ミニマリストが「うざい」「気持ち悪い」と思われる理由とは?

ミニマリストはうざいミニマリスト全般

ミニマリストとして時々感じているのは「実際のところ世間一般からミニマリストやシンプリストってどう思われているのだろう?」ということです。

中にはミニマリストってなんか変で理解できないと思われること、ひどくなると「うざい」とか「気持ち悪い」「宗教くさい」などと嫌悪感をむき出しにされることもあります。

そんな声は放っておけばいいのですが、やっぱり言われると心にグサッと刺さることもあります。

そういう時にはどんな風に対処すれば良いか?

今回はミニマリストがうざがられたり気持ち悪いという声にあえて目を向けて、今後どう向き合っていけば良いか考えてみました。

スポンサーリンク

ミニマリストが「うざい」「気持ち悪い」と思われる理由とは?

最初にミニマリストがうざいとか気持ち悪いと思われている理由について考えてみます。

まず、こちらをご覧ください。

うざいミニマリスト

出典:にんじ報告「NHKが「ミニマリスト」特集も「共感できない」「持たないことに執着してる」「宗教のようだ」と物議。極端にモノを持たない生活、おはよう日本で」

これは、2015年にNHKの番組でミニマリストを取り上げた際の映像の一部です。

一般的なメディアでミニマリストや持たない生活をしている人を紹介するときに映し出されるパターンです。

このパターン(構図)にこそ、ミニマリストが変だとか気持ち悪いと思われる理由が集約されていると私は思っております。

 

ミニマリストがうざいと思われている理由とは、

  1. スピリチュアルっぽく、宗教くささがある
  2. ポジショントーク、主張・アピールがうざい

という2つに集約されます。

 

理由その1:スピリチュアルっぽく、宗教くささがある

これは先ほどの画像をご覧いただいて、そんな匂いを感じてしまうかもしれません。

部屋の中には何もなく、板張り(フローリング)に直接正座してご飯を食べている。

まるで禅寺で修行している雲水(修行中の禅僧)みたいです。

その他にも片付け本やミニマリスト関連本では、ところどころにメンタル的なことや、スピリチュアル的な語りが入ってくることがあります。

「溢れたものから解放されれば、あなたの元にきっと幸せが訪れるでしょう」みたいな(笑)。

そういう本をたくさん読んでいると、だんだん説教くさいことが書いてあって、途中で嫌悪感すら感じることもあります。

ミニマリストである私ですらそう感じることがあるので、世間一般から見ると相当理屈っぽくてうざいなと思われてるかもしれません。

(ちなみに断捨離はヨガの思想を取り入れているので、関連本にはそういう語りが多いです。)

 

片付けやシンプルライフ・ロハス系の書籍が、なぜこれほどまでに宗教・スピリチュアルっぽいのか?

一言で言うと、物を捨てたり片付けられない原因は心理的な原因が大きく関係しているからです。

そのため、心をくすぐるような言葉で、さらに背中を一押ししてもらえば自分が変われるかもしれないと言う自信が出てくるのです。

その辺の詳しいことは、以下の記事にまとめておりますので、よろしければ参照ください。

 

理由その2:ポジショントーク、主張・アピールがうざい

これは<理由その1>に被る部分もあるのですが、ミニマリストやシンプリストの書いた本やブログ、SNSの投稿には、アピールや主張が強すぎるものが結構目につきます。

とにかくミニマリストになって幸せになった、嫌なことから解放されて自由になったなど、優しく励ます言葉で、心をくすぐってくるのです。

(あえて厳しい言葉で叱り、弱っているところを優しい言葉でコロッとイかせると言うホストっぽいテクを使われることもあります)

 

中にはミニマリストじゃない人はダメ人間だみたいな主張をしているケースもあります。

多分、発信した本人的にはそういうつもりは全くないのでしょうが、誤って解釈されて炎上したり、嫌厭されてしまうのです。

 

あと、ミニマリストになることのメリットを強調しすぎるのも目につきます。

別にミニマリストになってよかったというメリットを示すのは悪いことではないですが、中にはそれを押し付けて、やらない奴はおかしいみたいなことを言ってしまうなんて語ってるのを目にしたこともあります。

 

ミニマリストやシンプリストになって人生が変わったというのを伝えたい気持ちが強いせいか、ミニマリストである私ですらドン引きしてしまうこともあります。

特にブログやSNSでミニマリストという看板を背負ってポジショントークをしてしまうと、それがエスカレートして「うざい」と思われるわけです。

ミニマリストやそれに憧れている内輪の世界で生きていくのならいいのですが、様々な人と交流したいのであれば、そう言うバランス感覚が求められます。

私自身は、様々な趣味・思考を持った人と交流したいので、その辺は気をつけているつもりですが、なかなか難しいと感じています。

スポンサーリンク

私はミニマリストとして実用的な面を中心に発信したい

以上、ミニマリストが「うざい」「気持ち悪い」と思われる理由をまとめました。

なぜこんなことをまとめたのかというと、自分自身がブログやTwitterなどでミニマリストについて発信する時、他のミニマリストさんのブログ、SNSを見ているうちに、ふと疑問を感じたからです。

もちろん、ミニマリストとしてスピリチュアル的なことを呟いて、誰かの役にたったのであれば、それはそれで良いことです。

そういうスタイルでやっていくのであれば、自信を持って活躍してほしいと願います。

 

ただ、私はあまり物事を深く考えるのが苦手で、出来るだけシンプル・単純明快に物事を考えたいタイプです。

ブログやTwitterなどで頑張って何かいいことを呟こうとしても、深く考えられないので、結局どうでもいいことばかりツイートすることが多い(笑)。

 

とは言っても、せっかくミニマリストを公言して活動しているので今後どうしようかと考えてみました。

私は抽象的なことでなく、もう少し具体的なことに目を向けていきます。

いわゆるメソッド(ハウツー)のことを中心に、

  • 〇〇がなくても生活できる理由
  • なるべくお金をかけない暮らし方
  • 少ない持ち物の中でも〇〇は役に立つ
  • 物を無駄にせず1銭たりとも損することなく処分する方法

などということを取り上げてみたいです。

今後は様々なアプローチを試しつつ、さらに外に目を向け広く発信していけたらなと考えております。