ミニマリストが「うざい」「気持ち悪い」と思われる理由とは?

スポンサードリンク
ミニマリストはうざいミニマリスト

時々、ミニマリストをやっていながら感じているのは「実際のところ世間一般からミニマリストやシンプリストってどう思われているのだろう?」ということです。

書店をのぞけばミニマリストやシンプルライフに関する本が置いてありますので、少なくても一定のニーズ(需要)はあるわけです。

その一方で、ミニマリストってなんか変で理解できないと思っている人もいます。

中には「うざい」とか「気持ち悪い」「宗教くささがある」と嫌悪感を持たれることもあります。

 

ミニマリストって自分で勝手にやっているのだから、そんな声は無視して放っておけば良いのかもしれません。

ただ、少なくとも私はこのブログでミニマリストであることを公言しているわけですから、少なくとも何かしら人様のお役に立つようなことが伝えられたらという気持ちで書いております。

 

そこで今回は、ミニマリストがうざがられたり、気持ち悪いという声にあえて目を向けて、今後どう向き合っていけば良いか考えてみました。

 

ミニマリストがうざいと思われる理由

最初にミニマリストがうざいとか気持ち悪いと思われている理由について。

まず、こちらをご覧ください。

うざいミニマリスト

出典:にんじ報告「NHKが「ミニマリスト」特集も「共感できない」「持たないことに執着してる」「宗教のようだ」と物議。極端にモノを持たない生活、おはよう日本で」

これは、2015年にNHKの番組でミニマリストを取り上げた際の映像の一部です。

一般的なメディアでミニマリストや持たない生活をしている人を紹介するときによくみられる構図です。

この構図にこそ、ミニマリストが変だとか気持ち悪いと思われる理由が集約されているのではないでしょうか。

(まあ、マスコミの悪意と捉えることもできなくはないですが、今回はあえて取り上げました)

 

こういうものを含め、ミニマリストがうざいと思われている理由を列挙すると、

  1. スピリチュアルや宗教くささがある
  2. ポジショントーク、主張・アピールがうざい

という2つに集約されるのではないでしょうか。

順に説明していきます。

 

理由その1:スピリチュアルや宗教くささがある

これは先ほどの画像をご覧いただいて、そんな匂いを感じてしまうかもしれません。

部屋の中には何もなく、板張り(フローリング)に直接正座してご飯を食べている。

まるで禅僧がお寺で修行しているみたいです。

 

それ以外にも、片付け本やミニマリスト関連本では物を処分するのにメンタル的なことや、スピリチュアル的な語りが入ってくることがあります。

「溢れたものから解放されればあなたの元にきっと幸せが訪れるでしょう」みたいな。

そういう本をたくさん読んでいると、だんだん説教くさいことが書いてあって、途中で嫌悪感すら感じることもあります。

ミニマリストである私ですら、そう感じることがあるので、世間一般から見るとミニマリストやシンプリストって理屈っぽいなと思ってしまうのではないでしょうか。

ちなみに、片付けや物を手放す漢字3文字の指南本の中にはヨガなどを思想を取り入れている物もありますので、余計そう感じられる一因かもしれません。

 

なぜ、片付けやシンプルライフ、ロハス系の書籍が宗教・スピリチュアルっぽいのかについては、以下の記事も参照ください。

【関連記事】

 

理由その2:ポジショントーク、主張・アピールがうざい

これは理由1に被る部分もあるのですが、ミニマリストやシンプリストの書いた本やブログ、SNSに目を通すと、アピールや主張が強すぎるものが結構目につきます。

とにかくミニマリストになって幸せになった、嫌なことから解放されて自由になったなど。

それぐらいならまあ許せるとして、中にはミニマリストじゃない人はダメみたいな主張をしている物すらあります。

多分、発信した本人的にはそういうつもりは全くないのでしょうが、誤って解釈されてしまうことも。

 

あと、ミニマリストになることのメリットを強調しすぎるのも目につきます。

別にメリットを示すのは悪いことではないのですが、中にはそれを押し付けて、やらない奴はおかしいみたいなことを言ってしまうケースも。

 

ミニマリストやシンプリストになって人生が変わったというのを伝えたい気持ちが強いせいか、ミニマリストである私ですらドン引きしてしまうこともあります。

特にブログやSNSでミニマリストという看板を背負ってポジショントークをしてしまうと、それがエスカレートして「うざい」と思われるわけです。

スポンサードリンク

 

私は「考える前に感じる」ミニマリスト、”Don’t think, Feel.”

以上、ミニマリストが「うざい」「気持ち悪い」と思われる理由をまとめました。

 

なぜこんなことをまとめたのかというと、自分自身がブログやTwitterなどでミニマリストについて発信する時、他のミニマリストさんのブログ、SNSを見ているうちに疑問を感じたからです。

ミニマリストさんのブログやSNSでの発信は、実用的なことよりメンタル面のトークが多いと思います。

もちろん私も同じようなことを発信しているのですが、ある程度のところまで行き着くと、似たり寄ったりになってしまうのですよね。

 

そしてもう1つ、

これは個人的なことなのですが、私はあまり物事を深く考えるのが苦手で出来るだけシンプル・単純明快に過ごしたいタイプです。

でも、他のミニマリストさんの中には、例えば物を1つ捨てるのにも、色々と考え、これこれこういう理由だから処分しようと、何段階のプロセスと思考をふんでいます。

そういうブログやSNSでの発信を見ながら、すごいなあと思う一方、私はそのプロセスが面倒くさく感じてしまうのです。

 

同じミニマリストと名乗っていながらも、片方は思考や主張がしっかりしており、もう片方は私のように面倒なことが嫌いで、さほど深く考えず勢いで物を捨てる。

つまり、私がブログやTwitterなどでミニマリストの何かいいことを呟こうとしても、な〜んも考えてないのでネタがないのです(笑)。

私のように身の回りの面倒から解放されるために物や事を手放してシンプルに生きたいミニマリストは「物がない部屋だ、バンザ〜イ!」ぐらいの程度という事です。

あとは、手元にあるもので何とかなるだろうと、ゆるい思考で生きています。

スポンサードリンク

 

今後ミニマリストとして何を発信していくべきか?

いわゆる私はあまり深く考えないミニマリストであるので、メンタル面についてはあまり役に立つことを書くことはできないでしょう。

例えば、ミニマリストについて書いていると、読んでいただけるのは、

  • すでにミニマリストである
  • これからミニマリストになりたい
  • ちょっとミニマリストに興味がある
という感じでしょうか。

 

もちろん、ミニマリスト同士やミニマリスト予備軍のコミュニティ内で様々な発信をしていけば、新たな発見もありますし、刺激も受けることでしょう。

私は心理(メンタル面)については、すでに完成されているミニマリストが多いので、正直そこに食い込んで刺さるようなコメントなどは多分できません。

(すでに、このブログである程度語り尽くしていますので、新たなことは出てこないかも)

それに、無理して何か良い事を言おうとして変なポジショントークをしても、うざがられるかもしれませんし。

 

では、もう何もミニマリストのことを発信しないのかというと、そんなことはありません。

ミニマリストのメンタルやメリットの面は、他のミニマリストさんの方が良い内容を発信しておりますのでそちらに任せます(笑)。

私は抽象的なことでなく、もう少し具体的なことに目を向けていきます。

いわゆるメソッド(ハウツー)のこと中心になります。

  • 〇〇がなくても生活できる理由
  • なるべくお金をかけない暮らし方
  • 少ない持ち物の中でも〇〇は役に立つ
  • 物を無駄にせず損することなく処分する方法

などということを中心に発信していきたいです。

 

今後、消費税も10%に上がるし、年金以外に2,000万円必要など節約や貯金をしていくことが必要になっていくことでしょう。

ミニマリストやシンプリストでなくても、おそらくそのようなニーズが出てくるはずです。

そこで、生活の中で培ったテクニックやスキルをミニマリストならではの視点で発信し、ミニマリストに興味がない層にも届くようにしていきたいです。

今後は様々なアプローチを試しつつ、さらに外に目を向け広く発信していけたらなと考えております。

 

ミニマリスト
スポンサードリンク
きたかぐらのTwitter・Instagramはこちら



きたかぐらの北海道移住一人暮らしミニマリストブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました