〇が叶うという高い理想を持たなかったこと
  3. 物がなくてものめり込める趣味や暇つぶしを見つけることができたこと

 

という3つになります。

 

1つ目は感覚的なものになります。

例えば自分は何もないより、ものに囲まれた空間の方が落ち着くという人もいるでしょう。

特に増えやすいものの代表的である本、

作家や著名な研究者の壁一面の本棚に隙間なく本がある書斎をみて、自分もこんな空間を作りたいと思うかもしれません。

(かつては私も本を捨てるなんてとんでもないと思っており、そういう部屋に憧れていました)

あるいは自分の趣味で蒐集したコレクション類を綺麗に飾ったギャラリー風の部屋が最高だと。

 

こればかりは人それぞれで、どんな空間が自分にとって落ち着くのか異なります。

私の場合は、物がほとんどないスッキリとした空間に魅力を感じミニマリストを目指すようになりました。

もし、ミニマリストやシンプリストの部屋をみてときめいたり魅力を感じなければ、向いていないということになります。

ですから、そのような方にミニマリストになることを強要する必要もありませんし、互いに干渉せず距離感を保てば良いだけです。

(ただし、身内となるとまた別の問題もありますが、今回はあえて趣旨から外しました)

 

ミニマリスト生活を続けるコツは?

もし、あなたがミニマリストの部屋やライフスタイルに憧れて、自分も実践してみたい。

そう思うのであれば是非試して欲しいですし、あなたにハマれば継続して欲しいです。

 

大変なのは、ミニマリストの生活を続けることです。

私が継続できた理由は先ほど取り上げましたが、その中から2番目と3番目のポイントについて掘り下げます。

 

理想を高く持ちすぎない

まず、ミニマリストになりたいと思うのは、それなりに理由があることでしょう。

単に汚い部屋を綺麗にしたいというだけというケースもあるかもしれませんが、大抵はその先にあるなりたい自分があるのではないでしょうか。

  • 身の回りを整理することで、良い運を引き寄せて公私ともに成功したい
  • 自然と節約にもなるし、無駄遣いもしなくなる、あわよくば金運を引き寄せたい
  • 風水的にもよくなり、運気が良くなり恋愛運もよくなるかも

などなど、それぞれ思惑はあるでしょう。

 

もちろん私も、今よりももう少しお金が欲しいですし、平成JUMPしてしまっても諦めることなく良い出会いを期待しております。

 

中にはのめり込んで禅やヨガの思想にのめり込みスピリチュアルの世界に踏み込むケースもあります。

(それが変な方向に行かなければ、なんら問題はないのですが)

 

結局何を言いたいのかというと、ミニマリストになったからといって、すぐに自分の夢が叶うわけではないということです。

せっかくミニマリストになったのに、何も変わらない!

でも、すぐに変わらなくてもいいじゃないですか。

あまり欲張りすぎず、単純にミニマリスト生活を単純に楽しむぐらいで良いのです。

 

ミニマリストになるために断捨離をすれば、少なくとも部屋はキレイになります。

そして、その環境に慣れれば、余計なものを買わなくなり、少しずつ貯金はできるでしょう。

また、部屋の片付けや掃除、もの探しをすることも少なくなり、浮いた時間ができます。

そういう小さいことが大きくなり、知らず知らずのうちに良い方向に向いてくるのだと私は思っております。

 

お金がかからない趣味が持てれば最高

もう1つ、ミニマリストになると、部屋にあまり物がないので、ご飯を食べたり寝る以外にどんなことをして過ごすかがポイントです。

金銭的に余裕があれば、外出・外食したり、ちょっとした旅に出たりして楽しむこともできるでしょう。

でも、そう毎日そんな暮らしをできるわけでもないでしょう。

その場合に、いかにお金をかけないで過ごすこと(いわば暇つぶし)ができるかですね。

 

それは、別にテレビを見たり、漫画や本を読んだりなど、そんなことで構わないでしょう。

(私自身はテレビはほとんど観ませんが、テレビを楽しむことを否定しているわけではありません)

 

ちなみに私の暇つぶしは専らネットサーフィンです。

大学生の時にインターネットに触れ始めてから20年近くのネットジャンキーで、パソコンかタブレットさえあれば、いくらでも時間を潰せます。

まあ、パソコンやタブレット等のガジェットやネットの通信費はかかりますが、全体で見れば大した額ではありません。

外で浪費するよりは安上がりです。

 

ミニマリストを続けるのであれば、コレクションなどものをためる方ではなく、お金がかからない趣味があるといいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

まとめ:ミニマリストは理想を高く持たず気長に楽しむぐらいがちょうどいい

以上、私なりのミニマリスト生活を続けることについてまとめました。

これを見ると、なんとも意識が低くてユルいのだとガッカリしたかもしれません(笑)

 

もちろん、ミニマリストになったからには絶対にこれをやり遂げて手にするのだと強い意志で取り組んでもいいです。

が、理想が高く意識を高く持ちすぎると、うまく行かなかった時の反動が大きく挫折しやすいものです。

 

せっかくミニマリストになるのであれば、以前のような状態に逆戻りすることなく、生涯続けていきたいものです。

継続するならば、無理ぜず自分のできる範囲で、

そしてあまり期待を高く持たず、今のキレイでスッキリした空間などを楽しめたら十分です。

そこから少しずつギアを上げて行けば良いでしょう。

焦りは禁物です。

 

ミニマリスト
スポンサードリンク
きたかぐらのTwitter・Instagramはこちら



きたかぐらの北海道移住一人暮らしミニマリストブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました