【超簡単】とうもろこしを電子レンジで皮付きのまま美味しく茹でる方法

北海道のとうきびとうもろこし1ミニマリスト&シンプルライフ

北海道に移住してから様々なものを食べてきましたが、とうもろこし(とうきび)はほとんど口にしませんでした。

理由は色々あるのですが、

  • 糖質が多いので避けていた
  • 調理(茹でる)のが面倒
  • ワゴンなどで売っているものは高い
  • 正直そこまで好んで食べたいと思わない

という感じです。

ところが、たまたまとうもろこしを電子レンジですごく簡単に調理できる方法を紹介したブログ記事を見つけました。

  • ”皮付きのまま電子レンジで5分程度加熱するだけ!”

本当にそんなことで食べられるのかと疑問に思いながら、これならばズボラで料理が苦手でもできるはず。

それに北海道では旬の時期にとうもろこしを安く買えるし、試してみる価値はあります。

というわけで、実際にとうもろこしを電子レンジで茹でて食べてみました。

 

スポンサーリンク

わずか5分!とうもろこしを電子レンジで茹でる方法

今回は50kg痩せた芝浦IT社長さん(@passion_tanaka)の以下のブログ記事を参考にしました。

 

とにかく「皮付きのままのとうもろこしを電子レンジで加熱するだけ」という手軽さが試したくなった決め手です!

 

まずは、とうもろこし(とうきび)を買ってきました。

北海道のとうきびとうもろこし7

とうもろこしは7~8月が旬で、この時期の北海道ではセールで販売されていることも多いです。

私も実際1本88円(税込95円)で購入しました。

では、実際の調理過程を紹介します。

 

①皮付きのとうもろこしをそのまま電子レンジに入れる

北海道のとうきびとうもろこし6

多分そのまま入れても問題ないですが、邪魔になるので先端のヒゲ部分だけは切り落としました。

あとは特に水洗いもせず、そのまま電子レンジに入れます。

 

②そのまま5分(600W)加熱する

北海道のとうきびとうもろこし3

気になるなら下にお皿を敷いても良いですが、どうせ皮は後で剥いて捨てるので、私はそのまま入れました。

加熱する目安は600Wなら5分、500Wなら6分ほどです。

 

③皮を剥いで出来上がり

北海道のとうきびとうもろこし2

加熱が終われば出来上がりです。

あとは皮を剥ぐだけ。

50kg痩せた芝浦IT社長さんのブログでは、お尻の部分を包丁で切り落とせば、そのままスルッと抜くことができると説明されています。

ただ、加熱直後のとうもろこしは非常に熱いです!

素手でやると確実に火傷します。

私も最初は同じようにやったのですが、熱すぎて無理でした。

むしろ、普通に横から皮が剥けやすくなっており、素直にとったほうが安全かもしれません。

皮の剥き方については、一番やりやすい方法でやるのが良いでしょう。

くれぐれも火傷にだけは気をつけてください。

 

電子レンジで茹でたとうもろこしの実食

北海道のとうきびとうもろこし5

はい、キレイに皮を剥いて適量に分けて完成です。

お湯でゆでたとの全く変わらない出来上がり具合です。

早速食べてみることにしました。

北海道のとうきびとうもろこし4

まずはそのままガブリとかじってみます。

うん、普通に茹でたとうもろこしと変わらない味!

しかも旬ですからとても甘い!

これは本当に上手い!

 

ちなみに私は塩をまぶして食べるのが好きで、これも美味い!

(ただ、塩分の取りすぎが心配なので控えめにしてます)

 

茹でムラもなく、満遍なく加熱されております。

また茹でる時に塩を入れませんでしたが、逆に素材の甘さをそのまま味わえるのでこっちの方が純粋に楽しめるかもしれません。

結局、残りの分も口にし、丸々1本食べてしまいました。

 

もっと早くこの調理方法を知っていれば、とうもろこしを安く美味しくたくさん食べられたのに・・・。

ちょっと悔しいですね(笑)

スポンサーリンク

 

とうもろこしを電子レンジで調理するメリット・デメリット

以上、とうもろこしを電子レンジで超簡単に調理する方法について取り上げました。

簡単にとうもろこしを電子レンジで調理するメリットとデメリットをまとめました。

 

メリット

  • 電子レンジさえあれば誰でも簡単にできる
  • 茹でる時の塩が不要、甘みが引き立つ
  • ラッブを使う必要なし
  • 5分程度なのですぐに出来上がる

 

デメリット

  • 1〜2本なら良いが大量に茹でる時には不向き
  • (塩味が好みなら)調理時に下味がつかない

あえてデメリットを取り上げるなら、この程度です。

基本的に一人暮らしだったら1本しか調理しないので、さっと電子レンジで加熱さえすれば簡単です。

お子さんがいる家庭でも、おやつ代わりに1本2本用意するなら、鍋など用意する必要もないので、手間もかからず時短になります。

 

とうもろこしを電子レンジで茹でる方法を知ってしまったら、今後はこれで十分ですね。

そしていつでも安く気軽に買ってきて食べることができるようになりました。

これで北海道に住んでいる恩恵をまた1つ受けることができました。

この方法は本当に簡単で美味しいので、とうもろこしが好きならぜひ試して欲しいです。