断捨離や片付けができないのは結局テクニックより心理的なものが原因

スポンサードリンク
ミニマリスト

 

ミニマリストの形は色々ありますが、基本的に物が少ないというのが共通点ではあります。

もし、これからミニマリストを目指す、そこまでいかなくとも物に埋もれた状態から脱したい、

そう考えているならば、不要なものを処分する、つまり断捨離から始めるわけではあります。

 

今こそ、物の捨て方、片付けからなど、どのようにすれば良いかというハウツー本やネット記事などは探せばいくらでもあります。

様々な方法はありますが、結局は捨てるということだけですで大して難しいことではないのです。

が、なかなかできないと悩む声が結構あったりします。

 

結局、物が捨てられないのは、やり方が下手なわけではなく心の問題なのです。

 

断捨離ができない原因をズバッと指摘したちきりんさんの記事に学ぶ

物が捨てられない、断捨離ができないというのは心理面が問題だというのは感覚的には理解できていたのですが、なかなか言葉にするのが難しいです。

そのモヤモヤを解いてくれるヒントをくれたのが、ちきりんさんのブログ記事でした。

 

確かTwitterを眺めていた時に、この記事に関するツイートを見つけ、読んでみたら私が抱えていた疑問もスッキリしました。

 

ちきりんさんの記事で語られていたことを要約すると、

  • 片付け本において著名である近藤麻理恵さん(こんまりさん)とやましたひでこさんの主張には共通点がある。
  • それは「物が捨てられず、片付けができない人の心」にスポットを当てていること。
  • そのため、本を読んでいるとスピリチュアル感がある。
  • 例えば、長く生きていると子供が独立する、パートナーを失うという状況が訪れる。
  • その喪失感を物を溜め込むことで埋めている。
  • 物にはあなたの心を埋めるため、その存在感が大きくなりすぎ、手放すことで自分自身を否定することを恐れてしまう。
  • 物を捨てるのは技術(テク)ではなく、自分の心や生活に潜んでいる、より本質的な問題が何なのかに向き合わないとスタートラインに立てない。

 

このように並べましたが、物を処分する(断捨離)するというのは単にポイとするだけではなく、自分の中の何かを失うかもしれない恐れがあるのです。

特に長く持ち続けていたもの、思い出の品がそれに当たるわけで、他人から見たら価値がなくとも、本人にとっては自分自身の心の一部を形成しているのです。

今まで、数多くの関連本などを読んできたのですが、いまいちピンときませんでした。

が、ちきりんさんのこの記事を読んで、物が捨てられない心理というものを少し理解できたような気がします。

 

なお、ちきりんさんの記事には他に例にも触れておりますので、心当たりがあれば一読してみると良いかもしれません。

 

断捨離やミニマリストの指南本がスピリチュアルや宗教ぽい理由

これで、一連の断捨離や片付け本、そしてミニマリストの関連本を読むと、スピリチュアルや宗教ぽく理屈をこねる理由がなんとなく掴めたことでしょう。

  1. もう使っていない物を捨てる
  2. でもなんか捨てられない
  3. なぜ捨てられないのか理由を考える
  4. 捨てることで何が失われるのが怖いのか
  5. 大丈夫、捨てても誰も責めないし、あなたの人格などを否定しない
  6. 捨てることで新たに得られるものを示す
  7. 「納得できた、ありがとう」と決心がつき捨てる

 

多少の差異はあるでしょうが、捨てようとして悩み決心するまでのプロセスはだいたいこんな感じではないでしょうか。

 

こんまりさんややましたひでこさんの著書をあたらめて読んでみると、この各プロセスについての悩みや解決法を丁寧に説明しています。

そして「大丈夫よ捨てましょう」とそっと背中を後押しするのです。

 

つまり、スピリチュアルや宗教ぽさを感じるというのは、自分では決心がつかないから、導いて欲しいてもらうことで捨てることへの罪悪感を取り払いたいのでしょう。

中には関連本を何冊も読み込んで、自分自身の心の悩みを解決してから捨てようと踏ん切りがつく場合もあるでしょう。

 

断捨離という言葉も、

  • 断行:入ってくるいらない物を断つ
  • 捨行:家にずっとあるいらない物を捨てる
  • 離行:物への執着から離れる

というヨガの断行・捨行・離行から来ております。

物が捨てられない根本的な原因をとことん考えて行き着いた方法で、いかにして心の問題を解決するのかがポイントです。

 

ですので、断捨離やミニマリストに興味がない側からみると、宗教臭さを感じてヤバいと思うわけです。

(逆に物を溜め込んでしまうというのも、何かしら心の問題があるのですが・・・)

 

スポンサードリンク

 

断捨離したいとかミニマリストになりたいかというのも結局自分次第

ここまで物が捨てられないのは心理的なものが原因だということについて取り上げてきました。

ミニマリストや断捨離系の本やブログでスピリチュアル的な物を感じるものが多いのはなぜかということも、なんとなくお分りいただけたのではないでしょうか。

 

で、このブログもミニマリストブログを名乗っているので、そんな記事が多いのかというと、自分ではそう思っておりません。

一応、物の捨て方を指南する記事も中にはありますが、結構乱暴です。

多分、私は男だからというわけでもないですが、物に対する執着がなく、思い切りがいい方なので、迷わないから参考にならないかもしれません。

 

私の場合は、自分自身のありのままの暮らしぶりなどを晒し、ミニマリストでもこんな人がいるのだぐらいに思ってもらえればいいぐらいに考えて記事を書いています。

もちろん、自分がミニマリストになって得たメリットを取り上げて、結構いいものですよと主張している部分はありますが、それだけです。

あとは、こんな人がいるんだぐらいに思って、40にもなって変な奴だと笑いのネタにしてもらっても構いません(笑)

 

今回は、どちらかというと自分自身が勉強になったことが多かった内容でした。

物を捨てるときに、どれだけ悩みを抱え、解決していったか。

世のミニマリストさんもきっと苦労し、そのプロセスをブログなどに記事にしているはず。

今後はそんなことを思い浮かべながら読んでみようと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました