ミニマリストにスリッパなんていらないのは当然だと思う理由

スポンサードリンク
ミニマリスト

突然ですが、家でスリッパを履いていますか?

私は実家にいる時から履くことがなかったので、そもそも家でスリッパを履く意味がわからなかったぐらいです(笑)

強いて言えば、来客用かトイレで履くものぐらいの認識でした。

 

この間、たまたま何かでスリッパのことを目にしました。

そこから、何となくミニマリストにスリッパなんていらないだろうという理由を考えてみました。

 

ミニマリストの私が過去に買ったスリッパは1足だけ

冒頭で述べたとおり、私の中ではスリッパは特に必要ないものです。

過去にスリッパを買ったのは一人暮らしをする時にトイレ用に買っただけです。

実家でもトイレにだけはスリッパがありましたので必要なものという思い込みで置くことにしました。

 

でも、実際にトイレに入る時はスリッパを履くのが面倒で、裸足(あるいは靴下)のまま入るのがほとんどでした。

そのうち、トイレにあるのが邪魔になり、いつかは忘れてしまったのですが処分しました。

それ以降、スリッパを買ったことはありません。

 

家にスリッパがなくても問題がない理由

次に、家にスリッパは必要ない理由を考えてみました。

家でスリッパを使う場面は、

  • 自分用
  • トイレなど水回り
  • 来客用

大きく分けると、この3パターンではないでしょうか。

 

自分用のスリッパはいらない

私が家で履くことがないので、あくまで推測ではありますが、家でスリッパを履く理由は、

  • 足の裏が汚れるのを防ぐ
  • 足が冷えるのを防ぐ

おおむね、この2つではないでしょうか。

 

最近はフローリングの部屋が増えておりますので、埃などが気になるでしょう。

また、冬などは床が冷たいので、そのまま歩くのは辛いかもしれません。

 

でも、家の中は土足で歩く訳ではありませんので、フローリングであれカーペット・畳であれ、汚れなんて大したことないでしょう。

逆に汚れが気になるということは、ちゃんと掃除をしていないという裏返しでもあります。

確かに掃除は面倒ではありますが、汚くて埃っぽい部屋は体にもよくありませんので、マメに掃除するようにしましょう。

 

また、床の冷たさが気になるならば靴下である程度カバーできるのではないでしょうか。

(私はあまり冷えない体質のため、冬でも家では裸足で過ごしていますが・・・)

 

トイレや水回りのスリッパもいらない

次にトイレなどの水回りです。

トイレは他の部屋に比べてやはり汚れやすいというイメージが強いかもしれません。

雑菌なども心配でしょう。

 

でも最近のトイレの床は比較的キレイで、マメに掃除をすればスリッパなんかなくても問題ないはずです。

それに雑菌が汚いのはスリッパも一緒、ずっとトイレに置いておけばスリッパだって汚くなります。

スリッパは滅多に洗濯することもないので、実はあまり衛生的ではないのではとも思っております。

 

個人的にはしっかり掃除をすれば、トイレにスリッパはいらない派です。

逆にスリッパがないくらいキレイにすれば、いつでも快適にトイレタイムを過ごせますよ!

 

来客用のスリッパもいらない

自宅にあるスリッパの用途として一番ニーズがあるのは、おそらく来客用でしょう。

私の場合、身内以外に人を家に呼ぶことはないので、わざわざ買う必要がないというのが大きな理由です。

 

それに、先ほどから述べている通り、スリッパを履く必要がないくらい家をキレイにすればいいだけのこと。

今後、私が自宅に人を招くことがあれば、スリッパなしでもキレイで安心というのを伝えて過ごしてもらうようにしたいです。

どうしたもそれがイヤという人は・・・、家に呼ばず外で接待します。

 

スポンサードリンク

 

まとめ:家を常にキレイに保つことが大事

昔から家でスリッパを履く習慣がなかったので、スリッパがいらない理由を考えるのも変な話ではありました。

でも、改めて整理してみると、スリッパがいらないようにするにはどうすれば良いかを体系的にすることができたと思います。

結局はスリッパを履かないようにするには部屋をキレイにしましょうということに落ち着きました。

私自身、面倒くさがりなので掃除を怠けてしまうことも多いのですが、これをきっかけにもう少しマメに掃除する習慣をつけることにします。

面倒ならばロボット掃除機などを使えばいいのではという声も聞こえてきそうですが、大して広い部屋でもないですし、それぐらいのことを面倒くさがっていたら頭の体の老化が早まるかもしれません。

こんなうちから心配するのと思われそうですが、時の流れは早いですから手遅れにならないうちに、色々と準備しておくに越したことはありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました