一人暮らし男性ミニマリストの部屋を公開中!

札幌・東急で開催されたジャイアント馬場展を観覧してきました

ジャイアント馬場展23移住生活

先日、さっぽろ東急百貨店で開催された「ジャイアント馬場展」を観にいってきました。

小学生時代にリアルタイムで馬場さんが戦っている姿を観て痛みとしては、結構ワクワクものでした。

実際に展示されていた馬場さんの愛用品や写真、ポスターなど貴重なものも多く、思った以上に見応えのあるものでした。

今回はほとんどの展示品等が撮影OKでしたので、写真を中心に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

等身大のジャイアント馬場フィギュアやリングシューズで大きさを体感できる

私がいったのは2019年8月10日でした。

当日は1階で島谷ひとみさんと木山裕策さんのミニライブが開催されていたのですが、それをスルーし9階の特設展示場まで一直線に向かいました。

 

11日までの開催でしたので、ギリギリ間に合いました。

 

入口では等身大のジャイアント馬場さんがお出迎えしてくれます。

ジャイアント馬場展20

写真では伝わりにくいかもしれませんが、ガチでデカイです!

209cmの大きさを体感できます。

 

ジャイアント馬場展25

別の場所にはガウンを羽織った馬場さんの姿も。

足元には馬場さんの足型が置いてあり、比べることができるようになっております。

ジャイアント馬場展15

私の足の大きさが27cmなのですが、余裕ですっぽり入ってしまいます。

これが16文と言われた大きさ(実際は34cm)なのですね。

実際の靴のサイズは、アメリカのサイズ規格の16号相当だったそうで、これを当時の新聞記者が昔の日本の靴などの大きさを示す文(もん)と間違えて書いてしまったことから「16文キック」と呼ばれるようになったそうです。なお、一文は約2.4cmで16文は約38.4cmになりますが、本来の足の大きさは34cm前後だったそうです。

 

馬場さんの大きさが更にわかるものとして、リングシューズも展示されていました。

ジャイアント馬場展9

これも写真ではわかりづらいですが、実物は相当デカイ!

こんな足でキックを食らったらと思うと想像するだけで恐ろしくなります。

スポンサーリンク

 

貴重な写真や愛用品の数々が多数展示

ジャイアント馬場展では、馬場さんが生前に愛用していた品々や、貴重な写真などが多数展示されていました。

 

馬場さんの愛用品の数々

ジャイアント馬場展1

ジャイアント馬場展7

ジャイアント馬場展18

ジャイアント馬場展21

ジャイアント馬場展27

ジャイアント馬場展26

ジャイアント馬場展19

個人的にはガウンや葉巻セット、そして名刺が珍しかったですね。

 

馬場さんの貴重な写真いろいろ

ジャイアント馬場展22

ジャイアント馬場展24

ジャイアント馬場展28

ジャイアント馬場展16

ジャイアント馬場展17

写真も数多くあったのですが、特に目についたものだけを。

プロ野球時代の写真はなかなか見られないので珍しかったですね。

高校時代の馬場さんが若い!

三沢光晴の結婚式の写真を見て、なんか涙ぐんでしまいました。

最後のは写真とはちょっと違いますが、面白かったのでついでに。

 

チャンピオンベルトやトロフィーも

ジャイアント馬場展5

ジャイアント馬場展6

ジャイアント馬場展8

ジャイアント馬場展3

ジャイアント馬場展12

ジャイアント馬場展11

実物のチャンピオンベルトやトロフィーも実物を見られるとは思っていませんでした。

ベルトは年季が入っていましたね。

チャンピオンベルトは「PWFヘビー級王座」、「インターナショナル・ヘビー級王座」、「ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座(UN王座)」のいわゆる全日本プロレスの三冠ヘビー級王者の3つのベルトですね。

全日でもっとも権威があるベルトです。

当然触ることはできませんが、目の前で見ることができて密かに嬉しかったです。

スポンサーリンク

 

過去のプロレス興行のポスターが見応えあり

そして、意外と貴重だったのが全日本プロレス立ち上げ時から馬場さんの晩年にかけての、札幌中島体育センターで開催された大会を中心に集められたポスターです。

ジャイアント馬場展2

ジャイアント馬場展4

ジャイアント馬場展10

ジャイアント馬場展14

ジャイアント馬場展13

これは昔からプロレスを見ていたファンからしたら、当時のレスラーがたくさんおり、すごく懐かしいです。

初期の髭を生やした天龍や、改名前のジャンボ鶴田、ボボ・ブラジルやブロディまで!

こういうポスターを見ると当時のプロレスのことを思い出しますね。

最近はめっきりプロレスを見る機会も減ってしまいましたが、久々にテレビや会場で観戦したくなりました。

 

プロレスファンなら絶対見ておくべきと言いたいところなのですが、期間限定なので、今度はどこで開催されるまではお預けです。

新日ファンで全日には興味がなくても、当時のプロレスの雰囲気は伝わるので見ておいて損はないでしょう。

今回、札幌でこういう展示会が企画され見ることができて本当に良かったです。

 

タイトルとURLをコピーしました